STORYS.JP

中川 潔

中川 潔の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

中川 潔の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

Miura Kazuyuki
1077
33

ずっと英語が嫌いだった僕が英語を話せる様になった3つの事。

Kazuyuki Miuraです。 こんな僕のしょうもない文章を読みにきてくれてほんとすいません。 ありがとうございます。 ・プロローグ このストーリーは英会話なんて簡単で誰でもほんとに出来るって事を書きたくて始めました。英語に興味がある方や留学してみたい人、仕事で英語が必要となった方の参考になればと思っています。 今では幼いお子さん(幼児)でも簡単に英会話に触れる事ができる環境が以前に比べてベター
Yamada Risako
1452
20

偏差値が低すぎて全科目偏差値測定不能だった子を都内お嬢様中学に合格させた塾講師のたった1つの言葉。

=================================== 「子供が勉強しない。馬鹿で困るんです。」 家庭教師をしている時にそんな相談を受けた。そんなお悩みを持つお母様方に送る 「私がスーパー馬鹿だった時の話」 =================================== ◆母「あんたは受験してOO中学に行きなさいね:D 」◆ それは私が小学校4年生だった時。突然そんなことを母
円山 嚆矢
1027
12

【リメーク紙書籍化決定】『早稲田出ててもバカはバカ』試し読み(商品無料サンプル)

2014年8月に投稿し反響を頂きました拙著が2015年4月に電子書籍されamazon(kindle)のノンフィクション部門で2位を獲得することができました。 お陰様でその後複数の出版社からオファーを頂きこの度、2015年9月30日に「ぴあ」さんより紙書籍として出版する運びとなりました。 電子書籍の内容は大幅に書き直したリメーク版となります。 少しでも多くの方に読んで頂きたく、こちらにサンプルをUPさ
しもむら さき
657
13

今は、帰国子女枠で日本の大学進学決定。高校時代は、言葉がさっぱりわからない国で靴を食べていた。

今は、帰国子女枠で日本の大学進学決定。 しかし私高校時代は、言葉がさっぱりわからない国で迷走に迷走を重ね、靴を食べていました。 馬鹿丸出し。 さて私。 この3年ちょいを総括させていただけば、父の母国であるスペインで高校時代を過ごし、その後日本に帰国、そして帰国子女入試で第一志望校に一発で合格―といった具合でして、見た感じなかなかスムーズでスタイリッシュな人生を送っているように思われるのではないでしょ
堀口 悠冴
4069

ブラック会社の最高経営責任者になった。10回目

自分が薄給であると考えているならば会社の金を横領すればいい。 大学卒業後にある上場会社に首尾よく就職できた。そこの職場で教えて頂いた5歳ほど上の先輩の格言である。要するに自分に500万の価値があると考えているのに会社は400万の評価しかしてくれない。その差分の100万円は横領してもよいということ。あくまでも自分の価値評価を定めその差分を拝借することが必要である。400万の価値しかない人が1000万円
堀口 悠冴
4412

ブラック会社の最高経営責任者になった。7回目

自分が読書家であるかと問われれば本はよく読むほうであると思う。小説も漫画もよく読む。それは学生のころからであり、結婚しても子供ができてもずっと続けている。現在は年齢相応の本を好んで読むようになった。ビジネス書も子育て論も歴史書も様々な本をよく読む。だが、実のところいわゆるビジネス書というものをあまりあてにはしていない。 ビジネス書に中途半端に感化される前に、会社や顧客や従業員など自分のごくごく身近で
辻林 秀一
489
8

僕の職業は“妻の夫”です

「この世で一番の幸せは、“家族をつくること”」 僕は、そう考えています。 だから、本業を 『妻の夫』 にします。 僕の家は、江戸時代から400年続く旧家です。 そのために、『家』(家族・家系)というものに、 イヤと言うほど向き合わされて来ました。 「あんたが、長い歴史のあるこの家を背負うんや。  将来、家族を守るんやで」 一時はそれを激しく拒絶し、 家から脱出したこともありましたが、 今は 「家族を
鈴木 嘉洋
487
2

俺だけチケットがない!ヒッチハイクで出会った七人のドライバー【高速にのろう編】

僕はベンツに乗っていた。 両脇には「姉さん!!」と呼ばれる普通よりも目立つ派手な女性二人 運転手はタキシードを来た、現ブルースウィルスの髪型の男性だ。 僕は車内でしっかりと萎縮していた。 ※これはヒッチハイクの話である。 夜の高速を走る中、僕は何か言われるたびに「はい」しか言わなかった。 両手に「LAまで」と書いたスケッチブックを持って。 ヒッチハイクでベンツに乗ったのを説明するには、 少し時間を巻
廣川 ともよ
603
17

私が自分の左手を好きになった話。

生まれつき、私の左手には赤アザがあった。 「単純性血管腫」という言葉を聞いた事があるだろうか? 別に検索する必要はないが、皮膚に赤いアザのようなものがある状態のことを医学的にはこう呼ぶらしい。 こんな大層な名前をつけられてしまうと急に恐くなってきてしまうのだが、実際のところほとんど害はなく、種類によっては成長の過程で消える場合もある。 色はピンク色からワインレッドまで様々。 私の場合このアザは左手の
Sasajima Kayo
132
4

脱力系人間たちの友情物語

 私の大切な友人が今週、母国に帰国します。センチメンタルな感情とはほど遠いところで日々生きている私ですが、今のこの表現しがたい感情をもてあまし、私たちのストーリーを書くことによって昇華したい・・・そう思って書き始めました。  彼女とは20代の頃に勤務した日本企業で同僚でした。「キャリアウーマン」という言葉(今は死語?)が胸を張って闊歩していて、仕事を続ける女性はどこか肩に力が入っていた時代でしたね。

書きかけのストーリー

中川 潔さんの書きかけのストーリーはありません

中川 潔さんにもっと聞きたい話リクエストする

|