STORYS.JP

溝口 大悟

溝口 大悟の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

溝口 大悟の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

Ylinen Meg
73
1

私のアメリカ移住 (5)

離婚後、3歳の息子の手を引き渡米。私の条件下で出来たアメリカ移住。その経緯を語る。連載実話。 そう、ラスベガスの旅。 たった一泊の、駆け足で、Sのお父さんに会いに行った旅だったが、たいへん充実した旅に成った。 ベガスに着いたのが、午前10時頃、空港には迎えが来てくれていた。 幼馴染 S のお父さんと、その一番の付き人で、 日本人では有るが、その人が子供の時に家族の仕事の都合でアメリカに永住されたので
Ylinen Meg
252

私のアメリカ移住

離婚後、3歳の息子の手を引き渡米。私の条件下で出来たアメリカ移住。その経緯を語る、連載実話。 私は現在、アメリカはネバダ州、ラスベガスに住んでいる。 ここに日本から移住して、15年が過ぎた。 これから、何度かに分けて、 渡米のいきさつや、色んな経験談を綴って行こうと思う。 どれ位の人達が、私の書いたものにに興味を持つかわからないけれど、 海外に住みたくても、勇気の無かった人、諦めていた人に、こう思っ
板越 ジョージ
968
7

僕がジャニーズを辞めた理由

 僕の知人に有名な演出家がいる。彼はよく言っていた。学校では成績が悪く、進学したい学校に行けなかった。就職しようとしてもいいところに就けない。そして彼は どうしても人には選ばれないようなので、選ぶ立場の人間になろうと思ったという。 大学受験失敗、決意  確かに僕も日本の大学受験は思うようにいかなかった。当時の日本はというと、いい大学に行き、いい大企業に就職するという図式しか無く、そうでもなければ出世
寳槻 泰伸
3223
107

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話 パート3 オヤジの教育論編

家庭教育の役割って何だろう 破天荒で型破りなオヤジが繰り広げる家庭教育のストーリーもいよいよ最終章。 パート3では、家庭教育の役割についてオヤジや僕の意見を書かせて頂こうと思います。 前回まではオヤジのぶっとびエピソードが中心でしたが、今回はマジメに教育論を語っています のでご了承ください。 まず、興味関心を育てることに心血を注ぐ。 お父さん・お母さん
寳槻 泰伸
17628
67

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話 パート2 受験編

全ては 長男の「やめたい」 から始まった 今思えば、これがオヤジの壮大な実験の始まりでした。 3兄弟を高校に通わせずに大学に放り込めるのか・・・ 京大3兄弟というオヤジのネタ(自慢)を完成させられるのか・・・ 長男の僕にとって、小中学校の生活は部活や友達など楽しい時期もありました。恋愛とかスポーツとか。でも、1日何時間も退屈な授業を聞いて、多少窮屈さを感じていたのも事実です。 高校という所はきっと自
寳槻 泰伸
28674
94

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話

学校よりもクリエイティブな1日にできるなら無理に行かなくても良い。 その後、本当に学校に行かなくなり 大検制度を使って京大に放り込まれた3兄弟は 変わった教育方針の父親の元で育ちました。 一般的な家庭なら 「早く起きろ!さっさと学校に行け!」 と育てるところでしょうが3兄弟の家庭(ホーツキ家)はその真逆。 学校に頼って勉強するのではなく、自分で勉強を組み立てろというのがその主旨でした。 小学生の僕(
佐藤 裕介
1326
4

経営における「クソジーコ問題」とは

会社を 3 年半ほど運営していて、めちゃくちゃアタマを悩ませたことのひとつを「クソジーコ問題」と名づけてみました。もちろん由来は元日本代表監督のジーコ氏ですね。 ジーコが優秀な監督かどうかはサッカーに詳しくないので判断がつかないのですが、(優秀な) プレイヤーが監督 = マネジャーになった時に発生する問題について今日は書いてみたいと思います。 ◆ ありがちなミドルマネジメント不足 1 年半ほど前、僕
佐藤 裕介
103
1

新卒採用イベントで気をつけていること

0. 基本的に、ベンチャーなんたら、みたいなイベントのみに登壇する 1. B2C 企業が集まるイベントで登壇する 2. 社員数 100 人以上の規模の企業が集まるイベントで登壇する 3. 「このイベントに出ている企業さんの平均的な設立経過年数は X.X 年です。僕らは 2 年です。そして、ソーシャルゲームは一本もつくっておりません」と言う。 採用イベントでは、事前に他社の事業内容、歴史あたりはきちん
佐藤 裕介
222
6

3 年前に心が疲弊し、そして荒廃した話

3 年前の 2010 年 7 月 20 日の日記より。 --- 知らなかったワケではない。 今日 7/20 のお昼が、マンション全体の断水期間であったことを。 その日 (といっても今日なんだけれど) の僕は、朝イチのビデオ会議を自宅で済ませ、後輩から届いたバウムクーヘンを頬張り、遅めの出勤までの時間を優雅に過ごしていた。 午後の打ち合わせの時間から逆算し、絶妙なタイミングでシャワーを浴び始める。(1
佐藤 裕介
556
3

フリークアウトのミッション「人に人らしい仕事を」

情報革命の「仕事の収奪」という側面が、ここ最近、大きく取り上げられています。 実際、テクノロジーによる「仕事」の自動化は、工場だけでなく、一般家庭や医療、知識労働にも波及するでしょう。 ナノマシンがあなたの細胞壁に入り込み、自動的に治療してくれるようになれば、お医者さんの仕事の多くは、ロボティクスに置き換えられます。 英国で 18 世紀後半から進んだ工場制機械工業への移行、一般的に産業革命と呼ばれる

書きかけのストーリー

溝口 大悟さんの書きかけのストーリーはありません

溝口 大悟さんにもっと聞きたい話リクエストする

|