STORYS.JP

伊藤 まどか

伊藤 まどかの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

伊藤 まどかの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

佐籐 香菜
58

7.19

あなたは毎日一緒に過ごす家族の遺体を、明日突然見ることが出来ますか? 人は生を受けた瞬間から死ぬことが決まっています。 今日か、明日か、5年後か10年後か。 やがて来る死はどんな人にも平等で、さまざまな理由で人は死にます。 毎日何処かで誰かの家族が死んでいる今日。 あなたは明日突然家族が遺体になったら、どうしますか? 事故が起きたのは1999年の7月19日。 北海道の短い夏のちょうど真ん中。 よく晴
Yoshida Maiko
138

フツーの女子大生だった私の転落の始まりと波乱に満ちた半生の記録 第23話

愛と迷い 《ここまでのあらすじ》初めて読む方へ 普通の大学生だった桃子は、あることがきっかけでショーパブ「パテオ」でアルバイトをしている。野心に目覚めた桃子は少しずつ頭角を表し店の売れっ子へと上りつめていく。そんな最中、脅迫され襲われかける桃子は店のチーフマネージャーの佐々木によって助けられる。その夜を境に粗野で皮肉屋な男だと思っていた佐々木に対して惹かれていく自分に戸惑う桃子であった。 ハンドルを
明日の タケシ
492

【第11話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。

子供たちも生活が劇的に変わったわずか2週間後に母が死んだわけで、引っ越しの荷物もほどいていない状態、どこに何があるかなどまったくわからないままで母の遺体は運び込まれてくるし、葬儀屋との打ち合わせだの親族への連絡、挨拶など、やることは山積みになった。 ここに越してきたばかりで生活環境が整っておらず、このバタバタの中、上の子を学校に行かせるだけの余裕がない。 下の子はどのみち幼稚園を中退してしていて、来
小林 優介
1561
12

余命3ヶ月の末期ガン。ガンは消えたけど◯◯は消えなかった話。

人間の免疫力って凄いんだよ〜だから、風邪気味かもとか言ってむやみやたらに薬に頼っちゃだめ。それよりストレス溜まると免疫力下がるらしいから、いつも明るく笑い飛ばしていようね!ネガティブ思考はいろんな面でもったいないぞ! 結婚と同時に単身赴任を始めて早三年。 そんな状況ゆえに何かとストレスを抱えたりしがちになる。そんな私を励まし元気つけてくれる妻。しかし時には厳しい事もズバッと言い、ハッとさせてくれるそ
千葉 みお
1216
4

★0★シングルマザーが子供二人を連れてイギリスに母子留学。 心の洗濯して帰国したら、グローバル企業正社員への道が待っていた話。【プロローグ】

初めまして。 千葉 みお と申します。 わたしは、現在、シングルマザーとして小学生の子供2人を育てながら、アメリカ本社のグローバルカンパニーで正社員として働いています。 仕事内容だけではなく素晴らしいチームにも恵まれ、いまの自分のステージに感謝する毎日です。 離婚した当時は、まさかこんな日がくるとは思っていませんでした。 なぜなら10年近く、専業主婦だったからです。 当時は将来が見えなくてとにかく不
Fouret Mami
65

オーストラリア留学中にネット中傷被害に合い、裁判を起こした話(13)

Geelong 1日目 Geelongに着いた。電車を降りると、私はすぐにその女性に連絡を取った。 駅には小さな待合室があり、コーヒーとお菓子を売る小さな売店が一角にある。日差しが非常に強く、とても外にはいられないので、私は待合室で彼女が来るのを待った。 「久しぶり!」 やって来たのはGeelongに住む日本人女性のエリコ(仮名)。オーストラリア人男性と結婚してGeelongに暮らすエリコとは、数ヶ
千葉 みお
387
4

【シリーズ通算6万PV記念】★11★シングルマザーが子供二人を連れてイギリスに母子留学。心の洗濯をして帰国したら、グローバル企業の正社員への道が待っていた話。【小学生のハリウッド映画のオーディション@ロンドン】

このお話は、離婚してアタマに来て子どもを抱えて家を飛び出したら、勢い余って地球の裏側のイギリスまで行ってしまったおバカなシングルマザーのお話です。 前回のお話は ★10★ をお読みください。 また、このお話の プロローグ は、STORYS.JPの「話題のストーリー」に掲載されています。 多くの人に読んでいただいていることに驚くとともに、感謝の気持ちでいっぱいです! 仮タイトルは4万PV記念でしたが、
ねこ ねこ
17

芸能界から高校受験へ。受験燃え尽き症候群が僕にもたらした悲劇。何も目標もなくなった僕に仲良くしてくれた苛められっ子の大親友。彼のお陰で僕は高校を卒業できた。その後彼はゲイの道へ走り芸から足を洗った僕はゲイの彼と未だに仲良く話している(笑)彼が教えてくれた、様々な事。二人っきりで毎日バイクで遊びまわり、世の中からは不良と呼ばれたが、そんな事はどうって事無い。ただ生きる事に必死なだけであって、ゲイの彼とノーマルの僕の奇妙な関係が何時までも続きますように。①

 僕の受験戦争は人から与えられたもの(父親)。目的や明確な受験に対する目標も、将来に対するビジョンも何も無いままにただ受験しただけでは、高1から破綻する人生が待っている。 僕は元々明るかった。途轍もないほどに明るく人気者だったと思う。文化祭の演劇では主役以外はやってこない。勿論劇団に居たからだ。そういった劇団に通ってる人間はほぼ居ないほどの、東京の外れにあるもうほぼ神奈川と言っていいところに住んでい
Suzuki Nana
89

【蘇った愛♡私の孫はアメリカ人】〜命の数だけある命の迎え方・日本人バアバが見たアメリカ出産事情〜20万分の1の奇跡の物語☆

        ついに生まれた!                   君はなんて勇敢な魂なんだろう。 家族になれるかどうか、わからないような状況の中でやってきた。 http://storys.jp/story/14414  君の命がママの運命を、そして君のパパの運命も変えた。 こんなに小さな命が、こんなにも大きな力を持っている。 それを君は教えてくれた。 君は全然、日本人っぽくない=私の孫っぽくない
Suzuki Nana
11224
32

やくざを泣かせた5歳の息子の話

こころ を すまして みてごらん はな は はな として うつくしく あなた は あなた として うつくしい ただ それだけのこと が いとおしい あれは暑い夏の日のお昼過ぎ・・・ いつものように、2歳の娘を連れて息子の幼稚園へお迎えに行った帰り道。 「アイスクリーム、食べようか?」 暑かったので、三人で駅前のベンチに腰掛けて、アイスクリームを食べることにした。 そんな日常の一場面。 もし、あのやく

書きかけのストーリー

伊藤 まどかさんにもっと聞きたい話リクエストする

|