STORYS.JP

真田 孔明

■真田孔明関連サイト
sanadakoumei.com

ストーリーをリクエストする

真田 孔明の人生のストーリー

BB弾の銃時代の真田孔明の赤裸々な過去を暴露

勉強嫌いだった孔明が小学生時代に熱中した2つの遊び。「ビックリマンチョコ」に引き続くは「BB弾」だ。 高性能「BB弾の銃」 孔明が小学校3年生から6年生までの頃、学校中で大流行していたのは、「BB弾」と言われる弾を発射できる、ガスガン・エアーガン(以後「BB弾の銃」)だった。 近くのマンション、空き地や河川敷。そして山の中。 と、チームに分かれての打ち合いは危険だったにも関わらず、小学生だった孔明た

ビックリマンチョコ時代の真田孔明の赤裸々な過去を暴露

勉強嫌いだった孔明が小学生時代に熱中した2つの遊び。 知恵を振り絞ることが勝利への近道だと、まだ幼かった孔明もうっすらと気づき始めていた。 勉強嫌いな小学校時代の孔明 小学校の時の将来の夢。父親のような立派なサラリーマンになることだった。 気まぐれで、警察官になりたいとも思ったりしたこともあったが・・・。 「両親からは、勉強を沢山しなさい。良い学校に通って、立派なサラリーマンになりなさい。」と教えら

公立中学高成績獲得マニュアル。真田孔明の赤裸々な過去を暴露

受験戦争を控えた中学生時代。相変わらず勉強ダメ人間だった孔明が、偏差値68の高校に合格。道は決して一つじゃない。 相も変わらず勉強嫌い 中学校。地元にあるごくごく普通の公立中学校に入学した。 部活動として剣道。習い事は、ピアノと習字。趣味は漫画を読むこととRPGゲームだった。 剣道は、「六三四の剣」という漫画を読んで感動。昔からやってみたかったので、小学校の時のサッカーよりはちょっぴり燃えていた。

なぜ中学3年間保健委員を貫き通したのか?真田孔明の赤裸々な過去を暴露

公立中学校の場合、重要なことに委員会の選択というものがある。 委員会の最上級に位置するのは、唯一全校選挙で選ばれる生徒会長と、その下僕達、生徒会スタッフ。 彼らは生徒会というだけでも、テストの点数以上の恩恵をこれまたあずかることができる。 けれどもその責任は重大だ。 孔明は昔から、表に出て活躍したりするのが苦手なタイプで、全校生徒の前でスピーチしたりするのは勘弁だ。 かといって、委員会に何も属してい

高校3年間合コンとアメフトだけの日々。真田孔明の赤裸々な過去を暴露

「道は自分で切り開く!」何かを悟り始めた孔明が、男子校時代に命をかけてアレンジした107回に及ぶ女性たちとのお食事会。 柄にも無くスポーツに打ち込んでしまっていた孔明 高校生になった孔明が、ついついときめき、入部してしまったのは「アメリカンフットボール部」。 防具を着てぶつかり合いながら、戦いながら得点を取りあう野蛮きわまり無いスポーツだ。 小学校の時にサッカー。中学校の時に剣道。それなりに部活とし

華僑大富豪の懐に入ることができた最初のキッカケは「素直さ」を持っていたことだった

実は、今まで周りにヒタ隠しにして来たことがある。僕は周りの誰にも言って来なかったが、とある「秘術」を使って、現役サラリーマンとしての業務。さらには、アフター5のビジネスの世界で活動して来た。 だから僕は、現役サラリーマンとしても普通の日本人では成し得なかったレベルで華僑に入り込み、華僑の本場のフィールドの中で大きな結果を叩き出すことができたし。 アフター5(ファイブ)の1日2時間程度の活動の中でも、

憧れの南国アーリーリタイアしてみたら暴飲暴食で激太りしただけだった件(笑)

2010年12月31日、約12年近く勤務していた会社を退社。それまでメーカーの海外駐在員として滞在していた中国広東省、広州市を家族と共に離れ。マレーシアのリタイアメントビザ、MM2H(マレーシア・マイ・セカンド・ホーム)を取得。 脱サラ後の生活として憧れていた、南国のセミリタイアメント生活を送っていた。 ▼「財テク」功を奏し「アーリーリタイアメント」 メーカー勤務時代、コッソリ自分で行っていた、アジ

