STORYS.JP

山下 昌志

2012年のこと。

もと引きこもり、シャイなチキン野郎ですが、
色んな世界で生きる人と会いたい!

その思いがドーンと爆発したのが今年の7月の事。

7月1日~7まで原付バイクで『とにかく人に会って話しかけて友達つくる!』をテーマに旅をしました。

三島⇒浜松⇒名古屋⇒奈良⇒大阪⇒志布志。

ゲストハウスを転々とし、旅の楽しさを知る。色んな人々の人生観、価値観を吸収する。ここで旅をいったん中止。

もともと、就活の波に乗れず1人悶々と7の付くコンビニの夜勤、美術館で監視アルバイトを繰り返す毎日。

酔っ払い、ヤンキー、入れ墨いっぱい入った人たちに夜な夜な絡まれ、
廃棄弁当をぶつぶつ喰らいつつ
朝日と共に眠り、起きると辺りは夜・・

「あああもうだめだ!!!」

心と体が悲鳴を上げた。どうしたら精神衛生上、よい生活出来るの?!

そしてひねり出した答えは

「あっ、、自衛隊入ればいいやん」

幸い、前年度に合格していた

「一般公募予備自衛官」

制度に乗っかる事にし、国防、治安維持の為、鉄柵の中を重たい銃や背嚢を背負いながら駆け回る日々。。。

日にちにして3ヶ月間、横須賀市
にて訓練を受けた。

●射撃優秀につき、中隊長賞を頂きました。ウレシイ!


