STORYS.JP

谷口 明依

谷口 明依の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

谷口 明依の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

Sawayama Yohei
67
2

調理師免許

年明け早々にUPした写真に、たくさんLikeがついてたので、これに関するストーリーを少しだけ書いてみます。 大学・大学院の合計7年間、「なめらかプリン」で有名な、パステル新宿ミロード店というパスタ屋でバイトをしていました。調理師免許を取っている通り、主にキッチンでしたが、4年目くらいからはホールもやってました。 そもそもパステルで働き始めたのは2002年3月。高校時代、アルバイトを親
Sawayama Yohei
52

Scala Conference in Japan 2013の裏側

3/2-3に、日本で初めての大規模なScalaのカンファレンスが開催されました。 一般参加者200名、登壇者やスポンサー、スタッフも入れると300人規模。これに加えてキャンセル待ちが70人(会場の関係で追加販売できませんでしたが。。。)と、かなりの規模になりました。 また、開催中はずっとtwitterの日本のトレンド1〜2位に#scalaconfjpが入っていたのが、一番嬉しかったりします。 あと、
松本 かずえ
70
3

Startup Weekend との出会い

その日、2011年5月21日は、夕方から、四谷の麹町スクワールで開かれていた高校の同窓会に出席していた。私が卒業した高校は広島にあるのだが、卒業生の多くは東京に在住している。春と秋の年2回東京で開催される定例の同窓会には、その年に大学に入学したての18歳から車いすで駆けつける92歳までと幅広い年代が100名以上出席するのが常であるらしい。らしい、というのは、私はその同窓会の常連ではなかったのだが、た
阪口 ユウキ
39678
212

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

どんな仕事を選んでもええ。ただ、○○がない仕事だけはしたらあかんで! こんにちは! 個人でWEBサイトをつくりながら世界を旅している、阪口といいます。 僕は今の仕事をはじめてまだ稼げなかったとき、2011年9月~2012年4月まで、 大阪・あいりん地区のドヤ街で暮らしていたことがあります。 (詳しい経緯は「 鬱病で半年間寝たきりだった僕が、PC1台で世界を飛び回るようになった話。 」で書いてます)
mamita .
1711
22

「黒い下着」はセクシーか。誰も知らない実際のこと。

ごくプライベートな話であるが、下着は黒しか着ない。 なぜか。私の所持している下着はすべて黒だからだ。なぜか。 「同じ靴下を山ほど買うと洗濯後おそろいの靴下を探す必要がない」 というライフハック をご存知か。察しの良い方にはもうわかって頂けたと思う。そう、上下おそろいの下着を合わせるのがめんどくさい、という、モノグサの極みである。経年劣化で片方捨てても、どちらか一方だけ着替えても、全く問題が無い。 な
Sasaki Shin
2201
40

医者になれなきゃ死んだ方が良いと本気で思っていた高校時代のお話

◆落ちこぼれだった高校時代 高校時代、私はおちこぼれでした。どれくらいおちこぼれだったかと言うと、全国模試で数学の偏差値が38、おまけに足首を捻挫しているのがクセになっているので運動もまともにできない、彼女はいない、青春の思い出はゲーセンでのメダルゲームだけという素晴らしい灰色オレンジ・デイズを送っていたわけです。 とはいえ、最初から落ちこぼれだったわけではありません。高校受験をしていた時は第一志

書きかけのストーリー

谷口 明依さんの書きかけのストーリーはありません

谷口 明依さんにもっと聞きたい話リクエストする

|