STORYS.JP

佐藤 健太

佐藤 健太の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

佐藤 健太の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

鈴木 友也
12

偏差値30のフリーターが約1年勉強して早稲田に合格するまでの話 その3:受験の話(書きかけ)

そんなこんなで2012年の4月になり、私の学力は集合授業に参加できるくらいまで上がっていました。私の通っている予備校は、クラスが学力別に「A(早慶)>B(MARCH)>C(日東駒専)」の3段階に分かれています。クラス分けテストの結果、MARCHを目指す浪人生のBクラスに入る事ができました。 今回は、4月の集合授業がはじまってから7月の夏期講習に入るまでの話をします。正直な話 4月から受験が終わるまで
菱田 拓也
377
3

男子1人女子39人のクラスで学んだこと

高校時代はクラスでぼっちだった 今の自分は友達いっぱい!でも、高校時代はクラスでぼっちだったよ。 高校生のみなさんこんにちは。北海道の大学に通う菱田拓也です!ひっしーと呼んでね! 調理検定 被服検定 なんでそんなのを持ってるかっていうと、高校時代普通科じゃなくて人間生活科っていうところに通ってたんだ。ここは調理とか福祉を勉強するところ。そこで福祉の勉強をしたくて俺は進学した。福祉の勉強をしたい一心
西村 創一朗
316
1

【第1話】19歳で父親になって葛藤に苛まれていたぼくがとあるNPOに出会って人生が変わった話。

「19歳で父親になった話」のエピソード2 「19歳で父親になった話」をSTORYS.JPに投稿してから早2年。 『19歳で父親になった後、その後どうなったの?』 『その後の話が聞きたい!』 というコメントを多方面から頂戴しておきながら、筆不精のぼくはなかなか筆を取れずにいたのですが、友人や後輩が続々とストーリーを公開しているのを見て、そろそろ続編を書こうかなという気持ちになってきました。 「ホームが
才藤 恵太朗
108
5

『友達関係がつくれず悩んでいる』昔のオレのようなあなたへ

【まえがき】   このストーリーは、自分が以前書かせていただいたストーリーの「その後」、   震災後にやっていった行動の中から得られたことを書き留めたものです。    こちらが前編となっている 前回のストーリー です    すこしでも誰かのお役に立てたら幸いです。     《 『友達と知り合いの違いがわからず苦しい』昔のオレのようなあなたへ 》      【1.もうひとつの『復興』】       『
阪口 ユウキ
37508
208

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

どんな仕事を選んでもええ。ただ、○○がない仕事だけはしたらあかんで! こんにちは! WEBサイトをつくりながら世界を旅している、阪口といいます。 僕は今の仕事をはじめてまだ稼げなかったとき、2011年9月~2012年4月まで、 大阪・あいりん地区のドヤ街で暮らしていたことがあります。 (詳しい経緯は「 鬱病で半年間寝たきりだった僕が、PC1台で世界を飛び回るようになった話。 」で書いてます) そのと
矢崎 優
456
8

ただのバイトリーダー、色々あってバイリンガルになる。

 母の自殺により、大好きな母に何もしてあげられなかった自分への嫌悪・後悔を経験し、少しでも多くの人がこれを読んで後悔のない幸せな人生を歩んでほしいと思います。  また、カナダ留学生活の終わり、そして今年に迫る就活を前に、自分自身の過去を振り返るとともに、田岡卓の全てを語った 「自分履歴書」 として赤裸々に綴っていきたいと思います。 <ストーリーについて>  ・なにもやりたいことがなかった自分が、母
才藤 恵太朗
429
10

『友達ゼロの人嫌い』が3.11被災生活を通して『人好き!ホントはみんなイイやつ!』に変わり、たくさんの友達に支えられ独立起業した話

東北、宮城県の 地方都市、仙台。 ここに、 無関心 ・ 無関係 ・ 無感動 三つの『無』 を抱えて、過ごしていた男がひとり。     それがこのオレ、ケータロー     当時29歳、 転職回数は両手でも足りず、 カネもなければ、 友達もいない。 服が好きで目指した古着屋の開業も、 やらない理由を後付けしては 本当のところは…もう諦めていた。 『明日からやる気だす。』を毎日言い続ける そんな日々…。
上原 彩加
46

幸薄い人生ですが、大人になってできた友達に救われました。その1

 私の父親はパチンコで借金をして夜逃げしました。当時4歳の私と1歳の弟を残して…。母は借金返済するため、私達兄弟を養うために昼夜問わず働いていました。  祖父母の家の近くにアパートを借り、そこに母と私と弟、母の彼氏も一緒に住んでいました。学校が終わると祖父母の家に行き、宿題をしてから遊びに出かけました。  夕方になると母はきれいな服に着替え、化粧をして仕事に行きます。母を見送るのはとても寂しかったの
大薗 翔
219
2

すべてを失い、うつ病になった僕が「悩みを話せる友達が見つかる場所」を作るに至ったSTORY

人との繋がりを求めて自分のお店を出した話 2008年夏、24歳。 僕は東京・高円寺で念願だった自分のお店を出しました。 「自分のお店を持ってみたい」 そう夢を見る人の中には、自分の好きなことを仕事にしたい、自分の好きなものに囲まれていたい、自分の好きな仲間と一緒に働きたい、などなど色んな動機の人がいると思うけれど…。僕の場合はただ『人との繋がり』を求めてお店を出しました。 不仲な両親を見て育った僕は
Handa Naoto
2133
2

「お腹の子は、無脳児でした。」最終話 ~妊娠498日の約束~

「泣いても、笑っても、この妊娠で最後にする。だめなら、家族三人で明るく生きていこう。」 本意なのかは定かじゃないけど、夫のはんちゃんは心に決めたように言った。 これが最後の妊娠。「今度こそ、無事に生まれてきてほしい。」 「お腹の子どもには、脳がありません」と告げられた七夕の日から、約150日。 街はクリスマスのイルミネーションに、彩りを変えていた。 「ハナ、そうたろうの家にも、サンタさん来てくれるよ

書きかけのストーリー

佐藤 健太さんの書きかけのストーリーはありません

佐藤 健太さんにもっと聞きたい話リクエストする

|