STORYS.JP

Kujira Staff

Kujira Staffの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Kujira Staffの人生のストーリー

黒柴ちひろと春の訪れ その1

ここの所、ポカポカお日様の陽気により、寒い冬を乗り越えて、ようやくいろんな所に春の訪れを感じられるように成ってきましたね。 今日は黒柴のちひろ(4歳、♀)と一緒にいつもの散歩コースを歩いてきました。 神奈川県は藤沢市、引地川添いを毎日の散歩コースにしていますが、なかなか立派な並木道で、桜の木の変化により、四季折々を感じることが出来る素敵なスポットで、散歩やジョギング、自転車乗りなど、様々な人とすれ違

黒柴ちひろと春の訪れ その2

今年初のつくしん坊を見かけました。 やっぱり、今年は春の訪れが早いのか、ひょっこりと顔を出して、アピールをしています。 とても微笑ましい光景ですね。 この、私たちが住んでいる日本は美しい四季に囲まれ、その移り変わりに幸せを感じることが出来ます。 とは言え、毎年当たり前のようにやってくる春ですが、二度として同じ春はやって来ません。 自分の人生にも同じ事が言えて、毎年色んな春を迎えます。 今に思えば、若

黒柴ちひろと春の訪れ その3

※今回の記事は、ちひろさん目線でお送りします。 これは、先日わたしが人間のこども達のサッカーに参加しているようすです。 飼い主さんが写真にとってくれたんです!! いいでしょう?? 私、ボールが大好きで、何メートル先からでもボールをにおいでかぎ分けて見つけることができるんです!! それに、人間のこどもたちと同じくらいの知恵もあって、とっても頭もいいんですよ!! いつもはおさんぽ中、公園でこども達がボー

黒柴ちひろと春の訪れ その4

※今回の記事は、ちひろさん目線でお送りします。 まだ少し寒い日が続きますが、ようやっと桜の木に花が咲いているのを見つけました。 連日雨が降ったのが心配でしたが、やはりじっと一年もの間辛抱していただけあって、たくましいです。 お散歩に出れば、そこかしこに春の匂いがします。 わたしも、気持ち良く、春の匂いを楽しんでいます。昔から気が強く、女の子なのに喧嘩ばかりしていた私ですが、今ではすっかりお姉さんにな

黒柴ちひろと春の訪れ その5

※今回の記事は、ちひろさん目線でお送りします。 飼い主さんと、いつもの散歩コース。 ちょっと休憩、『おやつちょーだーい!!』 お座りして、お手して、お代わりして。。。 おやつのためなら何だってやっちゃうんだから!! 飼い主さんから、ビスケットを割ってもらって、ちょびっとずつ、噛み締めて食べます。 ちょっとずつ色々食べたい女の子です。わたし。 たべっこ動物みたいなビスケット。 色もとりどりで、見た目も

黒柴ちひろと春の訪れ その6

今日はちひろに変わって、ちひろ曰く『飼い主さん』の僕が執筆しようと思います。 久しぶりにポカポカ陽気、ちひろさんも、お気に入りのお庭で日向ぼっこ。 庭の柵に隙間が開いているいるため、近所の小学生がたくさん集まってきます。 『ちーちゃん、お手!お手!』小学生たちの元気な声が聞こえてきます。 何故みんな、『ちひろさん』の名前を知っているのかな? とても疑問ですが、近所の子供たちを愛でるちひろさん、犬って

黒柴ちひろと春の訪れ その7

これは去年の写真ですが、近所の公園にちひろさんと散歩に行った時の写真です。 足元には桜の花びらが舞い落ち、とても女の子とは思えない貫禄ある佇まいです。 まるで写真に取られているのを解っているかのごとく、はい、ポーズ!! マロまゆもキリッと決まっていますね。 また今年も桜並木をちひろさんを連れて散歩に出かけたいと思っています。 こんな時に、日本犬は様になってなかなか良いなぁって、感じたりします。 他の

容疑者Xの献身を見て (ネタバレあり)

「容疑者Xの献身」のストーリー 何というやるせない物語なんだろうというのが第一の感想でした。 ストーリーは、人生に絶望して自殺しようとしていた高校教師が、住んでいるアパートの隣に越してきた母子に愛を抱き、母子がおかした殺人の罪の隠蔽にてを貸し最後には自分がその犯人として警察に出頭して、母子を守ろうとする、それを物理学者の湯川学が真相を暴くというものでしたが、真相を明らかにしたところで誰も幸せにならな

黒柴ちひろと春の訪れ その8

※今回の記事は、ちひろさん目線でお送りします。 今日は飼い主さんのお仕事あとに、一緒にお出かけ。 わたしのお気に入りのグレーのバッグ。 これが出てくるとわたし、とってもうれしいんだぁ。 いっつも楽しい場所に連れてってもらえるの。 今日はどこかな?海かな? わたし、うれしくて、駅まで走っちゃった(笑) 自分でバッグに入っちゃうの。えらいでしょう? 電車でガタンゴトン揺られて10分くらい。 神奈川県大和

小学生時代の、忘れられない思い出・その2

「小学2年生の戦い」 灰色の日々 学年が上がって小学校2年生のときの担任の先生は、少し太っていて、そのことをクラスの子どもたちに話題にされると、本気でキレて泣きわめいたあと、職員室から出てこなくなるので細心の注意が必要だった。 忘れ物の多かった男子生徒S君をつるし上げ、「S君を叩いても忘れ物が改善しないので、S君がわたしを叩きなさい」とS君に命じ、S君は泣きながら先生を恐る恐る叩いて、叩き方が弱いこ

