STORYS.JP

田村 健太郎

オンラインサロンプラットフォームSynapse.amの代表、たむけんこと田村健太郎です。
法人名は株式会社モバキッズです。代表取締役です。

デジタルコンテンツをコミュニティ化してソーシャルならではの付加価値をつけて
サロンという形に落としこむ、というサービスをやっています。

元々極度の情報ジャンキーで紙の本・WEBともに愛していたのですが
愛するがあまり、その本質的な融合とそれによる付加価値向上を
自分が納得出来るような形で自らやりきりたくて、やってます。

その他テキストに依らないコンテンツも色々好きなのですが
特に好きなのはポーカー・ボードゲーム・サッカー(Jリーグ)・アイドル(乃木坂46)など。
ライブ型のコンテンツには大きなヒントがあると思っているので、色々多ジャンル攻めて行きます。
(いいわけ)

経歴:
聖光→一橋→KING→モバキッズ(いまここ)

ストーリーをリクエストする

田村 健太郎の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

S Ishino
472
10

第4話 英語はどこまで必要か?

ここまで読んで「おもしろそう!私もぜひ外国人を泊めてみたい!」と思った、ちょっと変わった方のために、英語について触れておきます。 「TOEICで何点とらなきゃ外国人を泊められない」とかいう決まりはありません。思い立ったら誰でも始めることができます。 まず、自分がやりたいかどうか。それから、どんなことが起きてもゲストと協力して、よりよい結果へと事態を導く意志があるかどうか。そして、その結果が思った通り
佐俣 アンリ
53

事業を邪魔しない投資「Short Sprint Program」

ANRIとして試験的に新しい投資プログラムを作ってみたいと思います。 Short Sprint Program ----- ・投資金額やバリュエーション等は普段のANRIと完全に同じ ・経営者が明示的に必要としない限り一切のMTGを行わない ・必要であれば経営者はANRIに対して適宜MTG要求 ・おなかがすいた場合は呼んでくれたらご飯を提供(ただし90分以内でアルコールはなし) —— 最近の僕の投資
Umeki Yuhei
47

スタートアップに関わる理由

なんか5個くらい「詳しく聞きたい」がきたので書いてみましょうかw The Interviewsでも良さそうなくらいな気がしますが。 一言でいうと面白いからですが、僕は0⇒1フェーズや1⇒10のフェーズが好きなタイプの人間で、100⇒100の仕事は好きではありません。なので0⇒10フェーズのスタートアップが好きなんです。 学生時代に何社かベンチャー企業でアルバイトをしていて、大学2年の時に設立3ヶ月程
米重 克洋
1

起業家としての悩み事

・会社も業界も男社会である ・従って出会いがない ・しかし僕は早く結婚したい ・見通しが無い ・鬱
Umeki Yuhei
42

Umeki Salon始まったキッカケ

なんかリクエストいただいたので、書いてみましょうか。 サロンという仕組みは実は先駆者がいて、MG(X)というのがその走りでした。http://blogbeat.jp/mg/about/ 玉置さゆりさんというクレイジーな僕と同い年の女性が、2011年頃にノマド的なライフスタイルを提唱していて、生活実験の1つとして始めた感じじゃなかったかな。彼女がやっていたラジオ番組にも主演したことがあります。フリーラ
大柴 貴紀
1272
10

16歳夏の忘れられない悲しい出来事

これまでの人生で最も勉強をした時期である中学3年の冬。僕の勉強机は家族の寝室の一角にあった。夜遅く勉強する時は部屋の電気を消し、机の蛍光灯だけで勉強した。傍らには家族が寝ていた。机の蛍光灯が寝ている母親の顔に当たらないように工夫したりした。この頃、母親の体調が急激に悪くなっていた。 母親の様子が少しおかしいなと気づいたのは秋くらいだった。これまで就寝時以外に横になっているのを見た事がなかったが、この
高橋 芳明
62

出版社に在籍しながら起業したプレッシャー。

神保町の出版社在籍中。 つまり、サラリーマン編集者です。 で、 子会社ではなく、関連会社を渋谷に起業。 デジタル系出版社です。 と、 “読みたい人”が3人以上になったら続きを書いてみようっと。
佐俣 アンリ
289
1

ANRI設立

ANRI設立の時にお世話になった尊敬するベンチャーキャピタリストについて話そうと思う。 ANRIの名付け親IVP小林雅さん 「どうせどんなファンド名つけてもアンリって呼ばれるからアンリでいいんじゃない?」というお言葉にそのまましたがってネーミング。 小林さんは非常に明るい性格の裏で、100M級のファンドを自力で立ち上げるためにものすごい努力をされていて、その一部始終はブログに書いてある。 これが独立

書きかけのストーリー

田村 健太郎さんにもっと聞きたい話リクエストする

|