ストーリーまとめ - STORYS.JP

あなたにぴったりのストーリーが見つかる!ストーリーまとめ。
編集部があなたにあったストーリーをまとめてご紹介いたします。
「今の自分が嫌だ!」
「自分を変えたい!」

そう思う時ってありますよね?
しかしこんな言葉もよく耳にします。

「人はそうそう簡単に変わらないものだ」

確かに、今まで当たり前のように過ごしてきた自分自身を変えるのは、どうしても難しいことのように思えてしまいます。

でも、ちょっとしたきっかけで変わることができた!そんな人もたくさんいるのです。そんな人達のストーリー、読んでみたくありませんか?

自分が変わるきっかけは、実はあなたのすぐそばにある?〜〇〇が私を変えた~

 
                                    
       
 episode.1 「モテたい」が私を変えた
              
                                    


「痩せたらモテる!」 〜先輩の一言を信じて頑張ってみたら〜


モテたくても高校2年の夏で身長150cmで体重65kgの見た目は完全に"肉団子系男子"。
それに加え"ネクラ"、"人見知り"、"人嫌い"の三冠王。
学校の行事も全く楽しくないし、なんのトキメキもなく、行事はただただ苦痛でしかなかった。
"モテる"とは無縁の思春期を過ごしていました。

全くモテない学生生活を変えたかった男が、先輩の「痩せたらモテる」の一言で猛ダイエットに励みます。
12㎏の減量に成功した彼はが気づいたのは、自分に自信を持つことの大切さ。

モテないのは太っているからじゃない、自分に自信がなかったからなんだ

「痩せたらモテる」が「自信を持てる」に変わった、思春期ならでは魅力が詰まったストーリーです!


                         

episode.2 「青い財布」が私を変えた

                         


財布を変えたら生活も変わる? 〜思い切って28万の財布に変えたら〜


始まりは青い財布。

「年収は財布の値段の200倍になる」

ふと手にとった本にあったこの言葉に動かされ、28万の財布を買ったことから生活が大きく変わっていく。
財布を買う。それだけの行動が次のチャンスを生み、チャンスがチャンスをつないでいく。(28万の財布ってちょっと普通じゃないですけど笑)
考え方も行動力も、どんどん変わって行く風上さんの姿に勇気を貰えます。
運命ってあるのかも。そう思わせてくれる壮大なストーリーです!


                         

episode.3 「失恋」が私を変えた

                         


良心は元カノの声をしていた


「おもしろくないって私がちゃんと言ってあげるよ」 自分の才能を信じて疑わなかった男を変えた失恋


僕は自分に文章を書く才能があると思っていた。
小さいころから本を読むのが好きで、ちょっとした文章を書くのが得意だった。原稿用紙数枚の作文なら、褒められることも多かった。中学生くらいまで、将来の夢は小説家だった。でも、根拠といえばそれくらいだった。
小説を書いたこともなかったし、書こうとしても続かず、それなのに自分の文章には妙な自信を持ったまま、高校生の僕はいつのまにか医者になりたいと思うようになり、何年か浪人して医学部に入った。

根拠はないけど自信だけが一人歩きしている時ってありますよね。
小説家になる。特に何もしていないのに自分の才能を信じ、上手く行かないことは全て自分以外のせいにして逃げていた男を変えたのは、恋人の悲痛な叫びでした。

書けばすごいっていうなら、書いてよ。書いて、読ませてよ。
そしたらわたしが読んでぜんぜん面白くないってちゃんと言ってあげるよ。

その後彼はものを書く仕事と向き合い、挫折し、そして這い上がります。
失恋をきっかけに変わる男の、「弱さ」と「強さ」が見所です!




人はきっと変われる!

紹介した一見異なる3つのストーリー。

「モテたい」 「財布を変える」 「失恋」

これらに共通して見える、著者さんたちの変わりたいというまっすぐな思い。

自分を変えるのは難しいようでも、物事を素直に受け止める気持ちがあれば、きっかけ一つで変われる。

あなたも自分を変えるきっかけを探してみませんか?







『自分を変えたい!でもなかなか実行に移せないあなたに必見! ~〇〇が私を変えた3つの話~』に関連したストーリーを書いてみませんか?

ストーリーを書く