STORYS.JP

渡邊 健太郎

株式会社ヤン 代表取締役
http://yan-web.com
http://twitter.com/JanWatanabe

※いわゆる松坂&広末世代です。

■仕事
Web/スマートフォンプロモーション
ソーシャルメディアマーケティング
Web/モバイルサイト制作・コンサルティング
iPhone・androidアプリ制作
eコマース
映像/書籍制作
イベントプロデュース

■よくいる所
下北沢〜経堂
渋谷〜神泉

■職歴
大日本印刷(営業 → 社内ベンチャー2社) 
→ Halo
→ 起業(株式会社ヤン)

■学歴
大田区立多摩川小学校
慶応中等部(ラグビー部)
慶應義塾高校(アメフト部、演劇部)
慶應義塾大学商学部(演劇・映像サークル創像工房)

■趣味
演劇、農業、フジロック、カレー、アウトドア、ラテンパーカッション、釣り

ストーリーをリクエストする

渡邊 健太郎の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

Suzuki Takuya
492
2

「やるかやらないか。僕はやらない人間だった」 きっかけを得た後、本当に行動するために必要なこと。

高校を卒業してとび職をしていた19歳の時、少しお金が貯まりそれを何に使うか考えていた。十代の頃はひたすらモテる事ばかり考えていてその為に金を使っていた。周りの先輩には職人になって、金貯めて、カッコいい外車を買って男女両方からモテている人もいた。その姿を見て自分もCoolなアメ車を乗り回したいと思っていた。港北にある中古車店の前をたまたま通りがかった時にピカピカに光るアルミホイールを履いた黒の中古SU
Osaki Kotaro
158
4

ミスターマリックとなぜ僕が戦うことになったのか(第二章 ~蹉跌~)

そんな数奇な運命の糸(意図)に手繰りよされた出会い。それがマリックさんとの出会いであった。 僕は、子供の頃に劇団ひまわりに通っていた持ち前の演技力を発揮し、鼓動が聞こえるほど心の中では大きな動揺をしていたが、全く同様をするそぶりを見せず無表情を装った。 「あんた誰?」顔である。 しかしながら、そこは百戦錬磨なマリックさん、僕の一瞬の顔のひきつりを見逃さなかった。 その証拠に僕がイリュージョニストであ

書きかけのストーリー

渡邊 健太郎さんの書きかけのストーリーはありません

渡邊 健太郎さんにもっと聞きたい話リクエストする

|