STORYS.JP

遠藤 微録

遠藤 微録の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

遠藤 微録の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

大柴 貴紀
1279
10

16歳夏の忘れられない悲しい出来事

これまでの人生で最も勉強をした時期である中学3年の冬。僕の勉強机は家族の寝室の一角にあった。夜遅く勉強する時は部屋の電気を消し、机の蛍光灯だけで勉強した。傍らには家族が寝ていた。机の蛍光灯が寝ている母親の顔に当たらないように工夫したりした。この頃、母親の体調が急激に悪くなっていた。 母親の様子が少しおかしいなと気づいたのは秋くらいだった。これまで就寝時以外に横になっているのを見た事がなかったが、この
Nose Hiroyo
1406
36

忘れられない授業の話(1)

概要 小4の時に起こった授業の一場面の話です。 自分が正しいと思ったとき、その自信を保つことの難しさと、重要さ、そして「正しい」事以外に人間はどんなものに動かされるのかという事に気付かされた印象的な場面でした。 小4、国語の授業、定年間近の先生。 忘れもしないその授業は国語の授業でした。 担任の先生は定年間近の女性の先生。 (実際には年齢不詳で、そんなお年とは誰も想像していなかったのですが。) 説明
Matsui Takahiro
142

モテモテサッカー野郎どもと気弱な生物教師、そして勇気あるバスケ部女子の話ー僕の高校時代1-

高校2年の5月に生物の教科書を捨てたのは生物の教師が嫌いだったから、と書いた。もちろん好きではなかったけど、実は捨てたのは生物の先生なら怒られても平気だと思ったからで、かなり小狡い。 最悪、本当に困ったらまた買えばいいし、とにかく教科書なしで1年乗り切れるかということが当時の僕にとってはおもしろそうな遊びに感じられた。それで、生物の教科書は学校に行く途中のなぜかエロ本が発掘される竹藪の中に放り投げて
大森 拓也
252

あなたは鏡の法則を知っていますか? 知らないと死ぬかも知れませんよ

北海道で 女子高生が 親と祖母を殺した事件が ありました でも この事件には まだ続きがあります その女子高生を 守るために署名運動が あり 町の人口が8000人しかいないのに 一万人以上の署名が 集まり ニュースにも なっていました 被害者を守るためなら 分かりますが 今回は容疑者を守るための署名運動という 極めて 異例なことである では 何故 こんなことが起こったのか それはその女子高生が 親や
k s
82

小学生で株に挑戦、高校時代に半年間で200万を使う豪遊。そして、人生初の挫折……でも僕は夢を諦めない!

IT企業の社長でありながら、突如生命保険業界に関する本を執筆したという宮 光男氏。波乱万丈な人生を生きてきた彼のSTROYを、Kashiwada Shinがシェアしたいと思います。 小学生時代から 株で大もうけ ーー宮さんは、IT企業を経営してらっしゃるんですよね? それが、なぜ生命保険業界の裏側を暴露しようと思ったのでしょうか? 宮 光男氏(以下宮氏):小学校の時に家に出入りしていた保険の営業マン
佐藤 鳴海
26

裏切りの美学

そういえばこの前、彼氏に振られて凹んでる子に奢り目的で飲みに連れて行かれた時の話し。 「裏切られた」というワードが何回か出てきて、その時は半分聞き流して「わかるわかる」と共感してるフリをしていたが(笑) ふと、「裏切り」ということについて引っかかることがあったので書いてみます。 まず、「裏切り」が発生する前には「信じる」ということが必要。 「裏切られた!」感が高いということは、その分「信じていた」度
奥野 隆太
655
4

大卒1年のサラリーマンが100万円で飲食店を起業した秘話

これは私が大学を卒業して一年後に素人ながら発案から わずか1か月後にイタリアンダイニングバーを脱サラ開業した物語です。 22歳の起業決意 「10年くらい全力で働いて、実力をつけて、資金をつくって、起業してBIGになる!! 」 そう決めて入社したこの会社。 入社前は期待でいっぱいだった。 4畳半に二人暮らしの学生寮に住むほど貧乏学生だった私は、 お金に困らない裕福な暮らし を思い描いていた。 楽しみで
松井 貴宏
35

クラナドは自己啓発じゃねえんだよ

学生気分でシンガポールに来てるヤツがいる。 お前、何しにきてんの? 「マーライオンと一緒に写真撮りたくて~~~」 「多様性のある環境に身を置き~~~」 「シンガポールと東京の面積ってどっちが大きいの?」 とか。ふぬけた事を言ってるヤツがいる。 シンガポールに来たのはいいけど、 シンガポールに来ただけで多様性ある人間になった気になってる。 シンガポール人からは仲良くもないのに”日本人”ってだけで日本語
松井 貴宏
509

受験失敗したアニヲタを京大合格まで導いた、たった1つのモチベーション管理術

もう5年も前の事になるが、 11月になると今でも受験の事を自然と思い出す。 11月は夏までの努力の結果が一番目に見える。 「大学別模試」が実施されるからだ。 秋の「大学別模試」はほとんどの受験生が受け、 受験本番の前哨戦 の意味合いが強い。 京大を志望していた俺も勿論、 代ゼミ、河合、駿台の3つ全て受験するととした。 この時、浪人していた俺は、 既に受験勉強がぐだぐだになっていて、 秋にはアニメ視聴
細田 翔郁
271

”まだ本気出してない。。。”と逃げに逃げてた僕が、一瞬で寝る間を惜しむぐらい本気になった時に必要だったもの

あなたは自分自身の集中するタイミングを 自由自在にコントロールすることが出来ますか? 私はもう完璧です。 いつでも、どこでも、回りに誰が居ようと 集中することがで来ます! と仰る方は、今日のお話は 聞かなくても良いかもしれません。 ですが、、 ・なかなか集中することが出来ません ・取りかかっても気付いたら、ノートによだれがついています ・やらなきゃ行けないのは分かるのですが、なせがやる気が出ません

書きかけのストーリー

遠藤 微録さんの書きかけのストーリーはありません

遠藤 微録さんにもっと聞きたい話リクエストする

|