STORYS.JP

森 雅也

森 雅也の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

森 雅也の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

大貫 恵
11061
132

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ3(本編)

前編・後編お疲れ様でした こんにちは、おおぬきです。 長々と暗い話にお付き合いくださり、ありがとうございました。実は私が本当に書きたかったことは、こちらの本編です。もう少しお付き合いください。 旦那が死んでそれからどうした? 行動①家を出ました 旦那の四十九日が終わってすぐ、一緒に住んでいた家を出ました。これはお義母さんからの提案でした。多分みんな 「家出るの早すぎない?」 って思うかもしれません。
馬場 猪木
1082
4

~リストラの舞台裏~ 「私はこれで、部下を辞めさせました」 10

彼の目には、日増しに殺意が宿っていった(2)|関取くんの優しさに涙を堪えた日。 気弱な関取が自分の元にやってきて、数ヶ月の二人三脚により再生させた。 それから2週間後くらいだっただろうか。再びシコを踏み始めた関取の処刑を命じられたのは。 ■処刑リストのトップに名前のあった関取くん 関取くんとの祝勝会を終えた2週間後。わたしは、件の『自己都合を強要するリストラ』を命じられた。自分の部下を数十名、退職に
馬場 猪木
12282
4

~リストラの舞台裏~ 「私はこれで、部下を辞めさせました」 4

会社はリストラに対して、辞めさせられる社員のためであるという大義名分を打ち出した。否定の声をあげられなかったわたしは、リストラ対象者の処刑人を請け負ったのだ。 頭のなかだけではなく身体中を駆けまわっていた怒りという感情は、 会社に向けられると同時に、無力な自分自身に向けられていた。 後に告げられる具体的な処刑方法について、相槌すらなく聞いているだけだった。 具体的な内容としてはじめに伝えられたのは、
荒木 賢二郎
137
4

暗闇の中でジャンプ-2ヶ月の熱狂と発表前夜の不安な気持ち

明日というか今日10/10(金)は人生でも忘れない大きな節目になるかもしれない。 12時か13時ぐらいに、今進めていたAHEADというプロジェクトの情報が解禁になり、クラウドファンディングキャンプファイヤーでの先行予約開始と、プレスリリースを出す事になる。 http://camp-fire.jp/projects/view/1278 【気軽な発案】 8月上旬から2ヶ月間、とても色んな事が合った。 社
山本 顕太郎
2389
47

家庭崩壊で鬱病寸前だったクレープ屋の僕が、○○○に出会って人生が180°変わった話

<第1章> 『絶対にすぐ潰れる』 友人や親戚にそう言われながら開業したクレープ屋が 8年目 に入った。 今だから言えるが、僕自身も 「もって2年だろうな」 と思いながら開業したのである。 ■「もって2年だろうな」と思った理由は2つある。 ① 自分の納得のいくクレープが完成していないのにオープンせざるを得なかった。 ② そもそもクレープ屋なんて都会もしくは大型ショッピングセンターでしか成立しないと思っ

書きかけのストーリー

森 雅也さんの書きかけのストーリーはありません

森 雅也さんにもっと聞きたい話リクエストする

|