STORYS.JP

野口 健太郎

野口 健太郎の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

野口 健太郎の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

m m
80983
12

5年でハイリスク妊娠、中絶、離婚、再婚、出産を経験した私が伝えたい4つの事・前篇

 学生時代から、自分の周りや雑誌、ネットなどで、「中絶」の話を見たり聞いたりするたびに、不快な気持ちになっていた。  同じ女性として、軽蔑さえしていた。  まさか自分が 当事者 になるなんて、思いもよらなかった……。  この話は、 胎盤が1つにつながった三つ子 を自然妊娠し、 NICUが足りない こと等を理由に複数の病院から受入を拒否され、最終的に中絶を選んだ私が、その経緯、その後自分の身に起こった
Suzuki Takuya
141

元とび職の不良が海外名門大学を卒業して今更気づいたこと。通称UCバークレーでのぼくのやったこと

親父が稼いだ大切な金を使うなら最高の環境が整った大学で学びたい。そう思い思い切って「 てっぺん 」を目指そうとアメリカに留学しカルフォルニア大学バークレー校、通称UCバークレーを最近卒業した。 以前『 【 本編】もし元とび職の不良が世界の名門大学に入学したら・・・こうなった。カルフォルニア大学バークレー校、通称UCバークレーでの「ぼくのやったこと。」の話 』という記事を書いたがその卒業編である。(
Suzuki Takuya
188
1

暴走族を作ろう!という話

僕は大人になってから勉強を始め現在28歳で海外大学の4年生だ。割とエリート的な人が集まる大学で「おじいちゃんが経済学でノーベル賞とったよー」なんて言っている人がいたり「某有名企業の家族」や日本人でも「天皇関連の家族」とかがいたりして普段知り合うことのできないタイプの人と一緒に切磋琢磨でき貴重な経験をさせてもらっている。 色んな人がいるんだなーなんて思いながら自分のバックグランドを振り返った。10年く
Suzuki Takuya
314
1

本当にあった海外留学すると必ずあると言われる逆カルチャーショック

     高校まで割りかし不良社会にいて、最初のキャリアはとび職。その後にIT企業で法人営業をしていたのだがバカ過ぎてやばいと思い大学に行くことを決め家族の支援もあり留学し最近卒業した。 ▼大学に入学するまでの経緯: 【本編】もし元とび職の不良が世界の名門大学に入学したら・・・こうなった。カルフォルニア大学バークレー校、通称UCバークレーでの「ぼくのやったこと。」の話 http://storys.j
馬場 猪木
1107
4

~リストラの舞台裏~ 「私はこれで、部下を辞めさせました」 10

彼の目には、日増しに殺意が宿っていった(2)|関取くんの優しさに涙を堪えた日。 気弱な関取が自分の元にやってきて、数ヶ月の二人三脚により再生させた。 それから2週間後くらいだっただろうか。再びシコを踏み始めた関取の処刑を命じられたのは。 ■処刑リストのトップに名前のあった関取くん 関取くんとの祝勝会を終えた2週間後。わたしは、件の『自己都合を強要するリストラ』を命じられた。自分の部下を数十名、退職に
Suzuki Takuya
480
2

「やるかやらないか。僕はやらない人間だった」 きっかけを得た後、本当に行動するために必要なこと。

高校を卒業してとび職をしていた19歳の時、少しお金が貯まりそれを何に使うか考えていた。十代の頃はひたすらモテる事ばかり考えていてその為に金を使っていた。周りの先輩には職人になって、金貯めて、カッコいい外車を買って男女両方からモテている人もいた。その姿を見て自分もCoolなアメ車を乗り回したいと思っていた。港北にある中古車店の前をたまたま通りがかった時にピカピカに光るアルミホイールを履いた黒の中古SU
阿部 真人
253
11

30日の新幹線放火事件、団塊世代は何故自殺に走ったのか?

やがてあからさまにされるこの方の自殺の原因。団塊世代が要介護になった時点で想定できるもの 30日東海道新幹線の焼身自殺のニュースは激震が走った。安全な乗り物である新幹線は一歩間違えると飛行機並みに凶器となることがわかった。しかも新横浜~小田原といえば最も混雑する区間ではないか?もし爆発物を持ち込まれたらたまったものではない。 今日(1日)ニュースを見た。自殺した方は燃料を浴び着火するまで燃えた1号者
Hamanaka Takeshi
218
22

25歳の楽天的眉太男がワーホリでカナダに渡り、念願のブロンズ彫刻を学ぶ為に彫刻家の弟子となり、現地で師匠と2人展を開催。その後アーティストになった話。

若者諸君!感性が豊かで身軽な若いうちに、冒険の旅に出てみよう。 私がお勧めするのは、ワーキングホリデー(外国に1年滞在でき、就労も可能)などの制度を利用して、一人で外国に行ってみるという事だ。誰一人知り合いのいない見知らぬ土地で、異文化の中で言葉さえもろくに通じず、全くのゼロから始まる生活が刺激的でないはずがない。そこで出会った人々や体を張って経験した様々な出来事は、必ずあなたの血となり肉となり、一
室田 泰文
367
3

インド滞在時に「詐欺被害に気をつけろ」との記述を読み、敢えて実際に試してみたら、素晴らしいドラマが展開された話 ~話せばわかる~

大学院を卒業する際に卒業旅行としてインドに一ヶ月一人旅をしたことがある。 これはその時のお話。 耳かき詐欺に注意?! 『地球の歩き方』というガイドブックに、ある公園において『耳かき詐欺』の被害が多発しているので気をつけろと記載されていた。 たまたま自分はその公園に来ていたので、その記事に興味をもった。 『耳かき詐欺』?なんだそりゃ?被害多発だけでは、なんのこっちゃわからないな。 どんな詐欺なんだ?
Suzuki Takuya
663
10

真面目になったとたん成績が伸びなくなった時の話。勉強は長距離走と短距離走。

中学の時に覚えた「だるい」って言葉。 小学校まで真面目だったのに親との関係が悪くなって居場所を求めて気づいたらヤンキー社会の中にいた。周りの仲間はいつも口癖のように「だりー」とか言っていて自分も頻繁に「だりーなー」って口に出すようになっていた。ぐだぐだ外でたむろすることがなぜか楽しく夜遅くまでコンビニの前とかたまり場にいて昼過ぎまで家で寝ているような中学生活だった。だるいことは最小限やらないようにす

書きかけのストーリー

野口 健太郎さんの書きかけのストーリーはありません

野口 健太郎さんにもっと聞きたい話リクエストする

|