ストーリーまとめ - STORYS.JP

あなたにぴったりのストーリーが見つかる!ストーリーまとめ。
編集部があなたにあったストーリーをまとめてご紹介いたします。
「幸福だから笑うのではない、笑うから幸福なのだ」 - Alain「幸福論」

アランの「幸福論」の中の有名な一節です。
幸福というのは、待っていればやってくるものでもなく、何かが自分を幸福にしてくれるのでもない、自分で行動し、自分から求めるものだと説いています。
確かに、私達は幸せになりといと願いつつも、「いつか幸せになれる」、「誰かが幸せにしてくれる」と、幸せを待ってしまっているのかもしれません。
Download / By Chris Liu-Beers
人は皆大なり小なり幸せになることを求めて生きている生き物です。では、人が幸せを感じる時ってどんな時でしょうか?
家族、恋人、大切な人と過ごしている時・・・
おいしいものを食べている時・・・
仕事で充実感を感じている時・・・
人が幸せを感じる時は様々にあります。でもきっとどんな時でも共通しているのは、「笑顔」になれることではないでしょうか?
誰かが笑うと自然と周りも笑顔になります。笑うと元気が出ます。楽しい時、嬉しい時はもちろん、辛い時、苦しい時こそ、私達は笑って乗り越えていかなければならないのかもしれません。笑うことで幸せをつかむのです。

今日は、そんな笑って乗り越えていく人生をテーマにまとめてみました。読むだけで笑顔になれる、そんなお話をお届けします。


言葉が通じない国で・・・

今は、帰国子女枠で日本の大学進学決定。高校時代は、言葉がさっぱりわからない国で靴を食べていた。

私高校時代は、言葉がさっぱりわからない国で迷走に迷走を重ね、靴を食べていました。
馬鹿丸出し。

いきなり笑えます(笑)
高校受験めんどくさいし、高校受験のないスペインの学校に行こう!と軽い気持ちで決めた留学。その先にはとにかく波乱万丈の人生が待っていました。
「自分最強だし、なんとかなるっしょ!」なんて甘い考えで過ごし、どうにもならないことを思い知る彼女ですが、実はしっかり目の前のことを「やる時やる」の精神で乗り越えていくのです。
高校時代の自分を振り返り、彼女はこういっています。
若いうちの勢いも大切ではあるのかなあと思います。
婆の癖に青臭いことを言わせていただきますと、一回しか無い人生なんだから、好きなことをしたほうが良いに決まっていますものね。
ちょっと人とは違う進路を選んだって、正直全国探せば同じようなことをしている人は意外といるものです。
なので「自分の限界はきっとここまでだから」と一歩引いてしまうより「よお分からんけどできるんじゃないかしらん」と自分のしたい道に進むのが、最後の最後にはハッピーになれるのでは無いかと思います。

辛いことも、困難なことも、笑って乗り越えていく筆者の姿が目に浮かぶストーリー。自然と元気がもらえます。

みんな違って、みんないい

僕が外国人に間違えられたエピソード7つ


僕は決して、スペイン人ではない。

殿堂入りのことストーリー、読んでない人はいませんか? とにかく笑えて和むストーリー。文字通り読むだけで笑顔になれます。

①職務質問で、麻薬ディーラーに疑われる
②空港では、外国人ゲートへ必ず誘導される
③豚カツ定食を注文したら、僕だけフォークがついてきた
④大学の授業では、留学生として扱われる
⑤ワールドカップの試合後に罵声を浴びる
⑥アップルストアでは、必ず外国人スタッフの方が僕の接客担当になる
⑦サッカーの試合前に、周りの期待値が異常に高い

出逢う人全てに「ハーフ?」、「日本語上手いね!」と言われ、すれ違う人全てに観光客だと思われて20年間生きてきましたが、こんな人生を歩んできて、何よりも今感じることは「みんな違ってみんないい」ということです。

大事なのは心。筆者のおおらかな心がこの理不尽な生活も笑って乗り越えていけるんですね。
どのエピソードも半端なく面白いストーリー。あなたはどのエピソードが特におすすめですか?

