STORYS.JP

Abe Masakazu

読書、競馬、音楽などが好きです。

ストーリーをリクエストする

Abe Masakazuの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

西勝 ユズル
1517
10

24歳、社会人2年目の僕が心が折れそうになった時に、3億円企業の起業家先輩からの「仕事は○○のために行くんだ」という言葉で「仕事をしよう」とスタートラインに立った話

仕事はな、○○のために行くんだよ。 あなたは、何のために仕事をしていますか? はじめまして!心のコトを仕事をにしている西勝ユズルと申します。 これは、僕が社会人2年目に、仕事にも人生にも疲れてしまい、心が折れてしまった時、3億円企業の起業家先輩からの一言で仕事への気力を再度もらった、ストーリーです。 この先輩を本当に僕は尊敬していて、その方とのお話を共有したくて書きました。 あなたは、何のために仕事
只石 昌幸
2866
14

〜出逢い前夜〜僕がひとりの女性と出逢い、それまでのドン底から、経営者になって代官山に住むまでの話。

今、振り返っても・・一番辛くて、一番カネもなく、一番人生に投げやりだった頃に、彼女と出逢った 人生、 こんなはずじゃなかった・・・ 大学だって六大学に入れたし、就職は氷河期と言われる時代に第一希望の超優良企業である一部上場企業に入って、あれほど迷惑をかけてしまった両親に最高の親孝行をしたつもりでいた。 おかしいぞ。 「勉強して、良い会社に入社できたら、人生に勝てる」と教わったはずなのに・・・ 親や社
Himeno Sanae
1394
10

わたしは入社1日目で転職を決意した。

腐るな若者!のし上がれ!ここからが勝負ですよ! 新卒の方は入社して約半年。落ち着いて色々と考えられるようになった頃でしょうか。 新入社員 うわぁ・・。 この会社いったいどうなっているんだ。 この上司、このシステム・・本当にクソだな・・。 誰しも感じたことがあるでしょう。 そう、実は自分だけが感じているわけじゃないんです。 このように会社のクソっぷりにびっくりするなんて、誰しも一度は通る道なのです。
金子 輝昭
803
9

海外で起業し、【500万の赤字】と【リストラ】を経験してやっと学んだ「○○がない事したらあかん」という話。

Gong 皆さん。そして、将来の俺。○○のない事は絶対せずに、○○のある事を一秒でも早く実行すれば成功に近づく。二度と○○の大切さを忘れないために、二度と同じ失敗をしないために、そんなストーリーです。 この話はセブ島で起業し、東京に撤退する事になった僕の失敗談です。 初めまして!Gongです。 早稲田を退学して、20歳で公認会計士試験に合格し、 24歳の時にプログラマに転職して、25歳で独立。 そし
寺澤 浩一
943
5

17年前にタイムトリップ。社員7名だった楽天の三木谷会長は当時、何を語っていたのか。(その1)

1990年代終わり頃に書いたベンチャー経営者へのインタビュー記事、 ガンホーの孫泰蔵会長 に続いて、もうお一人ご紹介します。楽天の三木谷会長です。 三木谷会長へのインタビューは、1997年7月と1998年3月の2回にわたって行われました。今から17〜18年前のことです。三木谷さんが楽天の前身である(株)エム・ディー・エムを設立したのが1997年2月ですから、その数ヵ月後のことになります。当時の社員は
千葉 礼美
299
10

「みんなが2時間やるなら、あんたは4時間やりなさい。」

ぼくは勉強ができない 「ぼくは勉強ができない」という山田詠美さんの小説 に出逢ってしまい、そこから私は自分の出来の悪さをしょうがない!そうゆう仕様です!!と思うことにした。 この小説の主人公は、女の子にモッテモテで、年上の彼女のいる男子高校生。 成績はよろしくない。 彼は、「勉強よりも大事なことってあるだろう!」という思考の持ち主で、この考えに出逢ってしまった中学生の私は、「あ、それもありなのか」と
神崎 彰久
1160
10

Hi-STANDARDの音楽に魅せられた中学生が15年後ライブハウスのブッキングマネージャーになった話

Hi-STANDARDとの出会いは中学1年生。 そのころ頃俺は既に音楽が好きでギターもそこそこひけて、親父の影響でベンチャーズやフォークソングや当時流行ってたGLAYなんかをひいたり歌ったりしていました。 自分のまわりにはこの頃から音楽が好きな友達がたくさんいた気がします。 テンポもミディアムでなんならバラードが好きだった! 5歳から続けていたピアノの教室にその日も行こうと準備していた。小さい頃はマ
Kuribara Kao
443
12

定時制卒が帝六の博士さまに娶られた話 その2 ~純朴と真面目と偽りのマッチングシート〜

  その1で結婚相談所に入った私ですがその時29歳。  考えてみると定時制高校を卒業して丸10年です。その間におつきあいした人は全くおりません(笑) 2年フリーター、5年学校、3年勤務のその間は今思うと嵐のように忙しく、恋がしたいと思ってもそんな時間も心の余裕もなかったのでした(笑) 唯一おつきあいと呼べるのは高校時代3か月だけ清く正しい高校生らしい(笑)お付き合いした元彼くらいでしょうか?    
嶋津 桂子
5205
40

飲んだ帰りに紛失したパスケースを警察に届けてくれた人がお礼を要求してきたので会いに行ったら恐ろしいことが起きた

結論から言うと、 遺失物法 (落とし主と拾い主とのやり取りなどを、警察を介して行う法律。素人解釈)は、 遺失物 (落とし物)の 拾得者 (拾って警察に届けてくれた人)によって、 所有物の紛失以上のトラブルを招きかねない、 とても危険な法律 である。 ……もっとも、上記は今回の事件を受けたうえでの筆者個人の感想であり、「物を落とす方が悪い!」といった意見は正論であるが受け付けない。 ―――――――――
塩川 誠
313
6

500円ビニール傘のいい話

捉え方次第で、世界の見方は変わるものだ。 これは、そんな話。 私はまれに趣味で外国人観光客に東京を案内している。 先日案内したのは、ポーランド人の男女4人組。 日本のローカルバー、即ち居酒屋に興味があるというので、 早速、有楽町のガード下の飲み屋街へ連れて行った。 ちょうど混み合う時間帯で、呼び込みが声をかけている。 「へい、らっしゃい、らっしゃい」としきりに、手をパチンとならしている。 どうやら外

書きかけのストーリー

Abe Masakazuさんにもっと聞きたい話リクエストする

|