現在は宮崎に潜伏中。

~~~~~~~~~~

都城生まれ、串間市本城育ち。


●沖縄県さつき幼児学園

・がじゅまる登りに精を出す。より高く登れるほどステータス。

●串間市立本城小学校

・全校生徒100人
・秋祭りパレードにて鼓笛隊の指揮者に指名されるも、あまりのプレッシャーに不登校になる。
・学習発表会にて、先生役で巻き返す。

●串間市立本城中学校

・野球部に入部。左ファーストの補欠として日々走り回る。肩が爆発する。
・「少年の船」に乗船し、一期一会の大切さと人と会う趣深さを学ぶ。
・生徒会選挙に落選
・転校

境港市立第2中学校

・野球部に入部、なじめず
・学祭で、友人の漫才の音響を担当する。大すべり。
・生徒会に落選
・不登校になる。
・新天地を求めて転校

●同市立第3中学校

・ヤンキーの巣窟
・修学旅行をエンジョイ。
・旅行後のGW空けから不登校に。

本城中学校
・出戻り
・友人の家を転々とする
・うわああああ
・よし、この町出ようか

宮崎日大高校・英語科

・寮生活を始め、ソフト部に入る。
・やっと生徒会選に当選。
・ボランティア部に入る。
・韓国のプサンにホームスティ(2回)
・カナダに行く
・生徒会長に当選する。長年の夢がかなう。会長として、NU祭、私学フェスティバルや栃木、東京、福岡、愛知、熊本と活躍する高校生のパワーをひしひしと感じる。
「高校生は無力じゃない!!」

・ファッションショー、合唱コンクールを創建する。後に合唱部になったらしい。
・と、とうきょう行きたい、、、

日本大学国際関係学部

・学園祭実行委員長として1万人規模のイベントを企画、実行する。

・学生ラジオ局のスタッフになるも、秒単位のと生放送のプレッシャーにやられ、逃げる。

ゼミ受験に落ちまくり、なぜかサイパンの植民地研究にハマり、戦跡観光ガイドを目指しかける。

まだまだ旅の途中です。



ストーリーをリクエストする

山下 昌志の人生のストーリー

【その1】大学卒業後、ろくに就職もせずにカケモチでしていたバイトを辞めて7日間だけの旅に出たら、人生が少しだけ明るくなった話。

大学4年。学生と社会の狭間をひたすら反復横跳び。絶好のモラトリアム期間である。 あれだけ長い、長いと思っていた大学生活が終わりを迎えようとしていた。 決して真面目とはいえない親不孝大学生だった僕は、4年の後期まで授業をこじらせた上、朝に寝て、夕方に起きるといった風に、体たらくな日々をひたすら消化していた。 学問を極めるべく入学した大学の4年間で唯一、打ち込めた事といえば学園祭の実行委員くらいだった。

【その2】大学卒業後、ろくに就職もせずにカケモチでしていたバイトを辞めて7日間だけの旅に出たら、人生が少しだけ明るくなった話。

2012年7月1日。僕はとうとう無職になった。  放浪。自分にとっては全く慣れない響きである。  僕にとっての「放浪者」とは、とてもワイルドで社交的で、何事にも捉われない人々の総称だった。 僕にはその何一つ、兼ね備えられていなかったのだ。内向的でコミュ症、八方美人を装い何かあるとすぐご機嫌伺いを始める。それに加えて、大卒で借金を数百万抱えて卒業し、アルバイトでなんとか生計を立てていたものの、そのバイ

学校に馴染めず中学を3回転校した引きこもりが、全校生徒1500人のマンモス高校の生徒会長になった話①中学生活卒業まで

ああ、、、もう限界だ、、、 「 どうしてこうなってしまったんだろう。」 ひたすら真っ白な天井を見つめ続けていた。 14才。健全な中学生ならとうに眠っている時間だ。試験電波発信中のカラーバーが、 7畳ほどの真っ暗な部屋を照らす。午前四時半。画面が切り替わり、日の出に照らされる富士山の映像が眩しく、僕の視力を狂わせた。 朝がやってきたのだ。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  

家にドロボーが入って、●●を盗られた話。みんな家にはちゃんと鍵かけようね。

突然ですが、宮崎出身の方って家にはあんまり、というか全く鍵かけませんよね?うちだけでしょうか? この話は、記憶が確かであるなら、僕が大学4年生で、静岡に暮らしていた時の話です。 当時は、大学の授業の単位をおおかた取り終わっていて、ひたすら夜勤のアルバイト(セ●ンイレブン)に打ち込む日々だった事をなんとなく覚えています。 常に寝不足状態で、太陽が昇ると同時に睡眠し、夜がやってくる頃に目をさます、そんな

【その3】大学卒業後、ろくに就職もせずにカケモチでしていたバイトを辞めて7日間だけの旅に出たら、人生が少しだけ明るくなった話。

【その1】大学卒業後、ろくに就職もせずにカケモチでしていたバイトを辞めて7日間だけの旅に出たら、人生が少しだけ明るくなった話。 http://storys.jp/story/8107 【その2】大学卒業後、ろくに就職もせずにカケモチでしていたバイトを辞めて7日間だけの旅に出たら、人生が少しだけ明るくなった話。 http://storys.jp/story/8141 ーーーーーーーーーーーーーーーーー

【その4】大学卒業後、ろくに就職もせずにカケモチでしていたバイトを辞めて7日間だけの旅に出たら、人生が少しだけ明るくなった話。

【その1】大学卒業後、ろくに就職もせずにカケモチでしていたバイトを辞めて7日間だけの旅に出たら、人生が少しだけ明るくなった話。 http://storys.jp/story/8107 【その2】大学卒業後、ろくに就職もせずにカケモチでしていたバイトを辞めて7日間だけの旅に出たら、人生が少しだけ明るくなった話。 http://storys.jp/story/8141 【その3】大学卒業後、ろくに就職も

4年目の3.11に想う、僕が予備自衛官を志すまで

3.11に想う まるで船に乗っているような、ゆったりと長く、奇妙な揺れだった。 大学3年も終わりに近づき、ひたすら家賃の安い家に引っ越そうと決め、不動産に敷金の交渉をしに行った時の事だった。 「東北で震度7らしいです。」不動産の受付の女性が、パソコン画面を見つめながらつぶやく。2時46分、奇妙な横揺れが僕の住む町を揺らした。 幸い震度は4程度でたいした被害も無く、「たまにある、大きめの地震だろう。」

偶然の再会と、手紙

