STORYS.JP

高野 雅博

遠い昔はディズニー・キャストでした。
5周年~7周年の頃。
ジャングルのガイド役で、サファリ・ジャケットに身を包み、
麦わら帽子をかぶっていました。

名古屋に2年 
つづけて大阪に2年 ほど赴任して2009年に東京に戻りました。
そんな関係で、友人関係が広がりました。

なんだかんだ、テレマーケティング業界で20年弱ほどお世話になっていますが、メインとしては「アウトバウンド」と呼ばれる「発信業務」畑を中心に経験を積ませていただいております。

広告代理店、各種マスコミ、政治家のみなさまをはじめ、様々な業種のお客様とお付き合いをさせていただいております。


持ち込まれる案件の内容も様々で、みなさまに馴染み深いところですと、「ただいまの政権支持率はXX%です」というような「世論調査」などのアンケート調査、イベントやお店へのお客様集め、新規のお客様を探すお手伝い、お得意様宛てのお得な情報のお届けなど多種多様です。

マーケはもちろん、音楽やディズニー・マジックについても、いずれは語りたいと思っています。

ストーリーをリクエストする

高野 雅博の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

山岸 ロハン
34

経営と自殺と鬱病 最終話

日本支社には当時3人の社員がいたのですが、 その2人が辞めることになりました。 一応支社長に任命していたので辞めるにしても引き継ぎをしてもらい 抑えるところは抑えてほしかったのですが、そんな気持ちも届かず・・・ 当然この時期はうつ病も治っていなくて、 さすがにもう駄目だと思いました。 この時はさすがに会社がなくなると思って涙が出てきました。 でも不思議なものでそんな時に大事な言葉を思い出すんですね。
山岸 ロハン
122

経営と自殺と鬱病 第4話

今回からは自分の話をしようと思います。 「うつ病の前と後で2つのまったく別々の人生を経験しました。」 うつ病になったのは10年くらい前ですが、(今は完全に治ってます) その前と後では人生観というか考え方が全く変わりました。 まさに180度の転換です。 1回きりの人生で2つの人生を体験できたことはラッキーなことなのでしょうか? 今回はうつ病前の話です。 前回でも話した通り小さい頃、親の離婚によって長い
Tommy 1031
421
10

3.11のあの日 東京で

※自分は311の時どこで何をしていたのか、記録に残しておくために書きました。私はスマホを持っていなかったので、ニュースなどの情報がほぼ入らない中、 発生から9時間以上かけてようやく家にたどり着きました。 ただ行く先々での人々の雰囲気や気配から、事態の大きさを推し量って行動しました。 2011年3月11日(金) あの日、私は東京都心にいた。 私はフリーでグラフィックデザイナーをしていて、 普段はたいて
長友 肇
703
14

大事な事はみんな高速電脳で学んだ

はじめに 1997年、まだ秋葉原が自作PCの街として栄えていた、そんな頃のお話。 僕は当時大学2年生で、典型的なモラトリアム学生として日々ポンチ―言うような4人中国語勉強会に明け暮れていた。起きたいときに起き、眠くなったら近くの友達宅に転がり込む模範的な高田馬場学生だった。 その頃はまだベンチャーとか起業といった会話はほんの一部の学生の間のみの話。SFCの設立に刺激された早稲田でなんとか対抗するべく
小林 佳徳
349
2

ピンチ!日本企業。10年前のライブドアから学ぶ、今の我々に足りない働き方とは(11)

2003年12月24日 歓楽街で僕らは 私 (てくてく λ.......) お兄さーん、ちょっと寄ってかなーい! 私 (・・・そうか、今日はイブか・・・) クリスマスイブの深夜。 自分はエンジニア( ♂)と二人 で 都内の歓楽街 を抜けてある場所へ向かっていた。トナカイのコスプレをしたオネエチャンにポン引きされたのを全力でスルーしたのを今でも思い出す。 ※確かこんな感じ。 向かっていた先は、 「デー
大貫 恵
11181
132

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ3(本編)

前編・後編お疲れ様でした こんにちは、おおぬきです。 長々と暗い話にお付き合いくださり、ありがとうございました。実は私が本当に書きたかったことは、こちらの本編です。もう少しお付き合いください。 旦那が死んでそれからどうした? 行動①家を出ました 旦那の四十九日が終わってすぐ、一緒に住んでいた家を出ました。これはお義母さんからの提案でした。多分みんな 「家出るの早すぎない?」 って思うかもしれません。
井上 祐巳梨
1632
12

世界196ヶ国60万人の中から、日本人唯一25人の中に選ばれた時の話

タイトルの通り、おおよそカジノで億万長者になる確率と似た確率で、ものすごい倍率を突破した時のお話です。でもこれは、私1人の話というよりは、応援してくださった方々全ての人たちのストーリーであると思っています。 オーストラリア政府の「世界最高の仕事」、ご存じでしょうか。2009年にクイーンズランド州にあるハミルトン島で「アイランドケアテイカー(島の管理人)」を世界的に募集をしたアレです。「楽しく暮らして

書きかけのストーリー

高野 雅博さんの書きかけのストーリーはありません

高野 雅博さんにもっと聞きたい話リクエストする

|