STORYS.JP

守田 美幸

守田 美幸の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

守田 美幸の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

大貫 恵
1367
13

甲状腺腫瘍を経験したアラサー女子のお話(退院後~そして今)

こんにちは、おおぬきです。甲状腺腫瘍体験談も、この回で終わりを迎えます。前作から読んでいただいた皆さん、ありがとうございます。 実はこの回を書く前に、 旦那が他界した時の話 を書かせていただいたんですが、この順番には意味がありまして…その辺も後半で書かせていただきますね。 手術後、微熱が続く 手術後2日間(だったかな)、抗生物質の点滴をしっぱなしだったにも関わらず、なかなか熱が36℃台まで下がってく
大貫 恵
4873
3

甲状腺腫瘍を経験したアラサー女子のお話(手術~術後編)

こんにちは、おおぬきです。この甲状腺腫瘍もいよいよ手術編に入ります。手術後にツイッターに掲載した写真が残っていたので、この回から実際の画像を載せていきます。また、血の話などのちょっとグロイ話も出てきますので、大丈夫な方だけお進みくださいませ。 4月25日 手術当日。前日からの絶食で胃の中はスッカラカン。(手術の日…というか全身麻酔をする時の絶食理由は、麻酔後、人工呼吸器を差し込んだ時に嗚咽→胃の物が
大貫 恵
10726

甲状腺腫瘍を経験したアラサー女子のお話(いざ入院編)

こんにちは、おおぬきです。検査編を予想以上の方に読んでいただき、とても嬉しく思います。 前作の続きとして、入院までの経緯をまとめておきます。 実母に連絡 良性腫瘍であろうということで、少しホッとして福島の実母に連絡をしました。実母はやはり、原発の話題を出しましたが、「私、それ関係ないからね!」と強く否定しました。そして、北海道にいる旦那のお母さんに助けてもらうことを伝えました。 実母は、「なんでお前
大貫 恵
8994
8

甲状腺腫瘍を経験したアラサー女子のお話(検査編)

こんにちは。北海道に住むアラサーのおおぬきと申します。 今回は、私が34歳の時に経験した「甲状腺腫瘍」の話を書いてみたいと思います。 発覚までの経緯 ※発見は偶然でした 34歳。2月のある日、うつ伏せで本読んでたんです。で、首のあたりを触ったら、 ん? なんか、ボコって出てるんですけど !!? ちょうど右の首の付け根の辺りに、変な膨らみを発見してしまったのです。 「なんだこれは…?」 と、身体を起こ
大貫 恵
103240
13

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ2(発生事実・後編)

こんにちは、おおぬきです。前編を読んでいただいたみなさん、ありがとうございます。そしてここからは、なにも言わなくなった旦那と過ごす、私と家族の最後の3日間です。いま思い出しても涙が出てくるけど、頑張って書くので、最後までおつきあいよろしくお願いします。 旦那を一般病棟(個室)へ移してもらったのが、2月14日のお昼過ぎ。人工呼吸器を装着し、太ももの付け根から血圧を維持する薬を入れるためにカテーテルを挿
大貫 恵
126814
16

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ1(発生事実・前編)

暗い話ですいません。 最初に謝っておきます。 暗い話です。嫌な話です。 ですが死は誰にでも訪れ、それはどのタイミングでやってくるのかわかりません。 これは私の主人が脳出血を発症し、急逝した時の「私の行動と心情をまとめた話」です。 命に関わる病気をいきなり発症する確率は誰にでもあると思います。 もし身近な人にそれが起こったとき…この話が少しでも役に立てば…。 まずは、私の旦那がなぜ死ぬことになったのか
大貫 恵
11076
132

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ3(本編)

前編・後編お疲れ様でした こんにちは、おおぬきです。 長々と暗い話にお付き合いくださり、ありがとうございました。実は私が本当に書きたかったことは、こちらの本編です。もう少しお付き合いください。 旦那が死んでそれからどうした? 行動①家を出ました 旦那の四十九日が終わってすぐ、一緒に住んでいた家を出ました。これはお義母さんからの提案でした。多分みんな 「家出るの早すぎない?」 って思うかもしれません。

書きかけのストーリー

守田 美幸さんの書きかけのストーリーはありません

守田 美幸さんにもっと聞きたい話リクエストする

|