STORYS.JP

Miyake Lina

Miyake Linaの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Miyake Linaの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

溝部 拓郎
753
2

ピクシブに入るときの話

ベンチャー企業で働きたい! ピクシブの面接を受けた時、私は大学2年生だった。 当時何もモノを知らなかった私は、1年生の頃、ある夢のためにベンチャーで働きたいと思い、色々なベンチャーに応募し、何回か面接を受けたのだが、落ち続けた。 (今思えば、これは単に時間の都合が合わないとか、そのぐらいの理由だったように思う。) しかし、それで自信を無くした私は、とりあえず技術系の取得し、その上でもう一度チャレンジ
宇野 成人
554
12

苦痛と、ストレスと、不安を避ける生き方教えます。後編

苦痛とストレスと不安〜の のつづきです。 では、いよいよ苦痛、ストレス、不安の避け方の発表です。 その前に… 前回の記事 をお読みでない方は、まだ読まないで下さい。 というのは冗談ですが、 予備知識が在るかないかで、文章から受け取る印象や、流れというのは変わります。 歴史を学んでお寺巡りをするのと、修学旅行で無理矢理連れて行かれるのでは、 受け取る印象は全く違いますよね? そんな感じ(笑) では、い
千葉 礼美
289
10

「みんなが2時間やるなら、あんたは4時間やりなさい。」

ぼくは勉強ができない 「ぼくは勉強ができない」という山田詠美さんの小説 に出逢ってしまい、そこから私は自分の出来の悪さをしょうがない!そうゆう仕様です!!と思うことにした。 この小説の主人公は、女の子にモッテモテで、年上の彼女のいる男子高校生。 成績はよろしくない。 彼は、「勉強よりも大事なことってあるだろう!」という思考の持ち主で、この考えに出逢ってしまった中学生の私は、「あ、それもありなのか」と
Tommy 1031
1174
21

日本でもぜひ取り入れたい、アメリカの素晴らしいところBEST10

はじめに。これはあくまで「私の考えるBEST10」です。 私自身まだアメリカに住んだことはありませんが、アメリカ人の旦那さんと帰省したり、アメリカに関する本を読んだり、色々聞いたりするにつれ、「これはいいなぁ!」と思うところがたくさんあったので、勝手にご紹介します。 アメリカに関しては特に、色々な人が色々なことを言います。嫌いな人もたくさんいるだろうと思います。大きな国なので、州によっても人種によっ
い のりこ
439
6

うつ病と戦いながら仕事と看病を続けていた忘れたくても忘れられないあの日のこと

       それは桜の蕾がほころびはじめた三月、転勤の辞令がおりた時のことだった。 私を心配してくれている人達からのメールが届いた。 「異動先にB子さんいるよ。私が知っているだけでも、彼女と働いてうつ病で休職した人が一人、退職した人が一人いるから、気をつけて。何かあったらすぐ連絡してきてね。」 またA子さんについては、一緒に働いたことがある人の体験談を集めて、匿名にして転送してきてくれる人まであら
進撃 の外人
425
5

壊れた中古ゲーム機からうんだ奇跡の話

○いきなり質問! 再来月に引っ越しのため、部屋の掃除しているあなた!  こんなボロボロで仕えないゲーム機を発見した場合、どうしますか? A. ゴミとして捨てます。 B. どっかに売ります。 C.私はゲーム機に興味なし!こんな汚いものを触れません! . . . . . . . . <Aを選んだあなた> それはちょっともったいない事をしたかもしれません。 千円札をトレイに流された事と同じです。 <Bを選
Hori Aya
606
25

中卒底辺だった私が10年以上かけて這い上がる話 2

「恨み」をエネルギーにする 中学時代イジメられ、高校をさっさと辞め、フリーターでのんびりお金を稼ぎ、社会へ出るための踏み台として専門学校を選んだ。これまでの経緯や、理由は以下の通り。 1、私をイジメたヤツへ復讐をしたい。ぎゃふん希望。  2、殴るとかしない。社会的にも制裁はしない。 3、ヤツらが羨むような勝ち組になる。成功して見下したい。 4、デザイナーとか職業的にはめっちゃイメージ良さげ。 5、デ
Hori Aya
5003

中卒底辺だった私が10年以上かけて這い上がる話

高校を半年でやめた 中学時代にイジメを受けていた。 重みがある話だと思って神妙な顔で人に言うと「あー私もそうだったよ」「同じようなことがあったよ」って言う人が意外と多い。みんな、どうしてそんなに強いのか。 イジメられた、ハブられた理由なんか忘れてしまったけれど、授業中に消しゴムを投げられた記憶があるし、自転車のサドルをズタズタにされた記憶がある。小学校からの友達は私と話さなくなり、クラスでは明らかに
川和田 直之
1042
26

世界一過酷なサハラ砂漠240kmマラソンで、5km走って息切れするモヤシ男を完走に導いた、心が震えるたった一言の応援メッセージ

僕はサハラ砂漠をひとりで歩いていました。 4月10日深夜2時、僕はサハラ砂漠の深い闇の中にいました。 今日はレース4日目。 スタートから17時間も歩き続けています。 でも、不思議と痛みや疲れはなく、とても穏やかな気持ちで、心は笑っていました。 辺りは光のない闇の中。 でも、僕のまわりだけ、スポットライトが当たっているように明るく感じました。 極度の疲労で幻覚を見ているのかもしれません。 僕は、この不
Kuribara Kao
245
8

成功とお金は同義語ではない ~ 千円の価値は心の中に ~

   小さい頃、バブル時代を体験した。  それは日本中が狂瀾した時代だったと思う。  私はその頃はまだ小学生だったがはっきりと 「金持ちは貧乏人より偉い」 という感覚を持っていた。  なぜならば(私の住んでいた地域だけかもしれないが) イジメでまず先導を取るのは必ず「裕福な家の子」であった からだ。彼らの親御さんはいわゆる「株」でもうけた人たちだった。話によると給料より株の配当の方が高かったからみん

書きかけのストーリー

Miyake Linaさんの書きかけのストーリーはありません

Miyake Linaさんにもっと聞きたい話リクエストする

|