STORYS.JP

Masato Miki



ストーリーをリクエストする

Masato Mikiの人生のストーリー

侍の衣装を着てヨーロッパを2か月ほど歩いたらどうなるか試してみた

サムライ・バックパッカーのすすめ 私は侍の衣装を着て東ヨーロッパを旅してきました。 「なにを馬鹿なことをやってるんだ」 と呆れられそうですね。 しかし、侍の衣装を着てヨーロッパを歩くと、あなたの旅が劇的に変わります。 まず、侍の衣装を着てヨーロッパを歩くと、 女の子にモテるんです! サラエボで出会った、トルコ人の女の子たち。 ムスリムの女の子(セルビア) エキゾチックなイスラム教徒の女性(ボスニア・

首長族の村に泊まり、タイの山奥で一緒に農作業をした話

  俺が望んでいたのはこれだったのか? 子どものころ、テレビの番組で、首長族のことを見たことがあります。 「ふわぁ、この世の中には、こんな不思議な人たちがいるんだ」 と感動したものの、まさか自分がいつの日かそこに行けるなんて、夢にも思っていませんでした。 ところが、東南アジア旅行の計画をたてていた時、首長族の村には比較的簡単に行けるということをガイドブックで知りました。 あこがれだった首長族の村に手

激動のウクライナを、侍の衣装を着て歩いてみた

 マイダン広場の決闘~キエフ 1. ベラルーシ~ウクライナの国境を通過したのは夜中の3時。 当然深い眠りについている時刻だが、容赦なくたたき起こされる。 いや、不穏な雰囲気で嫌でも目が覚めてしまう。 私のコンパートメントにも係官が乗り込んできて、パスポートをチェックする。 同室の他の人はみんなベラルーシ人かウクライナ人。 IDカードをさっと見るだけで手続きはあっさり終わったのに対して、なぜか私だけ時

金髪美女が、僕の部屋に泊まりに来た

 「あなたの部屋に、泊めてくれない?」 私のパソコンには、毎日のようにメールが届きます。 そこには、こう書かれてあります。 「あなたの部屋に、泊めてくれない?」 実は、私の部屋には、これまでに400人くらいの外国人が泊まっていきました。 といっても、私はホテルや旅館を営んでいるわけではありません。 ごく普通のマンションに住む、ごく普通の人間です。 毎週、時には毎日のように外国人が私の部屋に泊まってい

金髪美女が僕の部屋に泊まりに来た 第2回 

 ヴァネッサ 彼女の名はヴァネッサ。 オーストラリア人だ。 去年一年間は韓国で英語の先生をしていて、オーストラリアに帰る前に日本に立ち寄った。 オーストラリア人といえば、大柄なイメージがあったのだけれど、ヴァネッサはとても華奢な体つきをしている。 そしてなによりも、ものすごい美人。 これから数日間、こんな美女と一緒に過ごすことができるのか。 俺はなんてツイてるんだ! ヴァネッサ マサト、京都の街を案

金髪美女が、僕の部屋に泊まりに来た 3日目

 嵐の中で抱きしめて 台風が直撃することはわかっていました。 雨の中を観光するなんて、ばかげていると思いました。 しかしヴァネッサはそんなことにはおかまいなしです。 さっさと準備を済ませて、私を待っています。 確かに、京都を案内する、とは約束したものの、毎日のつもりじゃありませんでした。 しかも、台風直撃の日に・・・ 幸いなことに、雨は小康状態。 このすきに一つでも多くの観光地を回ってしまおう。 白

金髪美女が、僕の部屋に泊まりに来た 4・5日目

 俺の女に手を出すなっ! ヴァネッサが私のうちに来てからもう6日目。 できることなら、彼女との共同生活が永遠に続いてほしい。 しかし、世の中というものは思い通りにはいかない。 私の淡い期待をぶち壊す事件は、突然、勃発した。 貴船神社を後にした我々は、鞍馬山をハイキングしていた。 とても気持ちのいい天気で、しかも同伴者はヴァネッサ。 私は幸せの絶頂だった。 私とヴァネッサがおやつ休憩をとっていると、背

金髪美女が、僕の部屋に泊まりに来た! 4日目

 流しそうめん 本来ならヴァネッサは私の家に2泊するだけの予定でした。 しかし、台風のために丸2日間外出することができなかった彼女は、 予定を変更して、さらに数日間私の部屋にとどまることになりました。 やったー! なんとか雨もあがった今日は、貴船の流しそうめんに行くことに決定。 川が増水している時は中止になると聞いていたので少し心配でしたが、 お店は開いていました。 しかし、台風の影響で、川の流れは

読んでよかったストーリー

Masato Miki
651
5

侍の衣装を着てヨーロッパを2か月ほど歩いたらどうなるか試してみた

サムライ・バックパッカーのすすめ 私は侍の衣装を着て東ヨーロッパを旅してきました。 「なにを馬鹿なことをやってるんだ」 と呆れられそうですね。 しかし、侍の衣装を着てヨーロッパを歩くと、あなたの旅が劇的に変わります。 まず、侍の衣装を着てヨーロッパを歩くと、 女の子にモテるんです! サラエボで出会った、トルコ人の女の子たち。 ムスリムの女の子(セルビア) エキゾチックなイスラム教徒の女性(ボスニア・
Masato Miki
316
2

