STORYS.JP

重信 誠

重信 誠の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

重信 誠の人生のストーリー

リヤカーで全国行脚しながら手売りで本を売っている漢に会った話

それはふとしたきっかけだった。 知人から、「面白い人が講演会するからおいでよ」 そんなことを言われ、どんな人か聞いたところ、僕の常識を覆すような人だった。 リヤカー1つで全国行脚をしながら、手売りで本を売っている男…… は?(笑) 一体どんな奴やねん! 無性に気になって気になって、僕はその講演会に行くことにした。 講演会は知人のシェアハウスで行われ、開始時間は22時くらいだった。 一体全体どんな奴な

僕の母親はおばあちゃん

今日は母の日ですね。 皆さん日頃の感謝を伝えましたか? 少し照れ臭いけど、感謝を伝えるって素敵なことですよね。 僕は、実家の母親に花を贈りました。 母親って言っても、おばあちゃんなんですけどね。 僕の両親は、僕が小さい頃に離婚して、父方の祖父母の家で育てられました。 厳格な祖父と、優しい祖母。 おばあちゃんは僕の母親代わりとなって僕を育ててくれました。 朝ごはんを毎日作って、学校へと送り出してくれま

おばあちゃんとの日常

おばあちゃんと2人でラーメンを食べに行きました。 今時、おばあちゃんと2人でデートする孫がどこにいますか! ここにいます。 孫とおばあちゃんのデートですよ。 そこらへんの若い女の子とデートするよりも、安心感を与えてくれるおばあちゃん。 超おばあちゃんっ子の僕はこの人に育ててもらったんだと、しみじみ思いました。 おばあちゃん「昨日のお見合い(合コンのこと)はどんげやったね?」 僕「うんにゃ〜、よか人お

読んでよかったストーリー

山本 顕太郎
2541
48

家庭崩壊で鬱病寸前だったクレープ屋の僕が、○○○に出会って人生が180°変わった話

<第1章> 『絶対にすぐ潰れる』 友人や親戚にそう言われながら開業したクレープ屋が 8年目 に入った。 今だから言えるが、僕自身も 「もって2年だろうな」 と思いながら開業したのである。 ■「もって2年だろうな」と思った理由は2つある。 ① 自分の納得のいくクレープが完成していないのにオープンせざるを得なかった。 ② そもそもクレープ屋なんて都会もしくは大型ショッピングセンターでしか成立しないと思っ
小泉 憲一
531
6

ありえない人からの不思議な手紙で新しいビジネスが生まれた話

数年前のある夏の日、1通の手紙が届きました。 30度を超えた、めちゃくちゃ暑い日だったけど、 クーラーがキライだった私は窓を全開にして パソコンに向かって仕事をしていました。 郵便やさんがポストに郵便物を入れた音がしたので、 汗を拭きながらトントンと階段を降りて、 冷凍庫から取り出したアイスをくわえながら、 郵便物を取りに行きました。 ポストに入っていたその手紙を見て、 心臓が止まりそうになりました
白石 悠
494
10

福岡から歩いて日本を一周する間に出会った人や出来事のお話

2013年4月5日僕はインターネットカフェにいた。 二日目に突入したネットカフェでの滞在。 なんで俺はここにいるんだったけ? 仕事が出来ずうだつの上がらない僕は上司や先輩に毎日のように叱られ日々のサービス残業、そして溜まってゆく仕事に限界を感じていた。 自分が腐っていく感覚がわかった。 もう無理だ。 休み明けの朝、僕はその日出勤せず実家近くのネットカフェに逃げ込んで、ずっと「 痛くない自殺 」をキー
ほー りぃ
407
7

靴磨き職人から年商9桁まで這い上がった物語

ホームレスを覚悟した、24歳の冬 今でも忘れはしない、2013年真冬の2月3日、午前8時 大阪梅田の一等地の阪急百貨店前の歩道橋で人生をかけた勝負が始まる。 これができなければホームレス、そう覚悟をして家を出る。 今まで24年間で積み上げてきた、 簿記やFP、宅建などの資格や 学生時代にも起業したり、 学生団体を作って5000人集めたりで活動した実績 今持っているプライドをすべて捨て 本当の0から自
永石 和恵
562
13

