STORYS.JP

足立 光優

足立 光優の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

足立 光優の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

堀口 悠冴
52
4

ブラック会社の最高経営責任者になった あとかぎ

この物語は2011年3月から2015年の7月までの数年間において、私自身の実体験をベースとして執筆したものである。少し誇張や脚色が入っている。そもそもの登場人物が「Aさん」「Bさん」という仮名であることがすでに、「フィクション作品」として見て欲しいことを示唆している。聡明な読者であればすぐに気が付いて頂けるのであるけれども、なかにはそう読み取れない頭が残念な人たちがたまに存在した。コメントを頂く。「
堀口 悠冴
91

ブラック会社の最近経営責任者になった。 最終話

同時期に3人の社員が辞職することになった。一人目は女性事務員である。彼女は社内恋愛をしており、二つほど年上の従業員と付き合っていた。交際していることは何となく知っていた。あまり触れずにしていた。交際している男性の従業員が私に突然相談を持ち掛けた。 男性従業員「社長少し相談があります。あのー女性事務員の方会社辞めたいって言ってるみたいです」 私「なにか理由は聞いているの?」 男性従業員「妊娠したみたい
福元 惇二
59
2

新卒で証券会社に入社して1年間で100件以上の新規開拓を達成し、3億円の資金を導入した話(17)

30万円の投資信託 社長や税理士の先生方によく、高崎の銀座通りのバーやラウンジに連れていかれた。 かなりさびれた商店街が高崎駅の近くにあって、そこに多くの夜の店があったのだ。 容姿が綺麗なお姉さんがたくさんいる店は苦手だったのだが、だんだんと僕も回数を重ねると慣れてきたのか、楽しくなってきた。 仲良くなった社長や税理士の先生と話が盛り上がり、朝まで飲み明かしたことも度々あった。 そんなある日、K先生
堀口 悠冴
278

ブラック会社の最高経営責任者になった 32回目

商品を購入する場合において確認することは二つ。 値段。そして支払い条件である。この支払い条件は値決め以上に必要なことが多い。現金商売ではなく掛け金で商売していると当然のことだ。 とある公共工事を予定の一週間遅れで完成させた。受注金額は2,800万円。前渡金を4割ほど頂いているので、最終の精算金額は1,680万円。これは本来一月での売上計上となるはずだった。納品後の検品に多少てこずり2月売上となった。
堀口 悠冴
330

ブラック会社の最高経営責任者になった 31回目

経営の多角化を行うこと。 それは道なき道を開拓することと同義である。 世の中の経済評論家は「あの会社は本業と異なる事業に手を出したから失敗した」などとよく言う。決してそうではない。企業経営をしていたら必ず事業の多角化に挑戦していかなければならない。企業にとって、新商品の開発は必要不可欠なものなのだ。 企業が多角化を目指す理由は何か?まずは経営の安定であるはず。一つの事業では先行き不透明なので二股かけ
堀口 悠冴
379
1

ブラック会社の最高経営責任者になった 30回目

ビルメンテナンス「にーちゃん交流100ボルトの最大値はいくつか知っているか?」 私「ルート2と100ボルトの積ですね」 ビルメンは「コイツ知ってやがる」みたいな顔をした。 こんなことは中学生でも知っている。 何故、ビルメンは自分の持っている知識を披露したがるのであろうか。相手に自分の知っていることを質問する。相手が知らないと自分の知識をヒケラカス。この手の質問は相手に不快を与えるだけでしかない。返答
千葉 礼美
430
6

「君のビジョンには魅力がない」と言ってお祈りされた企業に4年越しのリベンジしたお話。

最終選考は社長面接 4次選考ほどを抜けてようやくたどり着いた最終選考は、志望企業のラスボスである社長との面接でした。 緊張と志望動機が固まっていないことが重なり、前日はまったく眠れず。当時のツイートを見ても、夜の2時までつぶやいており、翌朝の6時には起床している。 最終選考の前、人事の担当者さんには「自分自身が将来的に何をしたいのか、言えるようにしてきてください。そして、そのためになぜ弊社じゃなきゃ

書きかけのストーリー

足立 光優さんの書きかけのストーリーはありません

足立 光優さんにもっと聞きたい話リクエストする

|