STORYS.JP

Hagiwara Masaru

Hagiwara Masaruの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Hagiwara Masaruの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

渕上 恭慎
822
9

国連で働くことをあきらめて、人力車の車伕になった後、起業した僕の物語。~①ゲイとの死闘&バックパッカー編~

知行合一(知識と行動は合わさって1つの知恵となる。)  僕はこれまで、この言葉をテーマに生きてきた。だから、知識を詰め込むだけの頭でっかちにならないよう、自分の経験を通じて学ぶことを大事にしてきた。今までやってきたことはこんな感じ。 ●大学4年間だけで、 1000冊以上の本を読んだ (主に哲学書、ビジネス書) ●初バックパックで旅した 東南アジアで盗難される (笑) ●インドでギターを背負って旅する
Kinoshita Yoshihiko
181
2

元気が出るよ、ベンチャーの仕事は。

ベンチャーの仕事ってのは普通はなかなか儲からない訳で。でも、そういう中で救いあげてくれる先輩、同世代や後輩がいてなんとかなっている。 まだまだ僕は生きているのも大変だけども。でも、こんなに毎日楽しく生きられることに対して皆に感謝しているんです。 先日プラスと言うアスクルを産んだ伝統ある企業の経営者にベンチャー五社とプレゼンに伺わせていただいた。 プラス今泉会長は、マーケットメイクをしろ。模倣して得た
佐藤 裕介
668
3

Google を辞めたのは

悶絶インザベッド。こういう時に限って買い置きのVittel もなく口の中と心をカラカラにして頭痛と戦いながら、仰向けに寝転がりラップトップを胸の上にセット、まくらを立てて首を起こし、病床コンピューティングを続けています。 このように久しぶりの風邪に完全に屈しながらも、先日婚活女子に問われたGoogle を辞めた理由をぼんやり熱っぽい頭で考えてみたら草むしりの原理に落ち着いたので、それについて書いてみ
藤井 拓也
976

ウジ虫に食べられたことがある

昔、アフリカに住んでいた頃の話。 ある日、突然脇腹が異様に痛み始めた。それはもう、キリとか刃物でザクザクと穴を開けられているような鋭い痛みである。マジでシャレにならない。 しかし、傍目から見ると脇腹には一切、外傷がない。なのに、寝ても覚めても痛い。シャワーを浴びているとき、うっかり温水を脇腹にかけると飛び上がるほどである。この痛み、経験したことのある人にしかわかるまい。 さて、2、3日たってもまるで

書きかけのストーリー

Hagiwara Masaruさんの書きかけのストーリーはありません

Hagiwara Masaruさんにもっと聞きたい話リクエストする

|