【THE九州男児な父へ】45年勤続した会社の最終出社日を迎えた父に贈った娘のお手製『私の履歴書』

うちの父は長崎出身のTHE九州男児。 見た目も性格も。 寡黙で真面目で照れ屋で、 でもお酒入ると熱弁し出して少し厄介。 そして、とても優しくて家族思いの素敵な父です。 私はお父さん子でした。 お風呂も父と入っていたし、 勉強も宿題も父にいつもお世話になっていた。 食べ物の嗜好や考え方も母より父とのほうが合い、 私の人生において、父はとても大きな存在です。 私の父が定年を迎えることを聞いた時、 45年
Azuma Y
955
13

どうしたら、ビバリーヒルズに住めるのか?ビバリーヒルズの住民にインタビューした。

気付いたら、ビバリーヒルズに住む富豪のメルセデス・ベンツに座っていた。 この記事は、自分のブログに転載いたしました。 下記リンクがその記事になります。 よろしければ、下記から読んでみてください。 「Be Excited」 人が面白がってくれるコンテンツを発信していきたい。 記事はこちら
重信 誠
332
8

僕の母親はおばあちゃん

今日は母の日ですね。 皆さん日頃の感謝を伝えましたか? 少し照れ臭いけど、感謝を伝えるって素敵なことですよね。 僕は、実家の母親に花を贈りました。 母親って言っても、おばあちゃんなんですけどね。 僕の両親は、僕が小さい頃に離婚して、父方の祖父母の家で育てられました。 厳格な祖父と、優しい祖母。 おばあちゃんは僕の母親代わりとなって僕を育ててくれました。 朝ごはんを毎日作って、学校へと送り出してくれま
小林 慎太郎
449
11

ラブレターを代筆する日々を過ごす「僕」と、依頼をするどこかの「誰か」の話。

■ラブレター代筆はじめました 「仕事」は楽しいものではない。 苦しくて大変で、時にちょっとだけ楽しいのが「仕事」というもの。 ちょうど1年ほど前、10年以上特に疑いを持たずにいたこの考え方に、ふと疑問を抱くようになった。 つらいことを歯を食いしばってやり続けることは尊く、楽しいこと・楽なことだけやるのは怠慢。 物心ついた時からそのような価値観で育ってきた35歳の男が、「あれ?誰がそう言ってたんだっけ
野田 隼平
3971
20

電車に轢かれて脚を丸ごと一本切断したサラリーマンが、半年後義足で職場復帰した話

脚一本程度で人生は終わらない これが今の自分の姿。 左脚は丸ごと一本義足です。 股関節離断という症状で 「股義足(こぎそく)」 と言われる義足を履いています。 充実した生活を送っていた中、電車に轢かれ脚を失ったのは6年前。それから半年後、職場復帰するまでの体験を綴らせて頂きます。 生死の境目、片脚を失った人生のどん底からどうやって自分が立ち上がったのか。 その体験が読まれた方の何かのきっかけになれば
コレナガ カオリ
414
18

7歳の娘に教えてもらった人が綺麗であるには〇〇〇だという話

若くて美しいことは、 自然のいたずら。 年をとっても美しいことは芸術です。   - エレノア・ルーズベルト -(1884~1962) 米国のファーストレディ、人権活動家 もうすぐ9時だ。 娘様はもう寝る時間。 わたし むすめさまーー 寝る時間だよー 歯磨きしよう。 娘様 はーーーい シャカシャカシャカ。 よし、私も化粧でも落とすか。 隣で一生懸命に歯を磨く娘様を見守りながら、今日も私の顔を覆う魔法の

書きかけのストーリー

重信 誠さんの書きかけのストーリーはありません

重信 誠さんにもっと聞きたい話リクエストする

|