「笑い」の姿に涙して

笑いの祭典「THE MANZAI」を見て、泣きそうになった話



次は少し毛色を変えて、笑いにまつわるほっこり涙のストーリー。
お笑い芸人流れ星と一度一緒に仕事をしたことがある男性。
昔からテレビが好きで、芸人が好きだったが
芸人自体にはあまり良いイメージを持っていなかった。
テレビの前ではテンションが高く面白いが、
カメラが回っていないとテンションが低くぶっきらぼう。
「流れ星」のことは以前からテレビで拝見していたが
お二人もそんな感じなのかなと思って打ち合わせに臨んだ。

そんな筆者のイメージは見事に打ち砕かれます。笑いで人の心を動かすことを志した人達の想いが伝わる物語。


笑うから、幸せ

こうして見ると、どんな人生でも、どんなストーリーでも、人の生き方には何らかの形で笑いの力が大きく関わっていると思えます。
笑うことで免疫力や自然治癒力が高まったり、ストレス解消につながったり、笑いは様々な効用があると言われ、心身ともに健康に良いことなのです。
何より笑うことで幸せになれること。笑って人生を乗り越えていくこと。人生において大切なことの一つではないでしょうか?
最後に、「幸福論」の一節を。
_____________________________________
幸福になるには、幸福になるしかたを学ばなければならない。幸福はいつでもわたしたちを避ける、と言われる。人からもらった幸福についてならそれは本当である。人からもらった幸福などというものはおよそ存在しないものだからである。
もしある専制君主がぼくを投獄して権力を尊重させようとしたならば、ぼくは毎日ひとりで笑うことを健康法とするであろう。足を強化するためトレーニングをするのと同じように、ぼくは自分のよろこびを強化するためトレーニングをするであろう。
しあわせだから笑っているのではない。むしろぼくは、笑うからしあわせなのだ、と言いたい。
_____________________________________
あなたにとって、笑うことってなんですか?


あの大震災から、はや3年が経過しました。少し前のお話ですが、東日本大震災の被災地で飼われていたペットの被災後に焦点を当てた映画「犬と猫と人間と2~動物たちの大震災」が上映されるという記事を見ました。
この作品は、
津波で愛犬を失った夫婦の喪失感、津波を生き延びた男性と野良猫の再会など、別れと出会いを映し出す

という内容だったそうです。
確かに、震災で痛めた方々の心の傷をペットたちが癒してくれた、という話を聞き感銘を覚えたものです。
また、この記事を見て2003年に出されたある広告を思い出しました。

人間は、いづれ死にます。ペットだって同じです。

これは日本ペットフードの広告で、一見ペットをこれから飼おうとしている人へのメッセージなのかな?と思っていました。確かにそれもあるかと思いますが、既にペットを飼っている人にも、いや、人間という「生」ある者すべてに、ものすごく突き刺さる内容でした。
下記、本文から一部抜粋します。
-----------------------------------
だけど・・・死ぬのが恐いからって言われたら、犬はもうお手上げだ。
すべての犬は、永遠じゃない。いつかはいなくなる。
でもそれまでは、すごく生きている、すごく生きているよ。
たぶん今日も、日本中の犬たちはすごく生きていて、
飼い主たちは、大変であつくるしくって、幸せな時間を共有しているはず。
-----------------------------------
確かに、「ペットと死」はつきものです。これは、もちろん人間にも言えること。また、ペットというのは我々人間に幸せな時間を共有してくれて大切なものを教えてくれる「神様からの贈り物」なんだと思います。

それでは、STORYS.JPに寄せられた「ペットと人間」の心あたたまるストーリー3つをご紹介します。

ネコだらけの生活

毎日が猫カフェ



どうやら生来の猫寄せ体質なのか
行き場のない猫たちが我が家に寄せ集まり
ふと気づけば最大8匹の大所帯になっておりました。

捨て猫を拾ってきたからというもの、その猫たちを大事に大事に育てつつ、また捨て猫を拾ってきて。気がつけば、猫だらけにの生活を送るMutoh Michiyoさん。猫ちゃんたちの成長過程や、そこでの気付きが微笑ましく綴られています。