2週間の出張が終わった。予想していたより全く疲弊していないのですんなり日常に戻れる予感がしている。何事もなく、無事宮崎の土をふたたび踏めた事に、ただただ感謝である。ひとまず先祖の墓に手を合わせに帰省した。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 10月3日。 いつの間にか、10月を迎えた宮崎へ飛行機で戻るべく、京急で羽田空港へ向かった。 搭乗開始時刻は定刻。僕は決まっていつも、後方座席の窓側の席を希

読んでよかったストーリー

山下 昌志
137
4

4年目の3.11に想う、僕が予備自衛官を志すまで

3.11に想う まるで船に乗っているような、ゆったりと長く、奇妙な揺れだった。 大学3年も終わりに近づき、ひたすら家賃の安い家に引っ越そうと決め、不動産に敷金の交渉をしに行った時の事だった。 「東北で震度7らしいです。」不動産の受付の女性が、パソコン画面を見つめながらつぶやく。2時46分、奇妙な横揺れが僕の住む町を揺らした。 幸い震度は4程度でたいした被害も無く、「たまにある、大きめの地震だろう。」
大塚 雄介
152
5

3.11の記憶。そしてこれから。

平凡な日常 あの日、私は東京の有楽町でお客様と商談をしていました。それまで何一つ特別な事のない日常でした。14時からお客様に自分の提案を説明し、今後のことを、ある程度予測出来る範囲で話していました。たぶん、今回の震災がなかったら、なにひとつない、普通の日常だったと思います。 説明も一通り終わり、具体的なサービスのデモに入った時でした、はじめの瞬間は、「お!大きい(地震)」位の感覚でした。しかし、次の
Kuchiki Seiichiro
529
8

友だちが死んだ

友だち(Y)が死んだ。僕は「バカだなー」と思った。 死んじゃうなんて、バッカだなー、って。 ちなみにYが死んだのはぜんぜんYのせいじゃない。 むしろYはできるだけ生きようとして持病の手術をうけて、でもその手術が失敗して死んでしまった。誰のせいかという話ならYが死んだのは医者のせいだ。 なんだ、医者なんて白衣を着て偉そうな顔してふんぞり返って、人ひとり助けることもできないの。 でも僕は医者の卵だ。サイ
アルバート 伊藤
116
1

悪ガキ5人組がサイパンで遭遇したグリーンモンスター!!、の謎が高校生になって分かって腰抜かした話。

夏なのでそろそろ怖い話をするべきだと思いました。 怖いというか、人によっては感動するかもしれません。 僕は少年期をサイパンで過ごしておりました。小学校4年生の頃の話です。学校の授業で海外沿いのゴミ拾い活動がありました。 クラスにはヤンチャで家庭環境が漫画より複雑な悪ガキ5人がいて、僕はその一人でした。そんな悪がきファイブは同じ班になってゴミ拾いを始めるのですが先生の目を盗みドンドン遠くへ進みました。
KIKUCHI YU-KA
126

都市部・地方都市・そして田舎で暮らした私が教える、田舎ライフの落とし穴8つ。

定年退職後に田舎で第2の人生を!とか 脱サラして田舎で農業はじめました!とか 地方新聞の紙面にはツアーを組むだのなんだの、よく企業や人の誘致の記事が載っている。 ※リアルにこんな感じの線路です。 田舎にも都会にもそれぞれメリットはあるだろう。 しかし私はなぜわざわざ都会から田舎に来るのか、その理由がさっぱりわからない。都会で生まれ、田舎で育ち、現在そこそこ大きい地方都市で暮らすわたしが、今後田舎での
だい ちゃん
11030
67

『1級身体障害者』が『自殺』をする為に全国を旅した話

プロローグ これから、私が自殺未遂をした時の体験談をお話しようと思います。この物語はノンフィクションです。 私は腎臓が死亡してしまって、人工透析という延命治療を行っている1級身体障害者です。 週に三回、1日五時間の延命治療が必要で、その副作用として重度の睡眠時無呼吸症候群、欝病、強迫性障害(不潔恐怖症)、アトピーなどを発症して生活を送っていました。 私は自分が自殺未遂をするまで、 「死ぬ覚悟があれば
Harada Hideyuki
49

「ベルボーイの夢 in ベトナム」のお話

ベトナムで宿泊するいつものホテルで、いつものベルボーイが僕を迎えた。 そしていつもの決まった日本語の台詞で僕のスーツケースを運んでくれた。 「おかえりなさい、お元気ですか?」 相変わらず上手になっていない発音で矢継ぎ早に僕に話しかけてくる。  「今回はベトナムの他はどちらの国を訪問するのですか?」  「お仕事は順調ですか?」  「お体はよろしいですか?」 インドネシア⇒マレーシア⇒ベトナムと旅してき
畠 由起子
797

パリ留学時代に経験したセレブ生活

私の人生を変えた出会いについて書きたいと思います。 私は25歳のときフランス、パリに留学しました。 留学費は自分でアルバイトして貯めました。 大学で仏文学を学びながら、夜は日本料理店でアルバイト。 ある日、お店に韓国人のお客さんがやってきました。 彼は日本語がペラペラで接客するうちに、私を気に入ってくれたようでした。 「フランス語話せるんでしょ?」と彼が聞きます。 勿論、大学は仏語専攻でしたし、今も
橘 隆弘
13

僕と音楽と日々【その1】僕がギターを始めた理由

「お前受験終わったらギターでも始めてみれば?」 10年前の夏、父のその一言が少しは人生を変えたのかもしれない。 僕は、東京でサラリーマンをやってる25歳。既婚。 ギターを弾く 10年前の夏。小学生の頃から続けていたサッカーを引退し、高校受験が間近に迫った頃。 晩御飯を家族で食べに行った帰り道に楽器屋の前を通った時、父がふと思いついたように、言った。 ただ酔っ払った思いつきで言ったのか、はたまた部活で
Dra gon
392
2

なぜ「ニューヨーク=自由」「日本=窮屈」なのか

「ニューヨークってほんと自由を感じるよねー。」 「俺はもう日本じゃ生きられないなー」 日本=窮屈  NY=自由 よく使われるこの対比。 実際そう言う人をたくさんみてきた。 たしかにこっちに来ると本当に自由を感じる。 本当にのびのびできる。 理由はいろいろとあるが、 ぶっちゃけ最たる要因は、 「自由に好き勝手いる人」の相対量の差である。 ニューヨークにはそんな人が 世界中から集まってきているのだ。 で

書きかけのストーリー

山下 昌志さんにもっと聞きたい話リクエストする

|