STORYS.JP

根津 将大

根津 将大の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

根津 将大の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

寳槻 泰伸
29136
94

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話

学校よりもクリエイティブな1日にできるなら無理に行かなくても良い。 その後、本当に学校に行かなくなり 大検制度を使って京大に放り込まれた3兄弟は 変わった教育方針の父親の元で育ちました。 一般的な家庭なら 「早く起きろ!さっさと学校に行け!」 と育てるところでしょうが3兄弟の家庭(ホーツキ家)はその真逆。 学校に頼って勉強するのではなく、自分で勉強を組み立てろというのがその主旨でした。 小学生の僕(
村上 奈美
399
18

会社の2代目になるまでのちゃらんぽらんな日々とそのツケ

父親の会社に入るなんてそんなつもりは、全然なかった。 私の父は一流貿易船舶会社で航海士をしていたが、86年に船内でAppleⅡに出会い、パソコンの面白さにハマり、その3年後に退職して当時はまだ珍しかったパソコンスクールを立ちあげた。 先見の明アリアリである。自慢の父である。 父親が「社長」という響きは子供ごころながらにちょっと自慢で、友達に「社長令嬢」と言われるのもまんざらではなかった。 母親は別で
笠井 レオ
3283
59

僕が外国人に間違えられたエピソード7つ

【序章】僕は決して、スペイン人ではない 僕、笠井レオ(本名・写真右)は生まれつき、出逢った人ほぼ全員に 外国人と間違えられる という才能を持っています。よく間違えられる国々は、スペイン、ブラジル、アメリカ、アルゼンチン、ペルーです。こちらの国々の皆様、ご迷惑おかけして申し訳ありません。 ちなみに、よく言われる一言は 「日本語上手いね!」 です。 今日、このstorys.jpで発表させていただきます。
大塚 雄介
76

14歳の決意

幼い決断  私は14歳の時、それまで没頭していたテレビゲームを屋根裏部屋に自らしまいこんだ。「テレビゲームをしまいこむ」ということは、当時の私にとっては幼いながらの決意だった。 物事を学ぶコツを学ぶ  当時の私は学校の成績でいえば中の下、300人位の中で248番だったと思う。学校内で目立つ事もない普通の男の子であった。ある時、たまたま、友人のノートを真似して勉強するふりをしてみた。そうすると。次の
Nagata Yamato
252
4

美大に入った理由

 私は物心ついた頃から絵を書くことが無性に好きだった。父は建築家で、母は絵画が趣味、建築に関する膨大な書籍や芸術関連の書物に囲まれていたからかもしれない。  絵を書くことが好きになった理由は単純で、褒められたからだ。油性のマジックで部屋中落書きをしても、両親は怒りもせず、私が長男だったせいか、まだ両親も子育ての経験もなかったせいだろう、怒ることを躊躇した。いつも「仕方ないな」で済ませてくれた。  そ
Nose Hiroyo
1401
36

忘れられない授業の話(1)

概要 小4の時に起こった授業の一場面の話です。 自分が正しいと思ったとき、その自信を保つことの難しさと、重要さ、そして「正しい」事以外に人間はどんなものに動かされるのかという事に気付かされた印象的な場面でした。 小4、国語の授業、定年間近の先生。 忘れもしないその授業は国語の授業でした。 担任の先生は定年間近の女性の先生。 (実際には年齢不詳で、そんなお年とは誰も想像していなかったのですが。) 説明
しもむら さき
7330
3

高校進学を言葉がさっぱりわからない国でしてみたら思ってたよりも遥かに波乱万丈な3年間になった話【その3:苦難】

言葉が一切分からない環境での生活は、それはもう想像を絶する大変さでした。 渡西前は 「スペイン語?余裕余裕」 などと軽口をぺらぺらと叩いていた私も、流石に本格的に新生活がスタートするとその口を閉じざるを得ませんでした。 むしろ軽口を叩いていた頃の私と、そもそもスペイン行きを決定した過去の私の口を縫いつけ更にそれぞれ7発ずつほど殴ってやりたいほどでした。暴力はいけません。   というわけで今回は私に待
和田 晃一良
182
7

Storys.jp

CEOのJamesRiney, エンジニアのTakuroと一緒にStorys.jpというサービスを開発しています。 また、和田さん、アンリさんから投資を貰い、毎週ミーティングをしつつ、日々ブラッシュアップしています。 3人のチームで僕はCTOとして頑張ってます!応援してください! http://storys.jp
Riney James
421
9

私が何故STORYS.JPを作ったか。

私の 父 は、旅人でした。 旅人と言っても、単なる旅行好きという意味ではなく、普通の人は中々経験しないような未知の出来事に積極的に飛び込んでいくという意味で、本当の意味での旅人でした。 父親は、私が幼い頃から世界中で遭遇した様々なストーリーを話してくれました。 大学時代にアメリカ中部からフロリダまでヒッチハイクをした話、アラスカまで車で友達とドライブして、アラスカの鉄道で働いた話…。 何度も何度も
Okuma Nozomi
896
13

会社を辞めて、フリーランスで仕事した後、スタートアップで働いてみる。

はじめに 詳しく聞きたい!を付けて下さった方、ありがとうございます。 この一年強の私の話を書きたいと思います。 会社を辞めた! 新卒で入社した会社を二年弱で辞めました。 なんで?とかその理由とかを良く聞かれます。 二年じゃ何も分からないじゃないか、とか言われる事もありますし、実際自分でもそう思います。 でも、ありがちな話ですが、「限界」だったんです。 長時間労働にも、人間関係にも、朝晩襲ってくる過呼

書きかけのストーリー

根津 将大さんの書きかけのストーリーはありません

根津 将大さんにもっと聞きたい話リクエストする

|