救った命、戻った笑顔。

ゴミとして処分されかけた我が家の愛犬

私はこの子のおかげで命の大切さ、生きる力強さを再確認出来た事は宝物の出会いでした。ありがとう。

ペットショップのお手伝いをしていた丘 洋子さん。最初は、犬のことをもっと知りたいという気持ちでお手伝いを始めました。しかし、犬の意志に関わらず無理矢理繁殖させて販売しているという実態に直面します。そしてそこには、息絶え絶えで死んでしまいそうだったミニチュアダックスフンドの雄が1匹。かわいそうに思い、処分されかけていたそのワンちゃんを引き取ることを決意します。


プレゼントひとつで、笑顔はよっつ。

大嫌いで顔も見たくなかった父にどうしても今伝えたいこと。

イブの姿を見た父はとっても嬉しそうにしていました。
久しぶりにみる笑顔。隣で母も笑顔でした。
何年かぶりにみる、父と母の笑顔。
なんか、家族っていいなぁ。初めて本気で思ったかもしれません。
坪田 真紀さんの大嫌いだったお父さんが亡くなるまでを綴った感動のストーリーです。思わず目頭が熱くなってしまいました。闘病中のお父さんの為に、ラブラドールを飼い始めます。初対面したお父さん、そして家族4人が笑顔になりました。


死ぬのが恐いから飼わないなんて、言わないで欲しい。

ここにご紹介したのは、ペットと人間のすばらしい物語でした。そして、ペットへの想いについてすごく良く代弁してくださっているのが冒頭にあった広告だと思います。
下記に全文を引用させて頂いてます。少し長いですが、是非お読みください。ここまで読んでくださった方なら、きっと共感して頂ける内容だと思います。
---------------------------------------------------
おうちを汚すから飼わないというなら、
犬はお行儀を身につけることができる。
留守がちだから飼わないというのなら、
犬はけなげにも、孤独と向き合おうと努力するかもしれない。
貧乏だから飼わないというなら、犬はきっといっしょに貧乏を楽しんでくれる。

だけど・・・死ぬのが恐いからって言われたら、犬はもうお手上げだ。
すべての犬は、永遠じゃない。いつかはいなくなる。
でもそれまでは、すごく生きている、すごく生きているよ。
たぶん今日も、日本中の犬たちはすごく生きていて、
飼い主たちは、大変であつくるしくって、幸せな時間を共有しているはず。

飼いたいけど飼わないという人がいたら、伝えて欲しい。
犬たちは、あなたを悲しませるためにやっては来ない。
あなたを微笑ませるためにやって来るのだと。
どこかの神様から、ムクムクしたあったかい命を預かってみるのは、
人に与えられた、素朴で高尚な楽しみでありますよと。
--------------------------------------------------------
ペットをもっと、愛したくなりました?
海外旅行に出かけるとほとんどの人がぶつかるのが、「言語の壁」。

もっと話せれば現地の人と仲良くなれたのに…
あの時、あの人はなんて言ってたんだろう…
カフェで隣に座っていた女の子、可愛かったな…

なんて、もどかしい思いを経験したことはありませんか?
「これから頑張って勉強して、英語を話せるようになるんだ!!!」とモチベーションを高くして日本に帰っても……続かないんですよね…。
そんなときに、STORYS.JPを開くと、たくさんの人たちの海外に関するストーリーがあるので、モチベーション維持に役立ちます!
今回は英語がぺらぺらになりたい!英語を勉強したくてたまらなくなるストーリーをご紹介します!

英語ができない奴は底辺以下!!!世にも恐ろしいハプニングストーリー

アメリカで英語話せない二人が飛行機乗り遅れて死にそうになった話

英語が全くできない2人組が、アメリカ旅行で大変な思いをしたお話です。
日本に帰る飛行機に乗り遅れて、預けていた荷物を取りに行くことに。その旨を受付の女性に英語で伝えることができなくて、言われたのが…
         
ないものはない!それにあなたが何をいっているかわからない。英語が喋れないなら1分以内にここをでてけ!!