小学生時代の、忘れられない思い出・その1

「1年生」 小学校へ入学 今でもはっきり覚えているのだが、僕が小学校に入学したとき、桜が満開で、おじいちゃんとおばあちゃんが、入学式のための上等のジャケットを買ってくれた。 入学式の看板が掲げられた校門の前で、お母さんが「写ルンです」みたいなフィルム式のカメラで写真を撮ってくれて、みんなでお弁当を食べた。 これからは保育所とは違う、もっと退屈しない、楽しいことが待ち受けているという予感に胸を膨らませ

株式会社スクウェア・エニックスがエイプリルフールネタで発表したスピンオフゲーム動画「タクティクスアレキ」について

2017年4月1日に発表された本動画ですが、 (タクティクスアレキ  http://www.youtube.com/watch?v=rp18vWZS_iY ) エイプリルフールネタにしておくには、筆者の中では2017年度中、1、2位を争うヒット作でありました。最近のFPSを中心とした、映像美を追及する制作方針と相反して往年のタクティクスオウガを彷彿とさせるような、きめ細かなドット絵調で表現されており

統合失調症との付き合い方

発症したきっかけ 会社に入って研修が一通り終わり、OJTを受けていた。一切教育はされず、ほったらかしで野放し状態であった。仕入れ先との折衝も何もわからず、ひたすら頭を下げていた。そこであまりに仕入れ先に対して低姿勢であったことから、何か金品の授与があったのではないかと疑われ、うわさがどんどん広まっていった。 そのとき、自分は無実なので、実際に調査になり疑いが晴れた時、調子に乗って上司を批判する態度を

黒柴ちひろと春の訪れ その9

※今回の記事は、ちひろさん目線でお送りします。 今日は、昨日に比べて少しお日様が陰っていますが、お庭でお昼寝はここち良いの。 お庭に綺麗なチューリップが咲いていて、見ていてとてもあたたかな気持ちになるんだよ。 今枕にしているマンホールはとてもきもちよく、お気に入り。 でも、夏になったら、あちち。とても触れないんだぁ。 昨日、お散歩に連れて行ってもらい、近所の青葉公園に連れて行ってもらったの。 もう、

小学生時代の、忘れられない思い出・その3

「科学がそばにいてくれた」 僕の存在理由 誰にでも理解されることではないかもしれない。 けれど僕は夢中になって、何度も何度も番組を見て、分厚いテキストも両親にお願いして買ってもらった。 太古の地球はいまのように青くなかった。 今から40億年ほど前、地球は隕石が降り注ぐ火の海だった。 それが次第に、太陽と月の位置関係が絶妙に生物の棲める条件を整えていった。 最初の生命は、硫化水素とシアン化合物で満たさ

黒柴ちひろと春の訪れ その10 (最終話)

こんにちわ!!ちひろです!! 『黒柴のちひろと春の訪れ』を読んでくださったかた、本当にありがとうございます。 ちょっとおてんばで、元気いっぱいのわたしの奮闘日記、楽しんでいただけたでしょうか? ポカポカあたたかい春の訪れを、みんなと一緒に過ごせてうれしいです。 これから、緑でいっぱいの五月の初夏の訪れですね。 わたしの物語はここで一旦おわりですが、また機会があれば、またみなさんの前に登場したいとおも

将棋のプロ棋士、藤井聡太さんについて

デビュー以来の連勝記録が13に 2017年4月17日に、将棋のプロ棋士、藤井聡太四段が、デビュー以来の連勝記録を13に伸ばしたことが報道されました。 藤井聡太四段は、14歳2ヶ月と言う、史上最年少の年齢でプロ棋士になった、期待の新鋭です。 中学校に在籍中にプロ入りを決めた棋士は、これまで4人しか例がありません。 その4人はいずれも、プロ入りしてから、トップ棋士として大活躍していますので、史上最年少の

"ローストビーフ油そば"からみる「表面心理」と「深層心理」

先日は餌のお預けを食らった犬のような心境になりました。 親友から油そば屋に誘われたのですが、用事があったので、やむを得ず断りました。 翌朝、行けなかった油そば屋の料理を見せてもらったのですが… 食べられなかったのが残念で堪りません。 それが「ローストビーフ油そば」です。 ローストビーフを見て肉が食べたくなった ここからが本題です。 「ローストビーフ油そば」の写真を見て、「肉が食べたい」という欲求がド

湘南鎌倉の名店、地元に愛される店『DOUBLE DOORS』

地元の人々に愛され続けて18年の歴史を誇る、湘南の名店、「DOUBLE DOORS」。その魅力に迫ります。 本店こそは藤沢市内にありますが、二号点は湘南鎌倉の七里ヶ浜の国道134通り沿い、眼前には湘南の海を一望できる、素晴らしいロケーションです。 江ノ電、七里が丘駅で降りて、歩いて3分ほど。 この近くにある踏切や、県立七里ガ浜高校は、バスケットボール漫画「スラムダンク」のモデルとして有名です。主人公

読んでよかったストーリー

Kujira Staffさんが読んでよかったストーリーはありません

書きかけのストーリー

Kujira Staffさんの書きかけのストーリーはありません

Kujira Staffさんにもっと聞きたい話リクエストする

|