STORYS.JP

伊藤 将也

伊藤 将也の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

伊藤 将也の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

菱沼 真
15256
31

大学生が22歳の時にたった3か月で500万円貯めて憧れのドイツ製最高級車BMW M3を買った話

これは友人JUNの語であり、JUNの言葉を僕(Makoto)が文字に起こしたものです。 【Makotoとの出会いは、3年ぶり。そして、運命はmixiから始まった】 きっかけはmixiだった。 大学3年21歳の秋に、当時友人間で流行っていたmixiにて高校の同級生と3年ぶりに偶然、再会した。 彼は高校時代部活が一緒だったMakotoである。 正直自分とはタイプが違うと思っていたが、当時の軟式テニス部を
坂内 秀洋
520
9

【最終話】『僕の宝物』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜

11日目。最終日… ピピピッピピピッ 携帯のアラームの音に、一瞬にして眠りから覚めた。 時刻は朝5:30。 昨晩、23:30くらいに睡眠薬を飲んだにも関わらず、頭はスッとしていた。 眠ることなんかよりも大切なことがある。 今日は旅の最終日。 日本海はもう目の前。 僕の旅は終わる。 最後に朝の日本海が見たいんだ! 僕はいつも通り、足にテーピングを巻き、出発の準備を整えた。 足に出来たどデカいマメが、昨
坂内 秀洋
740

【第12話】『答えを出さなきゃ…』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜

5日目。 おはようございます。 目を覚ますと、犬の散歩をしているおばちゃんがいた。 「あ、おはようございます。」 ちょっと焦ったけど、とりあえず挨拶をし、危ない者ではないことをアピール。 「寒いですね。」 なんて少し会話をしたけど、 外で寝てるんだから、そりゃ寒いに決まってる。 僕は、ここにいるのが気まずくなって、 トイレで身支度をし、出発の準備をした。 寒くて何度か目が覚めたけど、足の痛みは取れて

書きかけのストーリー

伊藤 将也さんの書きかけのストーリーはありません

伊藤 将也さんにもっと聞きたい話リクエストする

|