アメリカは怖い国と思いました。英語ができないやつは底辺以下という感じです
英語は世界共通語。
できないと現地ではこんな仕打ちをされるんですね・・・勉強しなきゃ・・・

「憧れ」と「悔しさ」を原動力にして英語をマスター

海外で生活してみて②inセブ島〜英語勉強について

高瀬 和哉 さん
シンガポールに旅行中、気が付いたことがありました。
それは、「朝から晩まで、やたら勉強している学生が多い」ということです。
欧米人の紳士から新聞の記事について議論?質問?のようなことをされても、余裕で英語で対応している。
観光ガイドで「シングリッシュ」なんて言われ"なまり"があるとされるシンガポールの英語。でもそんなこと関係なく彼らは

①社会的・経済的な問題について紳士と議論できるだけの教養がある。
②それを流暢な英語で行える(しかも彼らは中国語も喋れます!!)※中華系ならば

それに僕はなんとも言えない「悔しさ」と「憧れ」を感じたのです。
悔しさをという感情と同時に、目指すものを見つけたことで勉強に邁進することができたのかもしれませんね。行動し続ける上で何より大切なのは、「強い動機付け」です。
悔しかった思い出と、目標を設定することで、居ても立ってもいられなくなるくらい英語を勉強したくなるはず!

恋するために英語をマスター

大学時代TOEIC300点台だった自分が金髪美女と付き合いたくて英語を学び始め、結果ロンドンで仕事できるレベルに至ったそのプロセス2

Bana Choco さん
中学生の頃にキャメロン・ディアスの圧倒的美しさに魅了され、
将来、金髪白人の美女と付き合いたい!!!
と思ったことがきっかけで、大学4年生でフィリピンに語学留学。
3ヶ月でトップフィリピーノの心を射止める実力をつけた後、欧米に渡って金髪美女をゲットする!!!という計画をたて、フィリピンでは女性を口説く語学力をつけることだけに集中しました。
カリキュラムは無視でおしゃべりだけして会話の中で適切な表現、発音、そして文章の組み立て方を教えてもらった。そして毎日映画を見て覚えた口説き文句を先生に使っては笑われ、先生にラブレターを書いては赤ペンで添削されて戻ってくる日々が続いた。

映画を観に行き理解できないがその安さに満足し(約200円)、マッサージ1時間(300円)に行き映画で覚えたセリフでお姉さんをナンパ、夜は韓国人経営のレストランが多いということで韓国人生徒とたらふく酒と肉を食し(約500円)韓国人の女の子とのスキンシップを楽しみ、夜はクラブに行き(約300円)フィリピン人をナンパ、収穫なしの場合はフィリピンパブで(酒のみ約300円)フィリピン人に慰めてもらう

これらをストイックに続けることで、1ヶ月でフィリピン人女性を口説けるようになったそうです。勉強と言えども、実に楽しそうですね。
「恋がしたい」というのは何よりも強い動機付けと言えそうです。
英語ができないと恋ができない、という法律か何かができたら、日本中の人が英語ぺらぺらになると思います。

ここで「うおー猛烈に英語を勉強したくなってきた!!!」と思ったあなたへ朗報。
「自分にもできるかも」という希望を与えてくれて、さらに具体的な勉強方法まで教えてくれる夢のようなストーリーがこちらです。

これは永久保存版!英語の勉強法

英語偏差値30以下だったのに、どうやってアメリカ人と結婚出来るくらい英語力を伸ばせたのか?30代からでも全然遅くない、遊びながら英語が出来るようになる方法。完全版

