STORYS.JP

野村 恒太

野村 恒太の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

野村 恒太の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

千葉 みお
847
2

★4★シングルマザーが子供二人を連れてイギリスに母子留学。 心の洗濯して帰国したら、グローバル企業正社員への道が待っていた話。【イギリス生活は幽霊が出るホテルからスタート】

私たちが泊まったのはダドリーの町中にあるホテルの ステーションホテル 。 150年以上続く古いホテルです。 普通、ホテルってわくわくするものですが、すべてを打ち消すようなオーラがあるホテルでした。 清潔だったし、まずまず快適だったのですが。 今ホームページを見たら、幽霊伝説いっぱい書いてあったの読んじゃいました。 良かった、滞在しているときに読まなくて笑 いくつか訳してここに載せようかと思いましたが
渡部 彩香
448
4

【共働きの両親へ】いつもいなかったから、大事だった-限られた時間が私達兄妹に与えてくれたもの

「せめて子どもが小学校を卒業するまでは、家にいてあげたい」 社会人生活を11年間過ごす間に、そう言って仕事を辞めていった友人や同僚を何人も見てきた。 彼女達の気持ちは、私にも分かる。私に子どもはいないが、おなかを痛めて産んだわが子はきっと側に居るほど可愛くて、せめて小学校までの大切な時期を側で見守りたいと思うのは、ごくごく自然なことだろう。 しかも、どこにどんな残酷な人間が紛れているか分からない昨今
藤六 愛
294

24歳の田舎育ちの芋娘がたった3年で300人以上の生徒が通うお菓子教室を作った物語~20歳から21歳~

ちょうど仕事にも慣れてきた頃、シェフに呼び出された 「あ、藤六。来週から異動な!」 「え!そうなんですか。場所は、、、」 「三重」 ショックだった ようやく仕事も楽しくなってきた頃だったのに ついで言うと彼氏も出来たばっかりだったのに なんで三重!!ここから8時間もかかる山奥のリゾートホテルに異動なんて 聞いてないよ〜〜!! 「ということで、遠距離恋愛になります」 その頃の彼氏、今の旦那にサラっとそ
長野 亘孝
1843
8

時速80kmの車に轢かれ13m飛ばされ、高次脳機能障害で国立大学院生が「大きい」すら書けなくなった1000日の冒険①

あなたは高次脳機能障害のどんな事を知ってますか? アイムホームの木村拓哉さん演じる「家路久」で少し知っているかもしれませんね。 例えば、新しいことを覚えられない。過去5年がわからない。人とのつながりがわからない。 そして、1話ごとに鍵を通して記憶が戻っていく・・・そんなケースもあるのかもしれません。 ただ僕の場合、過去をほぼ失いました。めちゃくちゃ色んな能力が落ちました。 それから、この事故のストー
Himeno Sanae
8478
29

キャバ嬢の本性4つ

これだけは最初に知っておいて欲しい。 ボーイ おいブス!今日客呼べねーしドリンク取れねーし 店に何しに来てんだよ! キャバ嬢AYA あぁ!?金稼ぎに来てんだよ! 今から場内とってきてやるよ! キャバクラ嬢はやれそうでやれない。 最終手段にもカラダは使わない 。 キャバクラ嬢はカラダを使わなければ生き残れない、というのは嘘である。 カラダを使うと生き残れない、が真理である。 つぎに、 あなたが女の子に
mamita .
587
7

友達の童貞(27)が「料亭」で童貞喪失してきたらしい

アイツは変わってしまった。いつも言い訳ばかりして、「あの時ああすればよかった」と酔う度に同じ話をして、ウジウジと悩む小さな男だったのに。 「童貞4人衆」と私が心の中で勝手に名付けた男友達のうちの1人である。 コイツと腐れ縁は5年間ほど。うんざりするほど恋愛相談に乗ってやった仲だ。 「全国のファンの皆さん。大切なお話があります。僕。。。。。童貞を卒業しました!!!今まで応援してくれて本当にありがとう!
野中 秀訓
1128
1

ちょうど1年前に余命12ヶ月宣告を受けた話。粗筋

46歳、サラリーマンマンを辞めて独立後9年。 紆余曲折を経てようやく2年前に立ち上げた会社が軌道に乗り始め、事務所を移転した矢先の突然の腹痛。 悪い予感は的中して肝臓、リンパ転移の大腸ガン、最悪のステージ4(末期)。 何と余命12ヶ月宣告。 妻と中学に入学したばかりの息子、住宅ローンと事業運転資金、事業の為に受けた投資資金、ようやく軌道に乗った会社をどうするか?
坂口 隆
75

銀座で見た夢

  まだ僕が20代前半だった頃のお話です。     当時、”夜関係”の会社をいくつも経営している 社長のカバン持ちをしていました。     さすがに違法な仕事ではありませんでしたが 人様に胸はって言える仕事内容だったのか? と言われたら黙ってしまう超グレーゾーンな仕事をメインにしていた 社長さんでした。     人生の「生き死にの瀬戸際」にいる人達と接する時間が 長かった僕のストレスはいつも極限に達
嶋津 桂子
601
12

新品のスポンジが泥水を吸ったらしい。―純粋だった少女が恋愛と酒とセックスで変わっていくお話3―

前回の続き。 婚約破棄を四回経験したときのはなし (の一回目)。 ******* 「ひとりでバーに来る女は狙い目」という都市伝説は、おそらく本当である。 バーはもちろん、お酒を飲む場所であるが、実は酒以外に、もうひとり主役がいる。「バーテンダー」だ。 居酒屋のような機械的な接客ではなく、プロのバーテンダーの、「その客」に合った臨機応変な対応……つまり、「気遣い」や「心遣い」のある接客は、商品と言って
Kato Yuki
4782
107

受験に失敗した引きこもりが、ケンブリッジ大学合格に至った話 パート2(完)

受験に失敗した引きこもりが、ひょんなことからイギリス留学を思い立ち、一念蜂起してケンブリッジ大学合格を目指すに至ります。 18歳の高校卒業まで、海外経験は全くのゼロ、英語は一言として喋ったことはありません。 そんな僕は、現地に行ってからもちろん悪戦苦闘の毎日。しかしながら、自分の可能性をどこまでも信じ続け、死に物狂いの努力を続け、1か月後には日常会話がペラペラできるレベルにまで達します。 ここまでが

書きかけのストーリー

野村 恒太さんの書きかけのストーリーはありません

野村 恒太さんにもっと聞きたい話リクエストする

|