STORYS.JP

毎日 骨太

脳梗塞を患った叔父(独居老人)の入退院〜施設に入るまでの顛末を書いています。

なにかの参考になればと思いから。

ストーリーをリクエストする

毎日 骨太の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

Shiotani Masako
44

英語の単位を落とした私が、英語で英語のアプリを作る!

国際協力を夢見て大学へ!早速英語の単位を落とす! 国際協力に憧れて、推薦で入学した大学の国際系の学部は、なんと帰国子女だらけ。 私も 鳥取弁がネイティブ なので、一応 標準語とのバイリンガル なのだが、 彼らの英語レベルはすごかった。私の標準語なんて目じゃなかった。 大学での英語の授業は文法の授業、会話の授業と2種類。 会話の授業はとっても楽しかったけど、 文法はいつまでたっても中学レベル。 授業は
大貫 恵
11356
133

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ3(本編)

前編・後編お疲れ様でした こんにちは、おおぬきです。 長々と暗い話にお付き合いくださり、ありがとうございました。実は私が本当に書きたかったことは、こちらの本編です。もう少しお付き合いください。 旦那が死んでそれからどうした? 行動①家を出ました 旦那の四十九日が終わってすぐ、一緒に住んでいた家を出ました。これはお義母さんからの提案でした。多分みんな 「家出るの早すぎない?」 って思うかもしれません。
谷尾 薫
512

独立など夢にも描かなかった自分が40歳で起業するまで

はじめに まず自己紹介をしますと、今年45歳。熊本県の天草の出身です。天草四朗という歴史的人物で有名ですが、最近イルカウォッチングが流行ってまして、芸能人の来訪が放映されて、少し全国に知れ渡ってきています。 私の両親はそこで30年ほど喫茶店を営んでいます。ぜひ天草に旅行に来られたら立ち寄っていただきたいです。苓北という町の国道沿いの緑の看板のお店です。 ここから、当時の自分がどういう職業を選んだかと
堀口 悠冴
6502

ブラック会社の最高経営責任者になった。2回目

あらすじ 31歳のとき父親が経営する会社を引き継ぐことを決意する。就任してからすぐに理解したこと。それはワンマン経営の自転車操業のボロボロの会社であるということであった。なんとか再建するよう誓うのであった。 請負で契約しているメンテナンス契約の年次点検を今季から半年遅らすことにした。メンテナンス契約をしているお客様に対しては4月から保守点検に入るのだが、毎年4月の点検を10月にといった具合だ。 つま
小林 高志
1412
2

30代半ばのオッサンが起業した話 第1話

今からさかのぼること3年前。 平日の3日間は本社勤務で、商品の梱包、商品の発送 。 ウッドパネル用の画像の補正、753シーズンは台紙の作成なんかをやっていた。 ( 要は雑用 ) 土日は、実店舗で子供連れの家族の撮影。 当時の会社にはシステムエンジニアとして入社 したが、 入社したての頃は、3キャリア向けの公式サイトの運用をやったり、 当時流行っていたSNSアプリのプロジェクトを任されていたが、 気が

書きかけのストーリー

毎日 骨太さんにもっと聞きたい話リクエストする

|