STORYS.JP

福永 孝貴

力入れてる新ブログ!!!
調剤薬局ラブ☆ドッキュン営業ブログ!!
http://ameblo.jp/yakkyoku-koki/
↑1度は、ご覧になってくださいー。

株式会社バンブーの代表取締役になりました。
http://bambooo.co.jp/
http://www.f

ストーリーをリクエストする

福永 孝貴の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

須田 仁之
1666
11

【2001年】孫さんとの思い出(YahooBB立ち上げ) 長編

僕の職場は「戦場」でした。 毎日毎日、朝から晩まで、社内は燃えたぎっていた。 その熱は元々一人の事業家の「情熱」から始まったものですが、現場としてはそんなに美しいものではなく、「混乱」「焦燥」「窮地」から滲み出る「人熱の集合」みたいなものでした。 現場は常にギリギリの戦いを強いられ、疲労困憊し、 「おい、この件、どうなってる?担当の●●どこいった?」 「さすがに倒れてしまって病院いってるみたいです。
ほー りぃ
437
7

靴磨き職人から年商9桁まで這い上がった物語

ホームレスを覚悟した、24歳の冬 今でも忘れはしない、2013年真冬の2月3日、午前8時 大阪梅田の一等地の阪急百貨店前の歩道橋で人生をかけた勝負が始まる。 これができなければホームレス、そう覚悟をして家を出る。 今まで24年間で積み上げてきた、 簿記やFP、宅建などの資格や 学生時代にも起業したり、 学生団体を作って5000人集めたりで活動した実績 今持っているプライドをすべて捨て 本当の0から自
大柴 貴紀
211
6

面識のない20人くらいの飲み代を払った話【2】

ちなみに僕、クレジットカード持ってないんです。当時も現在も。 最終的に何人くるかわからない今回の飲み会。一応会場は池袋のとある飲み屋の広めのスペースを確保しました。しかし、予算感は全然想像できなかったので、銀行から15万円をおろして財布に入れておきました。財布に15万円も入れた経験は初めてかもしれない。その日は挙動不審だったかもしれません。 夜、スタート予定時間よりも少し早く会場入りし、参加者を待っ
本間 佑史子
275

今のわたしは28才社長みならい。大学時代は社会人みならい。

前編でははしょりながらも高校時代のわたしの一部を紹介。 これからは大学生活後半について書こうと思う。 前編でも書いた通り、親孝行も含めて外大の英米学科へ進学。 家から電車で五分のその大学に通う事に決めたわけだが。 再度1から英語を学び直すモチベーションがあがらず。 1〜2年で必須科目のみ24単位を取得し、たった24単位しか持たずに 大学3年生に進学してしまった(逆にダブればよかったのにと今なら思える
F A
179
5

ワールドカップ敗戦で気持ちを切り替えられない人へ

僕も含めて、ワールドカップで一気になえた人が多いと思います。 そんな人に、対戦三国の良い話。 これを学んでおけば、たとえ負けても、相手に対して優しくなれます。 そして、気分がイライラしなくなります。 初戦 コートジボワール 戦で負けたときに 思い出すべき話 出所 http://news.goo.ne.jp/article/gooeditor/sports/gooeditor-20100610-01.
堀口 悠冴
5137
2

ブラック会社の最高経営責任者になった。5回目

建設業の朝は早い。朝7:30には会社につく。社員の何人かすでに出勤している。自然に早く出社するようになった。 好きな時間に出勤し、都合のいい時間に帰宅、出勤日も自分で決められる。 社長出勤というのは朝七時台に会社にいくことであると勝手に解釈する。 経営者が果たすべき役割とは?私の存在は何者なのか。朝必ず自問自答していた。現時点においては経営責任を取らされているだけの神輿のような存在である。ただ単に担
大貫 恵
11447
135

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ3(本編)

前編・後編お疲れ様でした こんにちは、おおぬきです。 長々と暗い話にお付き合いくださり、ありがとうございました。実は私が本当に書きたかったことは、こちらの本編です。もう少しお付き合いください。 旦那が死んでそれからどうした? 行動①家を出ました 旦那の四十九日が終わってすぐ、一緒に住んでいた家を出ました。これはお義母さんからの提案でした。多分みんな 「家出るの早すぎない?」 って思うかもしれません。
大貫 恵
105169
13

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ2(発生事実・後編)

こんにちは、おおぬきです。前編を読んでいただいたみなさん、ありがとうございます。そしてここからは、なにも言わなくなった旦那と過ごす、私と家族の最後の3日間です。いま思い出しても涙が出てくるけど、頑張って書くので、最後までおつきあいよろしくお願いします。 旦那を一般病棟(個室)へ移してもらったのが、2月14日のお昼過ぎ。人工呼吸器を装着し、太ももの付け根から血圧を維持する薬を入れるためにカテーテルを挿
大貫 恵
128748
16

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ1(発生事実・前編)

暗い話ですいません。 最初に謝っておきます。 暗い話です。嫌な話です。 ですが死は誰にでも訪れ、それはどのタイミングでやってくるのかわかりません。 これは私の主人が脳出血を発症し、急逝した時の「私の行動と心情をまとめた話」です。 命に関わる病気をいきなり発症する確率は誰にでもあると思います。 もし身近な人にそれが起こったとき…この話が少しでも役に立てば…。 まずは、私の旦那がなぜ死ぬことになったのか
小林 佳徳
1514
6

社長が逮捕されて上場廃止になっても会社はつぶれず、意志は継続するという話(10)

そして六本木から、次なる地へ 一番の理由は分からないが、六本木ヒルズから移転をすることを急遽知らされた。 まず、ヒルズへの移転当時、まだ全フロアが埋まっていなかったためか、多少値引きされて坪単価が確か4万円/月くらいで、 毎月1000万円くらいの家賃 を処理していた(事件後は自分が請求書処理担当だった) 高いと思うかもしれないが、近くのマンション(レジデンス)が200万/月の家賃の部屋もあるというの

書きかけのストーリー

福永 孝貴さんにもっと聞きたい話リクエストする

|