STORYS.JP

菅居 正洋

ストライクコースをギリギリかすめる変化球を武器に活動中。

ストーリーをリクエストする

菅居 正洋の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

Ryo hei
191
4

受験前日にパチンコに行く発達障害が比国でボクサー修行を経て世界トップ大学に合格した話

これは虐待、ひきこもり、不登校、非行を経験した 発達障害者の人生談 です。どん底の人生が大きく変わったのは、ほんの小さな" 意思 "や" 挑戦心 "を持てたこと、この世で 一番嫌いだった父の " 愛 " を感じられたこと がきっけでした。 もともと学業に興味があったわけではなく、高校卒業後はボクサーになるつもりでフィリピンに1年半ほど行っていました。そこでの出会いから新しい価値観や挫折を学び「世界一
須田 仁之
1583
11

【2001年】孫さんとの思い出(YahooBB立ち上げ) 長編

僕の職場は「戦場」でした。 毎日毎日、朝から晩まで、社内は燃えたぎっていた。 その熱は元々一人の事業家の「情熱」から始まったものですが、現場としてはそんなに美しいものではなく、「混乱」「焦燥」「窮地」から滲み出る「人熱の集合」みたいなものでした。 現場は常にギリギリの戦いを強いられ、疲労困憊し、 「おい、この件、どうなってる?担当の●●どこいった?」 「さすがに倒れてしまって病院いってるみたいです。
Morii Ryouji
54

高卒でライン工をしていた僕が上京して起業する話-No.4(ラスト)

最初のストーリーはこちら そうだ起業しよう 僕はまだ会社を辞めていない。 この話は僕がこれから起業する話しだ。 このストーリーを書き始めた理由は、起業という人生を左右する一大イベントを前に決意出来ずにいる自分を奮い立たせるためだ。そして自分の今までの人生を総括し、自分自身を見つめ直すためだ。 起業を決意した理由は入社して3年が経った頃、今から1年前に遡る。 違和感を覚え始めた日々 この頃から僕は副業
Yamamoto Yuri
2228
2

地獄の債務整理体験談 ~闇金、出会い系サイト、出会い系パーティ潜入、風俗で竹の子剥ぎに遭遇、マルチ商法に引っかかる、パチンコ釘師へ転職、パチンコ釘師とは?業務内容暴露、そして借金完済~

この体験談は事実です。 僕が借金を重ね、債務整理にいたるまでの体験談です。 ■第一章 始まり 「ラララむじんくん」のC M が全盛期だった頃。僕は2 0 歳だった。 その頃は大手修理メーカーに勤めており、月収1 5 万、手取り1 2 万だった。 日々の生活費や、ローンなどを差し引くと残りは約4 万位。その金 を増やすべく、 パチンコをやっていた。その頃は、黄門ちゃま全盛期。3 回ワンセ ットの爆裂機
Ookubo Aklra
45

小さな花屋の小さな話 1

柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺。教科書で見たなぜか横向きの正岡子規が浮かんでくる。 この句が好きだ。て言うか、正岡子規の句はこれしか知らない。 語呂がいい、かきくで始まり、なり、なり、ほう、りゅう、と続く、韻を踏んでいる、最近のラッパーよりすごい、やるな正岡子規。 柿が美味い季節になった。熟しや干したものはダメで、少し固いぐらいがちょうどいい、今日の花市場で良いのが買えた。 花市場には、たまに季節の実が
田中 翼
243

フェンスの外の高校野球~実る努力の3つの条件~

日本の夏の風物詩、高校野球。 毎年夏になると球場には球児たちのプレーを一目見ようと人が集まる。 決勝大会の甲子園は全国放送され、球場だけでなくテレビの前にも人が集まる。 大会期間中は特番が組まれ、球児たちの裏側やプレーに込めた思いが語られる。 しかし、気持ちの強さは勝負には関係ない。 結果を決める要素は別のところにある。それが現実だ。 それを意識しない我武者羅な努力は、結果にも結び付かない。 これは
よう いんひょく
278
8

ゲーマー野郎が一人アカペラでYouTubeの再生回数100万回、そして本気でグラミー賞をめざすまでの話 PART 11

夢の続きへ これから、どんどん次の作品は出していかねばなりません。 もちろん僕も音楽の勉強はし続けていきますが、 予定していたTake 6の曲 は出さないことにしたので、今すぐに素晴らしいアカペラアレンジをすることが必要になったのです。 制作会社にもたくさんアレンジャーの方がいらっしゃいますが、ジャズピアノを習っていたときの先生とアカペラアレンジをしてみたところ、アカペラアレンジはやっぱり独特なもの
井上 祐巳梨
1632
12

世界196ヶ国60万人の中から、日本人唯一25人の中に選ばれた時の話

タイトルの通り、おおよそカジノで億万長者になる確率と似た確率で、ものすごい倍率を突破した時のお話です。でもこれは、私1人の話というよりは、応援してくださった方々全ての人たちのストーリーであると思っています。 オーストラリア政府の「世界最高の仕事」、ご存じでしょうか。2009年にクイーンズランド州にあるハミルトン島で「アイランドケアテイカー(島の管理人)」を世界的に募集をしたアレです。「楽しく暮らして
四方 浩文
328
4

引きこもりからのアルゼンチンサッカー留学記

引きこもりに至る経緯とその日々は個人的には思い出したくもない事だった。それに人に打ち明けて笑われたり、内心で引かれたりするんじゃないかと思うと怖かった。 引きこもりを克服するためにアルゼンチンに行ったわけではない。プロサッカー選手を目指してアルゼンチンに行った。アルゼンチンで本気でプロを目指している過程で出会った人達やアルゼンチンという国が持つ大らかさ人々の温かさのおかげで自分は全ての面で変われた。
超飯塚 俊英
58
1

(´・ω・`)時給680円の話

そこはローカルな街の駅前のある意味ビレバン的な100坪の文房具店。 僕が18歳の時時給680円のアルバイトをしていた。 その年、当時僕の倍の年齢の店長がやってきたが、そして転任3日以内でそれまでのノウハウのある人材を全てクビにしてしまった。気に入らないという理由で! POSも設置されておらず商品は何があるのかまったくわからない。 後でわかってきたことは店に設置できる商品点数は数万点だった。 この時在

書きかけのストーリー

菅居 正洋さんの書きかけのストーリーはありません

菅居 正洋さんにもっと聞きたい話リクエストする

|