STORYS.JP

しまふじ ますみ

全米5大コンサルタント、ジェイ・エイブラハムやマークVハンセン、ロジャードーソン等の日本エージェント代表。問題児からデザイナーになるも勤務続かず。結婚もDVで破局。シングルママとしてのキャリアダウンから再起し、52歳で1億円売上げるに至るまでのドタバタストーリー

ストーリーをリクエストする

しまふじ ますみの人生のストーリー

50歳のバツ2ママが、突撃アメリカで大富豪に直談判しビジネスチャンスを掴んでしまい・・そこからが本物試練の始まりだった件。そのゼロ回

人生なんて、何が起きるか予測不可。 地元公立中学の、初回英語授業のことだった。 「This is a pen」を、教師に当てられ、前から順に発音していく。 一人ひとりに、「Very good!」とか「Good」なんて 新米英語教師で担任の女性教諭が応えていく。 わたしの番が来た。 「じすいずあーぺん!!」 言えた〜〜!! 「ha?」と教師。 その後何度かの、「じすいず」のリピートののち、 美しい女性

英語がどれほど苦手か・赤点だったか。。。

①『50歳のバツ2ママが、突撃アメリカで大富豪に直談判しビジネスチャンスを掴んでしまい・・そこからが本物試練の始まりだった件。』序章その1(シングルになった経緯)

人生なんて、何が起きるか予測不可。 地元公立中学の、初回英語授業のことだった。 「This is a pen」を、教師に当てられ、前から順に発音していく。 一人ひとりに、「Very good!」とか「Good」なんて 新米英語教師で担任の女性教諭が応えていく。 わたしの番が来た。 「じすいずあーぺん!!」 言えた〜〜!! 「ha?」と教師。 その後何度かの、「じすいず」のリピートののち、 美しい女性

ADDかアスペルガーか。逃げてばっかの人生

②『50歳のバツ2ママが、突撃アメリカで大富豪に直談判しビジネスチャンスを掴んでしまい・・そこからが本物試練の始まりだった件。』序章その2(シングルから再婚へ)

(前回までのあらすじ)中1初回授業で英語の発音を酷評されて以降、勉強はもはや、自分の人生とは無縁と判断し決別(笑)。ファッションデザイナーを経て結婚した相手は、徐々に暴力がエスカレート。調停委員に「逃げなさい。命あってこその人生よ」と指示され、仕事を捨てて逃亡。 逃亡 すでに離婚は成立しているものの、親権と養育費を争う調停が不発に終わった。 保育園から長女が連れ去られ、連絡もつかず、 元夫の家の前で

ながれ星さま、お父さんをください。

③『50歳のバツ2ママが、突撃アメリカで大富豪に直談判しビジネスチャンスを掴んでしまい・・そこからが本物試練の始まりだった件。』序章その3(再婚とオンライン空間)

あなたは母子家庭の実際を想像できない 私は手に職があったので、まだ、マシだった。 なんとかギリギリ食べて来られた。 でも、女性で子どもを抱えて、工場労働や水商売でなんとか生き延びている という人の生活に、思いを巡らせたことがあるだろうか? 彼女たちを責めることは、どうかやめてほしい。 今、人をつかえる立場になった私は、男性フリーランスではなく、 女性をつかう理由がそこにある。 男性は、いろんな事情が

読んでよかったストーリー

書きかけのストーリー

しまふじ ますみさんにもっと聞きたい話リクエストする

|