Tommy 1031 さん
わたしたちは中学・高校と6年間、英語の勉強をしてきたはずです。なのになぜ、ほとんどの人が英語への苦手意識を持つのでしょうか。
皆さんは、今は忘れてしまっているかもしれませんが、6年間がんばって覚えて来た、単語や文法力を本当は持っています。みなさんが「英語が出来ない」と今思い込んでいるのは「話せない」からです。
でも、それは当たり前なんです。英語を話す訓練なんて、今までしたことがなかったんですから。だから、それをコンプレックスに思うことなんてないんです。
皆さんは「英語が出来ない」わけじゃないんです。
「今はまだ話せない」だけです。
すごく前向きな気持ちになってきました!!!
間違えた英語を話すことは恥ずかしいことではない。英語を話すことに抵抗を無くし、楽しんで使っていくことが大切だ、と教えてくれます。
続いて、予算や性格に合わせた学習方法を10個ほど提案してくださっていますので、自分に合った方法を見つけてみてください!

忘れていないですか?英語がぺらぺらになりたい!というその気持ち

いかがでしたか?
あなたの心の奥で埋もれていた「英語を話せるようになりたい!」という願望がむくむくと蘇ってきたのではないでしょうか。
その気持ちを忘れないようにSTORYS.JPに投稿し、それをたくさんの人に読んでもらうことで「モチベーションの維持」にぜひ、使ってみてください♪
STORYS.JPによせられる数々の恋愛ストーリー。その中でも特に女心をキュンっとさせるのが、男性が語る失恋のお話です。
なぜなら、彼らはどんなに理不尽に振られてしまっても、最後にはその彼女への感謝や、今後の幸せを願う言葉を綴っているのです。
恨まれたり、とんでもない女だった!とか言われても文句言えないのに!!女子は「元カレの悪口」で盛り上がるのが楽しい生き物なのですから・・・。
決して彼女を責めない男性たちの懐の深さに、尊敬と同時にときめいてしまうのです。ああ、この人の彼女になったら大切にしてくれるんだろうなあ・・・なんて。
今回は、女子がときめかずにはいられない男性の失恋ストーリーをご紹介します!

一方的に切り出された突然の別れ。その時、彼は・・・

5年付き合った彼女が、突然NYに渡米して消えたって話について 別れ=失踪篇

保井 康司 さん
連絡の頻度がめっきり減った、付き合って5年目の彼女。
久々にきた電話で衝撃の一言が・・・
彼女
私、歌の勉強しにNY行くねん。
彼は大大大大パニック!これが別れを意味することを悟る・・・
彼女
もう飛行機の時間やし行くな。
えええええええ?!?今すぐ発つの?!
ショックな気持ちを押し殺して「がんばってな」の一言をかけ、電話を切った後に大泣きしたそうです・・・これは、辛すぎる・・・
それなのに、彼はこのストーリーをこんな言葉で締めます。
今は結婚もしてるのか。子供もいるのか。
何も知らないし、別に知ろうとも思わへん。
あの時に彼女が下した決断で、今のボクがいるなら、それは正解やったと彼女に言える。少なくとも、ボクは今幸せな日々を過ごさせてもらってるし、それは彼女のお陰やろう。
どこで誰が見てるか分からん時代やからこそ、ここで伝えておこう。
「今やから思えることやけど、24歳の誕生日(翌日やけど)にステキなプレゼントをありがとう。オレは今、幸せに暮らしてます」

ショックで混乱してた状況でも「頑張って」と送り出せた彼。彼女から見えていないところでもとても素敵なメッセージを残す彼。なんて、なんて素敵なんだ・・・!

留学より彼女を選んだ。その決断の1週間後にまさかの展開・・・

【偶然には意味がある】

長坂 賢介 さん
米国の大学進学を目指して猛勉強していた彼。そんな時に、大好きな女性ができました。
その人は彼氏がいるけど、うまくいっていない様子。彼は猛アプローチしているなか、ある迷いが芽生えました。
留学と彼女、どちらをとるか・・・
彼は迷いに迷い、「まだ付き合っていない彼女との時間」を選んだのでした。その決断をした1週間後、まさかの展開が・・・
彼女
本当にごめんなさい。やっぱり彼氏の場所に戻ります。
が・・が・・・がーーーーーーんんん!!!!!!!
泣きながら謝ってきた彼女。「死の宣告」に等しいくらい、ショックで崩れ落ちそうな状態だったのにも関わらず、彼がかけた言葉がかっこよすぎる・・・
「いや、自分で決めたことだから後悔はしてないし僕は愛してる。自分の未来なんかより、目の前にあるあなたを本気で愛していたから僕は君を絶対に責めることなんかしない

