STORYS.JP

い のりこ

い のりこの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

い のりこの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

中山 祐次郎
6355
43

ヨーロッパに向かうフライト中に、「お医者様はいませんか」に応えて出ていったら、とんでもないことになった若い外科医の話

そう、あれはヨーロッパ行きの飛行機の中の出来事だった。 私は当時30歳を超えたばかりの独身・若造外科医で、ヨーロッパで開かれる学会に参加すべく向かっていたのだった。 私は、モニターの映画のブルース・ウィリスを観ながら そっくりな顔の後輩医師 の顔をぼんやりと思い浮かべていた。彼の外科医としての成長、人間としての成長、 おでこの後退 … そんな時、事件は起こった。 すぐ前のシートの男性が、青い目のCA
コトリ タロウ
6162
16

精神障害の母とアル中の父から教えられた「実にシンプルな生きることの意味とは?」前編

私 【追記】 このストーリーは、私の良い部分だけではなく、ダメダメな過去についても触れています。 なので、ダメダメ人間が嫌いだという人は、不愉快な思いをしてしまうかもしれませんので、読まない方が良いかもしれません。 (このストーリーを公開後、私のダメダメな過去について「お前はダメだ」というコメントを頂いたことがあり、もう過ぎてしまった過去をどうすることもできず、かと言って、ストーリーに嘘を書くわけに
神崎 晃
2126
22

【広島1】原爆ドームになったおばあちゃん。

むかし、太陽は、ふたつあった。 1945年8月6日の朝8時15分。 おばあちゃんの上に、太陽が落ちた。 おばあちゃんは『広島県産業奨励館』で働いていた。日本で初めてバームクーヘンを作った場所だ。 おばあちゃんはドイツ人とのハーフで、広島市にいたドイツ人たちとも会話ができた。 それで私のお母さんを育てながら、ずっと『広島県産業奨励館』で働いていた。 1945年の8月6日も、おばあちゃんはいつも通り出勤
い のりこ
420
6

うつ病と戦いながら仕事と看病を続けていた忘れたくても忘れられないあの日のこと

       それは桜の蕾がほころびはじめた三月、転勤の辞令がおりた時のことだった。 私を心配してくれている人達からのメールが届いた。 「異動先にB子さんいるよ。私が知っているだけでも、彼女と働いてうつ病で休職した人が一人、退職した人が一人いるから、気をつけて。何かあったらすぐ連絡してきてね。」 またA子さんについては、一緒に働いたことがある人の体験談を集めて、匿名にして転送してきてくれる人まであら

書きかけのストーリー

い のりこさんの書きかけのストーリーはありません

い のりこさんにもっと聞きたい話リクエストする

|