金髪美女が、僕の部屋に泊まりに来た 4・5日目

 俺の女に手を出すなっ! ヴァネッサが私のうちに来てからもう6日目。 できることなら、彼女との共同生活が永遠に続いてほしい。 しかし、世の中というものは思い通りにはいかない。 私の淡い期待をぶち壊す事件は、突然、勃発した。 貴船神社を後にした我々は、鞍馬山をハイキングしていた。 とても気持ちのいい天気で、しかも同伴者はヴァネッサ。 私は幸せの絶頂だった。 私とヴァネッサがおやつ休憩をとっていると、背
Masato Miki
227

金髪美女が、僕の部屋に泊まりに来た! 4日目

 流しそうめん 本来ならヴァネッサは私の家に2泊するだけの予定でした。 しかし、台風のために丸2日間外出することができなかった彼女は、 予定を変更して、さらに数日間私の部屋にとどまることになりました。 やったー! なんとか雨もあがった今日は、貴船の流しそうめんに行くことに決定。 川が増水している時は中止になると聞いていたので少し心配でしたが、 お店は開いていました。 しかし、台風の影響で、川の流れは
Masato Miki
546

金髪美女が、僕の部屋に泊まりに来た 3日目

 嵐の中で抱きしめて 台風が直撃することはわかっていました。 雨の中を観光するなんて、ばかげていると思いました。 しかしヴァネッサはそんなことにはおかまいなしです。 さっさと準備を済ませて、私を待っています。 確かに、京都を案内する、とは約束したものの、毎日のつもりじゃありませんでした。 しかも、台風直撃の日に・・・ 幸いなことに、雨は小康状態。 このすきに一つでも多くの観光地を回ってしまおう。 白
Masato Miki
664
1

金髪美女が僕の部屋に泊まりに来た 第2回 

 ヴァネッサ 彼女の名はヴァネッサ。 オーストラリア人だ。 去年一年間は韓国で英語の先生をしていて、オーストラリアに帰る前に日本に立ち寄った。 オーストラリア人といえば、大柄なイメージがあったのだけれど、ヴァネッサはとても華奢な体つきをしている。 そしてなによりも、ものすごい美人。 これから数日間、こんな美女と一緒に過ごすことができるのか。 俺はなんてツイてるんだ! ヴァネッサ マサト、京都の街を案
Masato Miki
1548
1

金髪美女が、僕の部屋に泊まりに来た

 「あなたの部屋に、泊めてくれない?」 私のパソコンには、毎日のようにメールが届きます。 そこには、こう書かれてあります。 「あなたの部屋に、泊めてくれない?」 実は、私の部屋には、これまでに400人くらいの外国人が泊まっていきました。 といっても、私はホテルや旅館を営んでいるわけではありません。 ごく普通のマンションに住む、ごく普通の人間です。 毎週、時には毎日のように外国人が私の部屋に泊まってい
Masato Miki
89
1

激動のウクライナを、侍の衣装を着て歩いてみた

 マイダン広場の決闘~キエフ 1. ベラルーシ~ウクライナの国境を通過したのは夜中の3時。 当然深い眠りについている時刻だが、容赦なくたたき起こされる。 いや、不穏な雰囲気で嫌でも目が覚めてしまう。 私のコンパートメントにも係官が乗り込んできて、パスポートをチェックする。 同室の他の人はみんなベラルーシ人かウクライナ人。 IDカードをさっと見るだけで手続きはあっさり終わったのに対して、なぜか私だけ時
本間 祥生
429
5

人生で一番モテた夜。〜男じゃつらいよ in シアトル

日本人はアメリカじゃモテない これは定説でしょう。 貧弱で自信なさげな日本人はいわゆる金髪碧眼の美女にはモテない。 そして日本人の中でもさらに貧弱な僕はびっくりするほどモテない。 生まれて初めてのナンパをしたり、筋トレをしてみたり、いろいろ頑張ったけどそれはもうモテない。定説はひっくり返せませんでした。ちなみに年上だと思ってナンパした彼女は高校1年生でした。成功してても犯罪だったから相手にされなくて
みかみ いちろう
1316

俺が財閥の家庭教師だったときの話1

これは俺が塾を始める前の話だ。 あの頃はゴルゴ13に狙撃されるとまずいと思ってさすがに封印していたが、今その封印を解くことにした。 初めて語るこの話は、少し長いので分けて書こうと思う。 なぜこの話を今になってするかだ… 俺を狙うかもしれないゴルゴ13がこんな名言を残している。 「……10%の才能と20%の努力………そして、30%の臆病さ……残る40%は……運だろう……な……」 えっ? 狙撃依頼成功率
Masato Miki
235
6

首長族の村に泊まり、タイの山奥で一緒に農作業をした話

  俺が望んでいたのはこれだったのか? 子どものころ、テレビの番組で、首長族のことを見たことがあります。 「ふわぁ、この世の中には、こんな不思議な人たちがいるんだ」 と感動したものの、まさか自分がいつの日かそこに行けるなんて、夢にも思っていませんでした。 ところが、東南アジア旅行の計画をたてていた時、首長族の村には比較的簡単に行けるということをガイドブックで知りました。 あこがれだった首長族の村に手

書きかけのストーリー

Masato Mikiさんの書きかけのストーリーはありません

Masato Mikiさんにもっと聞きたい話リクエストする

|