去っていく彼女の背中を尻目に、彼は街中の公園で号泣・・・
そんな苦い苦い失恋を経験して、彼が今思うことは
僕の人生を変えた大失恋。バイト先からの出会いがまさか人生を大きく変えてしまう出来事に発展するなんて考えてもいませんでした。でも僕は未来より目の前の今を大切にすることを学びました。人生設計なんて自分でコントロールできるほど簡単ではないし、そんな倣慢になってはいけない。小さな出来事や小さな出会いに気付き、大切にし愛していくことの意味を彼女から教わりました。
自分の言葉に責任を持つと周りのせいにしない

ありがとう!僕の愛した素敵な女性。

高校生とは思えないほど達観した彼女想いな言葉。そして最後の一言・・・こんなこと、言われてみたい!!

大好きな女性と付き合った!幸せの絶頂時に、衝撃的な告白が・・・

「結婚する」ってクリスマス前に振られた話

重信 誠 さん
ずっと大好きな女性には彼氏がいました。彼氏からプロポーズされていたものの、猛アプローチの末、略奪愛に成功!
彼女
彼氏と結婚を想像したとき、幸せな姿は容易に浮かんできたわ。 だけど、あなたの笑顔がどうしても浮かんできて、あなたと一緒にいることを選んだの。
最愛の彼女にこんな嬉しい言葉をもえるなんて!!!嬉しくて、嬉しくて、必ず彼女を幸せにして、素晴らしい家庭を築こう!と心に誓った。
それから間もなく、彼女にこう告げられました。
彼女
あなたのことは好きだけど…元カレと結婚するわ。
呆然とする彼。理由を聞くも、彼女の決心は固かった・・・
それでも、彼は最後にこう振り返っています。
俺が好きになった女性には、ほんとに幸せになってもらいたい。
好きになった女性が笑顔で幸せに過ごす、これって素晴らしいことだと思うから。
失恋を繰り返して、男は磨きがかかっていくのかもしれない。
この話を笑って聞いてくれるまだ出会ってない、もしかしたら既に出会っているかもしれない、将来の良きパートナーに出会えることを信じて、俺はまた恋をしていこうと思う。
幸せになって下さい(*^^*)

幸せの絶頂から、突き落とされるように振られた彼女を思いやる器の大きなハートと、最後の顔文字に、惚れました・・・

男性は「別れ」に弱い

以上、男性3人のストーリーをご紹介しました。
女のウソは許すのが男だ
というのは「ONE PIECE」の色男、サンジの座右の銘ですが、それを彷彿させる男性の恋のストーリー。その懐の深さにキュンとしてしまいますね。
でも、実際に自分も過去の失恋の話(+相手への感謝の言葉)を赤裸々に書けるか、と言ったら・・・きっと答えはNOでしょう・・・なぜでしょうか。
最後に紹介した「結婚する」ってクリスマス前に振られた話 ではこんな興味深い話が綴られていました。
書店に行き、「男と女、なぜ別れるのか」という本を買って読んだ。
その答えはよく分からなかったが、一つだけ分かったことがある。
それは、「別れ」の時は圧倒的に女が強いということだ。
女は、過去の記憶なんかさっぱり忘れて目の前の恋に切り替えることができると。
それに対して男は、過去の記憶なんか忘れることはないし、楽しかった、好きだったと、余韻に浸ってしまう。
それが逆に苦しめることになるし、なかなか相手のことを簡単に忘れることは出来ないと。
愛している女と不本意で別れることは、男にとっては拷問だと。

「過去の思い出の脳内変換の仕方」は男性と女性では違いがあるようですね。切り替えてしまった記憶を呼び戻して綴るのは難しい・・・これは、仕方ない!
でも、せめて、元カレの悪口を言うのはやめようかなと、個人的に思います。

3.11。あの日から3年が経とうとしています。

私たちは何か変わったのでしょうか?変わろうとしたでしょうか?

