STORYS.JP

中原 訓子

中原 訓子の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

中原 訓子の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

和田 晃一良
2103
15

プログラマは社会の底辺がなる職業だと思っていたら、プログラマになっていた話

中高生の頃、プログラマはブラックだと思っていました。 小学生のとき、部屋にPCが置かれPC中毒となる 僕が小学5年生のとき、家にWindows 98のPCが導入されました。 その頃の私にとって、PCというのは、物凄く面白いもので、夢の機械のように思えました。 最初はマインスイーパやソリティアを遊ぶだけでしたが、日々PCをさわるごとに、どんどんできることが広がり、更にインターネットが使えるようになる
竹村 博徳
719

研究室の教授に「卒論書かないけど、卒論の単位ください」と言った結果 

その日は、この上なく緊張していた。 いつものように、最寄駅に向かう俺。 ただいつもと違うのは大学入学以来、こんなに考え込んで通学したことないだろって位、セリフを繰り返してた。 頭の中で、昨夜(正確には電車に乗る数時間前まで起きていた)考えたことをくり返す。一言一句、そして何パターンも。 電車に乗り、数分間下を向きながら、何度も何度も、繰り返した。 「?やけに今日は生足多いな」と思い ふと顔を上げると
白石 悠
494
10

福岡から歩いて日本を一周する間に出会った人や出来事のお話

2013年4月5日僕はインターネットカフェにいた。 二日目に突入したネットカフェでの滞在。 なんで俺はここにいるんだったけ? 仕事が出来ずうだつの上がらない僕は上司や先輩に毎日のように叱られ日々のサービス残業、そして溜まってゆく仕事に限界を感じていた。 自分が腐っていく感覚がわかった。 もう無理だ。 休み明けの朝、僕はその日出勤せず実家近くのネットカフェに逃げ込んで、ずっと「 痛くない自殺 」をキー
中条 信一
2167
21

とあるゲーム業界のブラック会社で夢の代償に僕が失った物。(終章)

とあるブラック会社に入社して三か月が経ち、絶望的状況ながらも仕事に慣れて来た頃です。 自分の会社は協力会社と言う名目で、版権を貸して貰い、製作に仕事に携わる事が多かったです。 【お客さんから版権を借りる】    ↕ 【ゲームを作る(自分の会社)】    ↕ 【市場に流してくれる会社に委託する(バグ修正や市場提供)】 このような板挟みの構造になっている状況でした。 徹夜明けでタバコを吸っていると、 2
Coco Nozzie
6161
25

ホワイト企業に絶望して入社3ヶ月で『退職』を決意するまでに感じたこと。

『これで人生からも卒業だな!』 2013年3月22日、一人の友人が放った言葉が今でも耳から離れないでいる。 その日、僕たちはいつもと変わらない様子で何気ない会話を楽しみ、驚くほどあっさりとした別れの言葉を交わし、それぞれの道へと歩き出していった。 いつもと違っていたのは、僕たちが着ている服だけだった。古いデニムをはきつぶしていた友人はスーツを息苦しそうに身にまとい、ミニスカートがよく似合うあの子は華

書きかけのストーリー

中原 訓子さんの書きかけのストーリーはありません

中原 訓子さんにもっと聞きたい話リクエストする

|