STORYS.JP

河瀬 昌昭

【主な活動記録】

『所属団体&主な活動』
・八王子市「子どもミーティング」学生サポーター 
・学生団体KEAOS モチベーションマネージャー 兼 事務局

【大切にしていること】

・親友・仲間・家族
・『For You』の精神
・大切な人の誕生日
・自分が叶えられる相手の望みは叶える
・自分軸ではなく相手軸で幸せを考える
・少年のような心を持ち続ける
・ポジティブシンキング
・礼儀に反しない範囲で文章には《♪》を書く
・淋しい気持ちを受け入れ、その反動で人を好きになる

ストーリーをリクエストする

河瀬 昌昭の人生のストーリー

恋愛から学んだ大切なこと (初々しい時期)

私が恋愛から学んだことは 「声をかけないと始まらない」 という当たり前のことです 初恋から一目惚れ・・・ 私が初めて人を好きになったのは 3歳の頃でした それは近所に住む女の子で アニメの「ドラえもん」に出てくる 「しずかちゃん」のような女の子でした しかし、想いを伝えることもなく 八王子に引っ越してからは連絡も途絶え 私の初恋は終わりました・・・ 小学校に入ってからも 好きになる女の子はいつも一目

『気まぐれ河瀬』が出来るまで

人は親しい人から学ぶことが多い 『河瀬さんを表すコトバはなんですか?』 そう聞かれたら迷わず 「気まぐれ」 というコトバを選びます。 今日はそんな男が出来るまでの気まぐれストーリー♪ 私は小学校や中学、高校、大学で 友達と「つるむ」のが苦手な男の子でした。 ・・・今でもそうですが(笑) 小学校の低学年までは みんなから笑いをとる鉄板ネタを持っていましたが 高学年になると落ち着いた生徒になり 一人でい

毎日が誰かにとっての特別な日♪

人は生まれた時には何も持っていない 人は生まれた瞬間には名前すら持っていない 人は生まれた時には着るものさえまとっていない だけど・・・ 人は誰しもが生まれた時に持っているものがひとつだけある それは自分にだけに与えられた「特別な日」だ 「特別な日」を迎えた小学1年生 小学校に入学してからGWを迎える前 私には特別に思える一日があった その日は平日で学校に行くことになっていた 友達はいつもと同じよう

「プライド」と「悔し泣き」

私のプライド 中学生の頃、私には自慢できることがひとつだけありました。 それは 「中距離走なら誰にも負けない」 ということです。 たまたま入った陸上部で中距離走を始め たまたま800mと1500mで地区入賞をしてしまい たまたま全校が集まる朝礼で表彰をされた もちろん練習はしていましたが、練習に本腰を入れたのは入賞をしてからです。 もちろん、全国大会に行けるほど速くはありませんでした。 でもそんな時

今の自分は積極的な気まぐれ男。高校時代は消極的で平凡な男の子。

部活を1年の夏で辞めた高校時代 中学時代は走るのが少し速かった。 800mや1500mでは学校で一番速かったし、走り高跳びも少しだけ高く跳べた。 だから高校に入ったら迷わず『陸上部』に入部した。 『井の中の蛙』ということわざがあるように 高校では中距離走はみんなより遅く、走り高跳びはみんなより高く跳べなかった。 もう少し頑張れば記録も伸びたかもしれないが・・・ なにせ、高校時代の私は消極的だったもの

『幹事』をやってみて感じた メリット と デメリット

幹事なんて誰にでも出来る 幹事は面倒臭いと言う人が多いが 幹事なんて実際は誰にでも出来る ・日程を決める ・お店を決める ・参加人数を把握する 最低限上記の3つをすれば良いだけなので 全員を呼ぶことを目標にさえしなければ 幹事の独断と偏見で日程やお店を決められる 参加者なんて3人ぐらい集まればとりあえずの形は出来る でも私はマメな性格なので 『幹事』を引き受けた時は自分なりにいつも工夫している そん

読んでよかったストーリー

河村 駿介
614

兄の結婚式で泣きすぎて司会の人を困らせた話【第1話】

いじめられた日々 私が産まれた時、兄達は5才と7才。 ただでさえ年が離れ"男"だった私は兄達の 格好の 遊び道具 でした。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ちなみにこの時の母は、 私 ぼくがうまれてくるときどうおもった?(5才) 母 また男の子か。。 私 ・・・・・ 編集 5歳の私には刺激の強すぎる発言でした(涙) ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大薗 翔
259
2

すべてを失い、うつ病になった僕が「悩みを話せる友達が見つかる場所」を作るに至ったSTORY

人との繋がりを求めて自分のお店を出した話 2008年夏、24歳。 僕は東京・高円寺で念願だった自分のお店を出しました。 「自分のお店を持ってみたい」 そう夢を見る人の中には、自分の好きなことを仕事にしたい、自分の好きなものに囲まれていたい、自分の好きな仲間と一緒に働きたい、などなど色んな動機の人がいると思うけれど…。僕の場合はただ『人との繋がり』を求めてお店を出しました。 不仲な両親を見て育った僕は
岸 和幸
153
2