華僑から教わった「秘術」を中国本土で使ったところ中国全土の国営テレビ局と流通が協力してくれた奇跡

華僑の大富豪たち、一度心の扉を開く形で信用・信頼してくれると、旧来の仲間として本当に沢山の事を教えてくれる。 ビジネスの方法、投資の方法、だけでない。華僑がビジネスシーンで活用している、様々な「秘術」と呼ばれることも、かなり年月をかけた「小出し系」ではあるが、諭(さと)してくれるように、教えてくれるのだ。 今になって、華僑大富豪たちと日々過ごしたあの頃を思い出し、教わった事を全て書き出し、全体的に見

ストーリーJPで連載で出版!のジンクスは本当だった!?本日KADOKAWAより出版した僕の出版前後の実話

もともと僕が、ストーリーJPのことを知ったのは、僕のプライベートの友人である阪口祐樹さんから紹介されたのがキッカケだった。 阪口裕樹さんは、2013年末頃からストーリーJPで連載を開始。その結果、すぐに出版社からお声がかかり、『うつ病で半年間寝たきりだった僕が、PC一台で世界を自由に飛び回るようになった話』を、朝日新聞出版から出版することになった。 先日、阪口裕樹さんは、僕の住むマレーシアジョホール

野々村竜太郎議員を辞職させるな!氏の本当の狙いに気づき僕は号泣した

一見「狂乱」ともとれるべき、野々村竜太郎議員の言動の裏に気づいた時、涙が止まらなかった。周りに人がいるのにも関わらず、人目をはばかることなく僕は泣いた。 なぜならば、野々村竜太郎議員が自らの身を犠牲にして変えたかった日本の未来。野々村竜太郎議員が胸の内に秘め持つ苦悩と偉大さに触れることができたからだ。 東海道新幹線「のぞみ」に乗って、東京から大阪に向かう途中のことだ。僕はMacBook Airを広げ

ストーリーJPで連載で出版!のジンクスは本当だった!?本日KADOKAWAより出版した僕の出版前後の実話

もともと僕が、ストーリーJPのことを知ったのは、僕のプライベートの友人である阪口祐樹さんから紹介されたのがキッカケだった。 阪口裕樹さんは、2013年末頃からストーリーJPで連載を開始。その結果、すぐに出版社からお声がかかり、『うつ病で半年間寝たきりだった僕が、PC一台で世界を自由に飛び回るようになった話』を、朝日新聞出版から出版することになった。 先日、阪口裕樹さんは、僕の住むマレーシアジョホール

孔明パパから長女ピスミンへの生お手紙を全公開 「サラリーマンになるな!女性が活躍している会社など日本には1社も無い!

東京某所月官門サッチェルと共に、開催する「地下セミナー」に長女ピスミン12歳が参加する。 しかし、これは何も、孔明パパとしての道楽で、長女に参加してもらうわけではない。今回の場合は、僕の方から無理やり出席させているわけでもない。 「はやく自分でビジネスをやりたい!」 と言う、長女の意思で、参加してもらっていることもあるが、 せっかく、その意志があるのなら、一人の人間として、長女に成してもらいたいこと

「騙される奴が悪いだと!?騙した方が悪いに決まってる!!」

◯月財門の僕を金(カネ)で裏切ったら絶対に許さない! つい最近、2012年に僕が出資をした案件が、 「飛んでイスタンブール」になりそうだと、僕の投資パートナーより報告があった。 以前の僕なら、もしかしたら、「泣き寝入り」をしてしまっていたかもしれない。    しかし、今の僕は違う。    孔明:「そうだ、僕は戦士であり、軍師だったのだ!」 孔明:「どうせ人間誰しも、老いればあの世に行く。たとえ闘いの

毎日が休日・毎日が仕事の日「住所不定無職、自称I.T.」のバッグの中身

2010年年末に、 約12年間サラリーマンとして 勤務した会社を退社。   2011年1月より 正式に独立起業。   そのタイミングで、 家族(嫁・娘2人)との生活拠点を、 海外駐在として滞在していた中国広州から、 マレーシアジョホールバルに移動した。   独立起業後、 一体僕は何の仕事をしているのか?   わかっているようで、 自分でも意外とハッキリと 分かっていなかったりする。     各国のイ

読んでよかったストーリー

書きかけのストーリー

真田 孔明さんにもっと聞きたい話リクエストする

|