STORYS.JP

斎藤 絹子

斎藤 絹子の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

斎藤 絹子の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

阿部 真人
274
5

50歳での就職活動。71通の無残な履歴書返送を経てようやく3ヶ月目に内定通知をゲット!

中高年での就職活動は厳しかった わたし、年齢50歳。結婚している。2年前に上海から引き上げ、職なし、住居なしの状態から会社まで立ち上げた。 しかしその会社は取引先やパートナーからことごとく裏切られ、売掛も100万円を超え回収不可能。会社存続も怪しく、就職してとりあえずまともな給与を得たいと就職活動を始めた。 今年(2015年)8月、就職活動を決意した。 まず人材会社に登録を始めようとした。いくつかメ
松元 宏樹
1833
2

タモリさんが教えてくれた絶対に夢を叶える方法

みなさんはタモリさんをしっているだろうか。 そう。あのタモリさんである。みなさんはきっと、「笑っていいとも」で毎日のように顔をテレビで見て笑っていただろう。いつも僕たちを楽しませてくれる人だった。 今日はそんなタモリさんにまつわる「絶対に夢をかなえる方法のお話」    タモリさんはある日、視聴者の方から、こんな質問をもらったそう。     "タモリさんは自分の番組をもってたくさんの人に幸せを与えて夢
Nakamura ichika
59
2

女の「嫉妬」をかわせないと「女」として生きていくのは大変な話。

 白雪姫の継母。あれは原作では実母という設定のようなのだけど、私の実母はコンプレックスの塊で小さいころから私と競い、私が羨ましいと、本気で怒り、おまえはずるい、と言われ、よくいじめっこが一人だけ仲間外れにする要領で、母親は私だけをハブいた経験を覚えている。  そんな酷いことをされても、母親を嫌いになれず、母親に好かれようとして、お母さんのご機嫌取りをしていた小さい私。あとから母親の性格に偏りがあるこ
Suzuki Takuya
5418
12

「ぼくのやったこと」もし元とび職の不良が海外名門大学に入学したら。

4年前の24歳の時に留学を始め、それと同時に ブログ を始めました。少しずつページビュー数も増えてきたのでこちらでもストーリーを書いてみようと思います。 【著者:鈴木琢也】 中学・高校まではいわゆる不良だとかヤンキーの様な社会に属しており卒業した高校は偏差値40以下でした。卒業後は不良の王道就職先「とび職」の会社に勤め職人として肉体労働に励んでいました。 仕事をすることで色々考えさせられ「どうせやる
Suzuki Takuya
18962
170

【バカヤン】もし元とび職の不良が世界の名門大学に入学したら・・・こうなった。カルフォルニア大学バークレー校、通称UCバークレーでの「ぼくのやったこと」

初めて警察に捕まったのは13歳の時だった。 神奈川県川崎市の宮前警察署に連行され、やたら長い調書をとった。「朝起きたところから捕まるまでの過程をすべて話せ」そう言われた。 「マジで言ってんのこのクソ警察!?」 そう思ったのはよく覚えている。警察がワープロで書いた調書を印刷し渡してきた。「調書のタイトル書け!」そう言われても何書けばいいんだろうと思っていたら。 「ぼくのやったこと」 と書けと指示され書
Okamoto Satoru
736
7

大切な人を大切にする唯一の法則

自分を愛することができない人に、人を愛することなんてできない。
 自分を大切にできない人に、人を大切にすることなんてできない。 
 何もできない自分を、それでも愛そうと誓ったあの日から、全てが変わった。 
 これは僕が大学四年間をかけて、 自分の「在り方」で生きることの意味 を確信したお話です。
 
 嘘の自分 
 大学1年。
 
 高校での留学経験から、英語が得意で入った大学。
 でも、周りは自分
アルバート 伊藤
633
8

自殺を決意した40代のオジサンが直前でチャットした変な10代。

今の時代LINEというアプリは生活に欠かせないコミュニケーションツールになり、犯罪はもちろん、政治家の失言なニュースでも良く取り上げられるようになりました。ちょっと前まではこれを「メッセンジャー」なんて呼び方をしていた覚えがあるんですが、皆様が覚えている初めて使ったメッセンジャーはなんだったんでしょうか。 僕にとってそれは「ICQ」というソフトウェア(アプリ)でした。ICQは1990年代中東で開発さ
AONO YUJI
894
2

一度社会のレールからダイブしてフリーターになった僕が、大手広告会社に内定を貰えた理由。 (後編)

もしかすると何かを始めるときに、フリーターだとかニートだとか、学歴だとか今まで何をやってきたとか、そういったものって関係ないのかもしれません。 そういう、固有名詞が何かリミットというか、自分を縛ってしまって他の可能性に挑戦出来ないことがあるのではないか。そう思うときがあります。 だとしたら、誰かがつくった固有名詞とか限界に囚われず、やりたいこと、なりたい自分にトライするのが良いのかもしれません。偉そ
嶋津 桂子
5143
40

飲んだ帰りに紛失したパスケースを警察に届けてくれた人がお礼を要求してきたので会いに行ったら恐ろしいことが起きた

結論から言うと、 遺失物法 (落とし主と拾い主とのやり取りなどを、警察を介して行う法律。素人解釈)は、 遺失物 (落とし物)の 拾得者 (拾って警察に届けてくれた人)によって、 所有物の紛失以上のトラブルを招きかねない、 とても危険な法律 である。 ……もっとも、上記は今回の事件を受けたうえでの筆者個人の感想であり、「物を落とす方が悪い!」といった意見は正論であるが受け付けない。 ―――――――――
阪口 ユウキ
41104
215

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

どんな仕事を選んでもええ。ただ、○○がない仕事だけはしたらあかんで! こんにちは! 個人でWEBサイトをつくりながら世界を旅している、阪口といいます。 僕は今の仕事をはじめてまだ稼げなかったとき、2011年9月~2012年4月まで、 大阪・あいりん地区のドヤ街で暮らしていたことがあります。 (詳しい経緯は「 鬱病で半年間寝たきりだった僕が、PC1台で世界を飛び回るようになった話。 」で書いてます)

書きかけのストーリー

斎藤 絹子さんの書きかけのストーリーはありません

斎藤 絹子さんにもっと聞きたい話リクエストする

|