STORYS.JP

津田 美葉

名古屋→富山( ^ω^ )

趣味はアイドル追っかけと読書とお風呂とお洒落。

ストーリーをリクエストする

津田 美葉の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

寺澤 浩一
241
2

作業中に声を出してはいけない工務店の話。

少し前のこと、松江の飲み屋で、24歳の若者に会った。15歳で鳶になり、いろんな悪戯もしたようだが、今は工務店を経営するイッパシの社長だ。 面白い話だった。彼の会社では、どんなにベテランの鳶でも、ヘルメットに初心者マークを貼るのだという。プロの職人の自信やプライドは、えてして油断に繋がりやすく、命を落とすことになるからだ。初心者マークは、いわば鳶の初心を忘れないための決意の表れなのだろう。 もう1つ。
寺澤 浩一
687
15

吃音に苦しむ、若いK君の未来のために。「恐怖突入」というキーワード。

ひょんな縁で、22歳の大学生・K君と知り合いました。彼は重症の吃音(きつおん=どもり)で、それをたいへん悩んでいました。僕にとって吃音は決して他人ごとではなく、中学3年からの10年あまりの間、悩みに悩み抜いたもっとも重大な問題でした。 K君のこれからの長い人生のために、そして自分自身が経験したことが誰かの役に立つように、この雑文を記します。かなりの長文で、ちょっとしたカミングアウトになりますが、ご容
武田 龍馬
2538
28

東大生がネトゲで出会った女性と結婚し、「生きる理由」を教わって人生が変わった話

こんにちは! ノマドWEBディレクターの武田といいます。 ロンドン生まれ、ニューヨーク育ち、筑駒(筑波大学附属駒場高校)を卒業、一浪するも東京大学に入学、と社会的に見たら順風満帆に見えますが、 自分のやりたいこと・人生を見失い、ネトゲ(ネットゲーム)にどっぷりハマっていた時期があります。 そのころ、ネトゲのギルドで一緒に幹部をしていた「Yさん」という方にお世話になり、 「生きる理由」とは何か、と言う
嶋津 桂子
601
12

新品のスポンジが泥水を吸ったらしい。―純粋だった少女が恋愛と酒とセックスで変わっていくお話3―

前回の続き。 婚約破棄を四回経験したときのはなし (の一回目)。 ******* 「ひとりでバーに来る女は狙い目」という都市伝説は、おそらく本当である。 バーはもちろん、お酒を飲む場所であるが、実は酒以外に、もうひとり主役がいる。「バーテンダー」だ。 居酒屋のような機械的な接客ではなく、プロのバーテンダーの、「その客」に合った臨機応変な対応……つまり、「気遣い」や「心遣い」のある接客は、商品と言って
平松 育子
1004
14

4浪して獣医学科に入った私がなぜ生協で営業の仕事をしトップをとっていたかの話

夢にみた獣医師とはかけ離れていた私 身の丈に合わない「獣医師」という夢を持って4年浪人し、実際に死にかけ、入院を経てやっと獣医学科に入った。(《偏差値30台から、4年浪人して獣医学科に入学した話》を読んでください) あこがれの獣医学科。 本当に充実しまくりの毎日。 6年間、授業料免除をかけて必死に勉強し、電話帳のような国家試験の問題集を解きまくり獣医師国家試験に合格し「獣医師免許」を取得した。 いよ
高橋 泰之
597
2

【必ず失敗する合コン講座】 ~始めに~

講座(?)とは名ばかりで、結局は「貴重な時間とお金が浪費されるような合コンは見たくない!」・・・と常々思う、飲食店オーナーの独り言みたいなモノです。 居酒屋・ダイニングバー・焼肉屋・フレンチレストランなどなど、様々な飲食店で従事し続けること早10数年・・・。間もなくアラサーからアラフォーへと昇華しようとする今では、自分で独立してお店を経営しています。 そんな長い年月の間にはこれまでもたくさんの合コン
笠井 レオ
3266
59

僕が外国人に間違えられたエピソード7つ

【序章】僕は決して、スペイン人ではない 僕、笠井レオ(本名・写真右)は生まれつき、出逢った人ほぼ全員に 外国人と間違えられる という才能を持っています。よく間違えられる国々は、スペイン、ブラジル、アメリカ、アルゼンチン、ペルーです。こちらの国々の皆様、ご迷惑おかけして申し訳ありません。 ちなみに、よく言われる一言は 「日本語上手いね!」 です。 今日、このstorys.jpで発表させていただきます。
Kato Yuki
19978
33

受験に失敗した引きこもりが、ケンブリッジ大学合格に至った話 パート1

僕は、ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ、政治社会科学部(Social and Political Sciences) 出身です。 18歳で日本の高校を卒業するまで、海外に行ったことはおろか、英語を一言すら喋ったことがありません。 受験には失敗し、浪人。その後渡英し、様々な道のりを経て念願のケンブリッジ大学に合格。 その後は大学を卒業し、帰国。それから2年間塾講師として勤務し、現在は海外の大学院進
Kuribara Kao
402
11

許すことをやめて認めることを頑張ることにした

 私はかなり小さい頃から両親が好きじゃない・・・というか憎んでいる部分が心の中にある。   これを言うと大概は「生んでもらって育ててもらったのに恩知らず」とか「もっとひどい親だっているじゃない」と言われることは重々承知している。  でも心の中を覗くと憎しみと怒りと悲しみがある。殴られたこと、蹴られたこと、暴言・・・ 自分の心の根幹を揺るがすほどのことがたくさんあった。トラウマも沢山できた。 同時に「
Kuribara Kao
440
12

定時制卒が帝六の博士さまに娶られた話 その2 ~純朴と真面目と偽りのマッチングシート〜

  その1で結婚相談所に入った私ですがその時29歳。  考えてみると定時制高校を卒業して丸10年です。その間におつきあいした人は全くおりません(笑) 2年フリーター、5年学校、3年勤務のその間は今思うと嵐のように忙しく、恋がしたいと思ってもそんな時間も心の余裕もなかったのでした(笑) 唯一おつきあいと呼べるのは高校時代3か月だけ清く正しい高校生らしい(笑)お付き合いした元彼くらいでしょうか?    

書きかけのストーリー

津田 美葉さんの書きかけのストーリーはありません

津田 美葉さんにもっと聞きたい話リクエストする

|