STORYS.JP

Mayo K

人生に迷いながらアチコチ旅するマヨリスト。ミニチュア食品と回転寿司ラヴ。秘密結社と脱出ゲームに昂ぶる性質。シカケとナゾ満載の洋館を建てるのが夢。

ストーリーをリクエストする

Mayo Kの人生のストーリー

東京砂漠

大阪で生まれ育った私は、東京に行きたがっていました。 なんでかって? ナイショで漫画家になりたかったのです。 日本の出版社は東京にあるから、東京に行かなきゃ! と思っていたのです。 ちなみに、自分の作品を一度も完成させたことがなく、ただ東京にいけばよいと思っていました。ナイショにしてたということは、心のどこかで自分には実現できないとわかっていたのかもしれません。 とにかく、高校出たら東京いく! とい

マヨネ教で垣間見たTV番組の裏側

写真が苦手です。自意識過剰のため、モニターを通すとたまに外見がマヨ子になってしまうのです。ほどよく自然体の自分で写真にうつるのって難しい!  ・ ・ ・ ・ ・ さて、マヨネーズが好きな人を「マヨネーズ信者」と呼んでユルめのジョーク感覚で宗教に見立てたのがマヨネ教です。高校時代に友人間の遊びではじまったものが、大学時代にホームページ(絶賛放置中→ http://mayonnaise.jp/ )を作っ

あたりまえ?大袈裟?

「このあと急死すれば、これが最期の会話になる。」 私が人と話すとき、わりと本気で意識してしまうことです。 大切な人や、あまり会えない人との会話で、特に発動します。 震災で意識する人も増えたかもしれませんね。 私の場合、単純に小心者だからなんですけど。 一寸先は闇とばかりに常に怯えているのです。 あ、スタバのロゴとかも怖いです。 夫への挨拶 朝、私が出勤するとき。 家人に「いってきます」だけは聞いても

3月11日のこと

3月11日、職場で黙祷がありました。 はじまりの時間、2:46pm。 2年前、この職場、この席で、その時間を迎えていました。静かでゆっくりとした気持ちのわるい揺れが長い時間続き、周囲もザワザワしはじめました。 これ、私の眩暈じゃなくて地震? 会社支給の防災バッグとヘルメットの出番がきたか? でも、しばらくして揺れがおさまり、それだけでした。 広告代理店なので映像媒用にテレビモニターが並んでいます。そ

読んでよかったストーリー

書きかけのストーリー

Mayo Kさんにもっと聞きたい話リクエストする

|