STORYS.JP

Ooshima Masayuki

Ooshima Masayukiの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Ooshima Masayukiの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

Yamauchi Nobutaka
300
4

[あとがき]友人Bの死が、俺に与えてくれた物

 ここまで読んでくれてありがとう。 まずは、最初から読んでいただいた方 途中からでも読んでいただいた方 お礼を申し上げます。 ほんまにありがとう。 今回このストーリーを書くにあたり 人の死をどこまで描くか? 俺のことをどこまで話すか? ショッキングな話題についてきてくれんのか? 暗い話でうんざりせぇへんか? 様々な苦悩がありました。 嘘は書いていませんが 読みやすくするために俺なりに あった場面のカ
Shono Maho
3208
18

第6話 ワクワクで生きる。【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】

第六話 ワクワクで生きる maho …申し訳ございません!辞退させて下さい!! 深く頭を下げたその足は、小刻みに震えている。 緊張と不安で胃がキリキリした。 ーうん。これでいいんだ。 震えるからだとは別に、心はしっかりしていた。 この日、私は自分の人生で大きな決断をした。 それは7年間追いかけてきて、そして自分の全てだった "デザイナー"になるという夢を捨てた日だった。 そして、"自分を生きる"と決
円山 嚆矢
1029
12

【リメーク紙書籍化決定】『早稲田出ててもバカはバカ』試し読み(商品無料サンプル)

2014年8月に投稿し反響を頂きました拙著が2015年4月に電子書籍されamazon(kindle)のノンフィクション部門で2位を獲得することができました。 お陰様でその後複数の出版社からオファーを頂きこの度、2015年9月30日に「ぴあ」さんより紙書籍として出版する運びとなりました。 電子書籍の内容は大幅に書き直したリメーク版となります。 少しでも多くの方に読んで頂きたく、こちらにサンプルをUPさ
清水 舞子
543
14

[書き途中]絵の具も買えない程貧乏だった私が多摩美を中退しビジネスを志し明治大学に合格。しかし納金直前に70万を失う危機にみまわれるも歌舞伎町で1番になり無事入学できたお話[ちょこちょこ更新]

自己紹介するのが恥ずかしいので、文字におこしておくことにしました。 こんにちはしみこです。 このたび会社を設立いたしました。(祭.inc) 多くの人に会わせて頂く機会を頂くのですが、あまりにも私は人見知りで、なかなか自分の話ができません...。私の過去の話なんてあまり皆様の役にたつものでもないですしね。 歌舞伎町では、 6ヶ月で3550人の初対面の方とお話した んですが,,,,おかしいなあ。笑 なの
水元 英登
353
10

【くれくれ体質なクズだった私が「180°変わって」会社を興した話】はじめての海外オーストラリアで過ごした1年

オーストラリアには、 “なにか” がある・・・ はじめまして、 水元英登 (みずもと・ひでと)と申します。 私が大学生の頃のこと。誰にも相談することなく オーストラリアに1年行こう と決意します。 これは、 生まれて初めて の海外渡航となります。 私に多く事を与えてくれた “たったひとつのきっかけ” の話です。 あなたはオーストラリアについて どれくらいご存知ですか? オーストラリアは日本から南へ、
宇野 成人
317

捨てられた男娼の気分って、わかる?

何が楽しいんだアイツら。バカか? 黒板消しでサッカーをやる同級生を冷めた目で見ている。 メンズノンノの創刊号を、机に脚を乗せながら独り読んでる中学2年生。 若き日の阿部寛 14歳の僕だ。 時は今から約30年前にさかのぼる。 1980年代前半、日本はまさに、これからバブルに突入していく時代だった。 この物語は、人の愛し方が解らず、愛されても気が付かなかった少年の物語。 宇野 成人(マサト) 現在は43
Saitou Shouko
320
11

主婦がいきなりラーメン店を開業する話 それも内装から新商品まで手作りで その8

「バイトしてみない ?」 その一言で息子の心の何処にどのように響いたのかは分かりません。 でもちょっとだけその気になって 「やる」 と言ってくれたのは嬉しい誤算でした。 仕事は楽しくないと。 全く初心者の息子ですから当然失敗もあるけれども、出来れば褒めて。 息子のはじめての営業日には、心配して来てくれた友人も察してくれて。 「○○(息子)の作ったケーキ食べてみたいんだよぉ、メニューに入れてね」 な
北條 だいすけ
30

Vol.2『高校中退→夜逃げ→?』クズで波瀾万丈な話

では、その続きです。 こちらは前編↓ 『高校で上の下クラスだった僕が、プロテニスプレーヤーを目指した』話 そんな毎日にホトホト嫌気が差して来たある日、上を見上げると、 向かいの建物に張って ある広告 に目が止まった。 「通信制○○高校・願書募集中」 これは、、 と思った。 「ここに移ればテニスに打ち込めるじゃん!」 ということで、早速両親を説得。 納得してもらうまでに3ヶ月ほどかかりましたが、 学校
戸田 光司
60

アホの力 序章 1-1

何か行動を起こす時、必要なモノって何だろうか? 私は今、福島県は南相馬市で、一般社団法人『みんな未来センター』(通称『みみセン』)の代表理事をしている。みみセンは南相馬を、新しくてオモロい街に作り替えてしまおうと、2012年に立ち上げた団体だ。ご存じの通り南相馬は、東日本大震災の被災地であり、福島第一原発の放射能漏れ事故の被害を受けた街である。そんな場所で、人や街を盛り上げ、元気にする事をコンセプト
たつみ かずき
512

「楽しいこと以外やらない。」そうやって生きていくことだけ、決めました。

たつみかずき。27歳。職業:自営。バツイチ子無し。 こんにちは。 長野県小谷村-OTARI-の古民家で宿を運営しているたつみです。 自分の過去を書きまとめる作業、2回目でございます。 誰もが持つ過去から紡がれる物語の断片を。 自己満足にもネットの世界へ解き放つ次第です。 お暇な方はどうぞお付き合いいただければこれ幸いにございます。 -2006年4月 20歳となった大学二回生の春。 ぼくはリア充にも程

書きかけのストーリー

Ooshima Masayukiさんの書きかけのストーリーはありません

Ooshima Masayukiさんにもっと聞きたい話リクエストする

|