『賢くなるより優しくなるほうが難しい』

”ジェフ(10歳)は数字が大好きな少年。 子供時代の夏休みを祖父母のケンタッキー州の農園で過ごすことが多く、 祖父母のトレーラーに同乗して、米国各地やカナダに行くキャラバンへ同行することもありました。 そんなある時の出来事です。ヘビースモーカーであるお祖母ちゃんが、トレーラーの中で 煙をくゆらすのをみて、ジェフはある計算をします。 1本のたばこが、寿命をどれくらい(何分)縮めるか、といった内容の広告
永井 隆太
37

風立ちぬが教えてくれたこと。

宮崎駿がやってきた。昭和59年の八千代の公民館にて。 永井 隆太 さんのストーリー を以前書いたのだが、宮崎駿さんから感じた違和感が 風立ちぬを見て解明した。 子供向けのアニメを作っていると 宮崎監督は自己規定していて、 本音は、がんばって隠して来たということだ。 風の谷のナウシカを始めとして、彼の作品は 空中戦、銃撃戦、剣術、大量破壊と 美しく戦う人を描き続けていた。 ほんとうに子供向けアニメであ
門田 隆稔
597

ちょっと大阪からママチャリで神奈川まで帰った話 第2回

午前中に出発したのが良かったのか、快調にママチャリを走らす僕の頭はノープラン。 前夜に地図を見てみたのだが、さっぱりわからん。 何せページが飛び飛びで、全体を見たいと細かいところが見えない。もちろん グーグルマップ などそんな便利なものはまだない。 ズバリ、着のみ着のまま!!ただただ まっすぐ東へ。 この時は、本当に何も考えずに地図上の平面な日本を眺めながら、 真っ直ぐ東に行けば最短距離じゃん♪ ぐ
門田 隆稔
924

ちょっと大阪からママチャリで神奈川まで帰った話

「俺、コレで帰っていい?」 「はっ??」 夏の暑い日、僕は大阪にいた。 彼女と付き合い始めたのは、その年の1月。中学からの幼馴染で、一度付き合ったこともあるが、一方的にフラれ7年がたった。ようやく訪れたチャンスに人生をかけてアタック!! それからは、僕は東京、彼女は大阪と世間一般的に言う遠恋の始まりだった。 月に一回は交互に行き来し、連絡はお互いウィルコムで毎日取り合った。 そして初めての彼女の誕生
西春 博矢
1368

大学名に抱いたコンプレックスが未だに消えない話

2年前の春 自分は実家である熊本を飛び出し 東京の大学に進学した 進学校にいた自分達にとって、大学が全てだった2011年の春 第一志望の大学に行けなかった自分は、なかばやけくそになっていた 「こうなったら、主席で卒業してやる!」とか 「自分がこの大学の電波塔になって名前を広めてやる!」とか思っていた そんなこと、本気でやりたいと思っていたわけじゃないのに 結局、その時の自分は自分のエゴでしか動いてい
Riney James
421
9

私が何故STORYS.JPを作ったか。

私の 父 は、旅人でした。 旅人と言っても、単なる旅行好きという意味ではなく、普通の人は中々経験しないような未知の出来事に積極的に飛び込んでいくという意味で、本当の意味での旅人でした。 父親は、私が幼い頃から世界中で遭遇した様々なストーリーを話してくれました。 大学時代にアメリカ中部からフロリダまでヒッチハイクをした話、アラスカまで車で友達とドライブして、アラスカの鉄道で働いた話…。 何度も何度も
廣川 ともよ
476
6

13年間続けたバイオリンを辞めた理由

バイオリンを初めて触ったのは6歳の時だった。 どうして習い始めたのかは正直覚えていない。 でも母が言うには、どうやら私は隣に済んでいた3つ上のお姉ちゃんに憧れてバイオリンを始めたらしい。 「お姉ちゃんみたいなの弾きたい!」 と母に向かって言ったそうだ。 母がピアノの講師だったということもあり、私は「ピアノもしっかりと練習する」という条件付きでバイオリンを習い始めた。 レッスンは週に1回。隣のお姉ちゃ
松本 健太郎
65

2冊のビジネス書が出版され、増刷されるまでの物語 vol.01「出会う」

01 2006年冬。 青年は途方に暮れていた。 なぜなら、青年に対して「じゃあ、ちょっと世界一周してくるわ」と言い残して旅立った、同期の内定者M君が抱えていた宿題を自身が担当することになったからだ。 その宿題とは、新卒人事採用担当―つまり、まだ内定者にも関わらず、アルバイトとして内定を貰った企業に勤め、そこで人事採用として自分の次の代の内定者を見つけよ、というミッションだった。 青年が言い出したこと

書きかけのストーリー

河瀬 昌昭さんの書きかけのストーリーはありません

河瀬 昌昭さんにもっと聞きたい話リクエストする

|