STORYS.JP

Suzuki Kohei

Suzuki Koheiの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Suzuki Koheiの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

阪口 ユウキ
39705
212

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

どんな仕事を選んでもええ。ただ、○○がない仕事だけはしたらあかんで! こんにちは! 個人でWEBサイトをつくりながら世界を旅している、阪口といいます。 僕は今の仕事をはじめてまだ稼げなかったとき、2011年9月~2012年4月まで、 大阪・あいりん地区のドヤ街で暮らしていたことがあります。 (詳しい経緯は「 鬱病で半年間寝たきりだった僕が、PC1台で世界を飛び回るようになった話。 」で書いてます)
溝部 拓郎
1862
42

ピクシブでの開発 - 金髪の神エンジニア、kamipoさんに開発の全てを教わった話

爆速で成長していた、ベンチャー企業ピクシブ 面接の時の話はこちら=> ピクシブに入るときの話 そんな訳で、ピクシブでアルバイトとして働くこととなった私は、初出勤の日を迎えた。 (↑ピクシブのユニークなオフィス) ほぼ何も分からず始まった開発 プログラミングスキルはほぼ無く、やることも決まっていなかった私は、早速開発の統括をしていたCTOの青木さんからの指示を仰いだ。 私 青木さん、何をすれば良いです
大柴 貴紀
205

子会社を作ることになった2006年秋

有限から株式会社に変更し、資本金もどどーんと積んだ。資本金が増えたのでWebサイトの資本金欄を書き換えたところ、いろんなオトナの方々からご連絡を頂くようになりました。前述の某信金からは未だに信用されなかったものの、世の中的には認知度、信頼度が上がっていってる事を実感しました。 その頃、会社は事業を拡大すべく、人員の拡充に力を入れていました。そして、元々は取引先の担当者であった営業の某氏が入社する運び
谷尾 薫
93
3

システム統合まであと5カ月

はじめに ITには「デスマーチ」という言葉があります。 システム開発プロジェクトで過酷な状況が続くことを言います。 一般にネガティブな意味で使用されますが、私のチームが体験した、関係者全員が報われた話をしようと思います。 ある日の一本の電話 ある日のこと、私のもとにクライアントから一本の電話が入った。 クライアントのA社は某金融グループのIT戦略を担う企業である。 関係会社3社の統合により従業員数は
Kato Yuki
4679
107

受験に失敗した引きこもりが、ケンブリッジ大学合格に至った話 パート2(完)

受験に失敗した引きこもりが、ひょんなことからイギリス留学を思い立ち、一念蜂起してケンブリッジ大学合格を目指すに至ります。 18歳の高校卒業まで、海外経験は全くのゼロ、英語は一言として喋ったことはありません。 そんな僕は、現地に行ってからもちろん悪戦苦闘の毎日。しかしながら、自分の可能性をどこまでも信じ続け、死に物狂いの努力を続け、1か月後には日常会話がペラペラできるレベルにまで達します。 ここまでが

書きかけのストーリー

Suzuki Koheiさんの書きかけのストーリーはありません

Suzuki Koheiさんにもっと聞きたい話リクエストする

|