STORYS.JP

美濃 順平

2011年秋、サークル支援の不平等を同志社学生支援課と学友団に問題提起。

まずは新町BOXから改革致します。

『同志社の支援をもっと多くの学生に、適正な支援を』

【活動】
〈同志社大学学友団〉
学友団会議(立法権)の議長 兼
執行委員会(行政権)の委員長

〈徒歩通学ぽち〉
副代表 兼 広報局長

〈個人的〉
自転車で京都御所~皇居を旅した。

【執行委員会・学友団会議】
教育あり、
智識あり、
品行ある自治自立の人を―

学校と一緒に同志社大学を考える組織。
「学問の自由」「私学の営利主義」「人格形成」「大卒という資格所得」
今、大学が求めるものと学生が求めるものは食い違っているのかもしれません。
だからこそ、学生と学校が同志社大学を考える事が必要なのです。

ストーリーをリクエストする

美濃 順平の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

美濃 順平さんが読んでよかったストーリーはありません

書きかけのストーリー

美濃 順平さんの書きかけのストーリーはありません

美濃 順平さんにもっと聞きたい話リクエストする

|