STORYS.JP

井垣 宏太郎

井垣 宏太郎の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

井垣 宏太郎の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

雫石 雪乃
465

震災が私にもたらした能力《第7話》ー手放すという幸福ー

手放すという幸福 「悩みの裏にあるもの」 カウンセリングを終えてから、私はこのことについて前よりもさらに真剣に考えるようになった。 人はどうして望む幸せを手に入れられないのだろう。 どうして愛されたいと思いながら、愛されないのだろう。 思考の現実化 が本当であるならば、なぜ多くの人が望んだ通りの人生を生きられずに苦しい日常を強いられているのか。 交通事故にあいたいと思っている人などいない。 病気にな
Suzuki Takuya
19200
173

【バカヤン】もし元とび職の不良が世界の名門大学に入学したら・・・こうなった。カルフォルニア大学バークレー校、通称UCバークレーでの「ぼくのやったこと」

初めて警察に捕まったのは13歳の時だった。 神奈川県川崎市の宮前警察署に連行され、やたら長い調書をとった。「朝起きたところから捕まるまでの過程をすべて話せ」そう言われた。 「マジで言ってんのこのクソ警察!?」 そう思ったのはよく覚えている。警察がワープロで書いた調書を印刷し渡してきた。「調書のタイトル書け!」そう言われても何書けばいいんだろうと思っていたら。 「ぼくのやったこと」 と書けと指示され書
嶋津 桂子
5321
40

飲んだ帰りに紛失したパスケースを警察に届けてくれた人がお礼を要求してきたので会いに行ったら恐ろしいことが起きた

結論から言うと、 遺失物法 (落とし主と拾い主とのやり取りなどを、警察を介して行う法律。素人解釈)は、 遺失物 (落とし物)の 拾得者 (拾って警察に届けてくれた人)によって、 所有物の紛失以上のトラブルを招きかねない、 とても危険な法律 である。 ……もっとも、上記は今回の事件を受けたうえでの筆者個人の感想であり、「物を落とす方が悪い!」といった意見は正論であるが受け付けない。 ―――――――――
寳槻 泰伸
29394
94

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話

学校よりもクリエイティブな1日にできるなら無理に行かなくても良い。 その後、本当に学校に行かなくなり 大検制度を使って京大に放り込まれた3兄弟は 変わった教育方針の父親の元で育ちました。 一般的な家庭なら 「早く起きろ!さっさと学校に行け!」 と育てるところでしょうが3兄弟の家庭(ホーツキ家)はその真逆。 学校に頼って勉強するのではなく、自分で勉強を組み立てろというのがその主旨でした。 小学生の僕(
Bana Choco
16744
13

人生を変えるために、ブラジルに美女捕まえに来ましたっていう日本人がもっといてもいいと思った話1

日本人が世界で一番美女にモテる国、それがブラジルである。日本人がモテる国ではない、日本人が美女にモテる国である。ブラジルには日本人に対する需要が存在するにも関わらず、それに見合った供給がないように感じる。 あんな遠いとこ行きたくないって?つべこべ言わずサンパウロに向かい一週間ステイしてみるといい、今までこんな世界を知らずに生きてきたのかと悔やむことだろう。 本ストーリーではなぜ日本人が美女にもてるの
阪口 ユウキ
5165
50

鬱病で半年間寝たきりだった僕が、PC1台で世界を飛び回るようになった話。

こんにちは! WEBの仕事をしながら世界を旅している阪口といいます。 2012年7月に出国以降、東南アジアとヨーロッパの7ヶ国に住みつき、現在も旅をしながら、旅資金を稼ぐ生活を続けています。 しかし三年半前、 僕は鬱病で仕事を辞め、起き上がることもできない状態にいました。 今日は、鬱病で寝たきりの状態から、どうやって世界を飛び回る力をつけたのか、お話させていただきます。 ※この話は2014年4月、朝

書きかけのストーリー

井垣 宏太郎さんの書きかけのストーリーはありません

井垣 宏太郎さんにもっと聞きたい話リクエストする

|