メディアでは教えてくれなかった現実。あの日も変わらず普通に過ごすはずだった、一人一人の物語。


繋がらない携帯。日本の中心で


あの日、私は東京都心にいた。
ちょうど高いビルの前を通りすぎて、陸橋の上に差し掛かったとき。
ドクンッ
と、自分のまわりの世界の心臓が、波打ったような揺れを感じた。
一瞬何が起きたかわからなかったが、立て続けに大きな揺れがドクンドクンと
起き、「地震だ」と気づいた。


繋がらない携帯。動かない電車。溢れかえる帰宅難民。

震源地から遠く離れた都心で、何が起きているのかも分からないまま、必死に帰りを待っている人の元へ向かうある女性の記憶。


何も分からないという恐怖。海を越えたはるか遠く異国の地で

しもむら さきさん


あの日のことは、今でもよく覚えています。
5時間目の技術の時間に、机についていると先生が私に向かって手招きをしました。
なんだろうと思いながら呼ばれるままに向かうと、先生がPCを指差します。
Youtubeか何かを開いていたようですが、一面真っ赤に染まったそれが、一体なんの動画かすぐには分かりませんでした。
「大変なことになっているね」と先生が言い、初めて私は気がつきました。
動画には、日本語のテロップがついていました。そして見えるM8.0という文字。
画面の赤は、地震によって起きた火災の炎の色でした。


3.11当時、はるか遠くのスペインの地でいつも通りの日常を過ごしていた女性。

海外にいる以上、日本の情報というものは自分に届くまでにかなりの時間がかかるという。「地震が起こった」という日本にればまず全国の人が数分で知るであろうことすら、数時間立つまで気づくことすらできない。


ベッドから出た私は、その時日本で多くの人が地震の恐怖に耐えていただなんて欠片も考えずに朝ご飯を食べていました。
色々なところが火災に見舞われている中で、私は普通に学校に登校し、授業を受けていました。
たくさんの人が苦しみながら水に飲まれていた間、私は何も知らずにノートに落書きをしていました。
地震が起こったということが分かった時なによりも怖かったこと、それは「日本でとんでもないことが起きていた時に、知らなかったとはいえ自分はへらへらと笑っていた」ということです。


何も分からないという恐怖。

国という「大きな故郷」の意味を考えさせてくれる3.11の記憶。


被災地の現状とこれから

「被災地は復興したの?」岩手県大槌町で各戸訪問を続けるボランティアに聞いてみました。

Takada Chikashiさん



Sさん (アメリカ・ピッツバーグ出身)
復興は何割程度進んでいるのですか?
鳩岡 順一
直感的な印象ですが、1割だと感じています。仮設住宅を回っていると、「復興しているの?」という声を住民からよく聞きます。地元でも復興していないという声があります。


被災地から遠く離れた地域に住みながらも被災地に思いを寄せるかたがたと、現在も被災地で活動をされているボランティアとの間で昨年9月、Skypeを使い実際に交わされた会話の様子を中心に、震災発生から3年が経過しようとしている今、被災地の現状とこれからを考えるストーリー


自立という言葉をよく聞きますが、在宅避難者仮設住宅入居者みなし仮設入居者を問わず、被災地にはいまだ自立できる環境が整っていません。住宅を補修し住めるようになったとしても、復興住宅に移ったとしても、当然心の傷が癒えることはありません。


復興とは何なのか?自立とは?

当たり前だった日常を失った人たちをつなぐ未来の形。



今だから言える想い

フクシマで生まれて〜今だから言える、あの時のこと〜

二瓶 彩菜さん



2011年3月11日を境に私の地元・福島は、のどかな田舎町というイメージから一転、「被災地」となりました。


考えることをやめたあの日、辛いと言えなくなったあの日から3年

苦しさを声に出して苦しいと言えるように。今なお吐き出せない人たちが、想っていることを言えるように。



STORYS.JPに残る3.11の記憶。そのストーリー