STORYS.JP

Kaneko Moe

エデュチャ10期
SEP4期

ストーリーをリクエストする

Kaneko Moeの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

堺 崇行
31

私立文系出身のド文系人間が最先端の理系学会で発表する話 3

前回書いた通り、私が理系の最先端の学会で発表できたのも共著者の2人との出会いがあったからです。その2人との出会いは全く偶然でした。 出会いは2013年のMaker Faireでした。既に大学院で専門的にヒューマンインタフェースを研究している友人とMaker Faireを訪れました。 Maker Faireは在野のものづくり好きの人たちが日頃作っているものを発表したり、ものづくり支援の会社が電子部品や
斎藤 悠輔
573
12

TOEIC350点、貯金無し、今までパスポートすら作ったことの無かった大学生が実費0円で世界一周した話。

まだまだ一人前にもほど遠い未熟な学生ですが、このエピソードを通してお伝えしたいことがあります。 それは 情熱を持って自分のやりたいことを貫くことで、それが社会の共感を得られたら資金をはじめとした協力を得られる ということ。 学生は時間はあるけど、お金は無い。大抵の学生はやりたいことをお金という問題で諦めてしまうと思います。僕もそのうちの一人でした。 しかし、この経験を通してどんなに遠くてもコツコツ積
しもむら さき
310
3

3.11/当時海外にいて思ったこと。

2年前、2011年の3月11日、私はスペインで高校生をしていました。 あの日は朝から色々な先生が「日本で地震があったんだって?」と私に声をかけてきてくれました。 しかし、私は当時その地震がそこまで大規模なものだなんて夢にも思っておらずに、日本で地震が起こる事なんて日常茶飯事なのに。そんなことを思いながら、大丈夫大丈夫と適当に先生方に答えていました。 それほど、あの災害は私にとっては予想外なものでした
m m
9560
133

5年でハイリスク妊娠、中絶、離婚、再婚、出産を経験した私が伝えたい4つの事・後篇

※ このストーリーは「5年でハイリスク妊娠、中絶、離婚、再婚、出産を経験した私が伝えたい4つの事・前篇」の続きになります。 前篇はこちら… http://storys.jp/story/7157 【後篇の全文字数:約11,000字】 15.2007年9月6日 16.6週間の休暇 17.職場復帰 18.腎臓の病気を発症 19.夫の浮気 20.入院の夜 21.心が離れた理由、そして離婚 22.再婚と出産
m m
81155
12

5年でハイリスク妊娠、中絶、離婚、再婚、出産を経験した私が伝えたい4つの事・前篇

 学生時代から、自分の周りや雑誌、ネットなどで、「中絶」の話を見たり聞いたりするたびに、不快な気持ちになっていた。  同じ女性として、軽蔑さえしていた。  まさか自分が 当事者 になるなんて、思いもよらなかった……。  この話は、 胎盤が1つにつながった三つ子 を自然妊娠し、 NICUが足りない こと等を理由に複数の病院から受入を拒否され、最終的に中絶を選んだ私が、その経緯、その後自分の身に起こった
西春 博矢
126
2

大学名に抱いたコンプレックスが未だに消えない話 第三話

▼前回のあらすじ▼ 2年生になり、いろいろなことに手を出した自分 しかし、根本的なコンプレックスの解消に至るものはひとつもなかった そんな中、「成長のためにはコンプレックスを認めることが必要」ということがわかり  自分と向き合い始めることができてくる そして3年生になった。 環境に求めすぎるな コンプレックスと自己成長のこと以外にわかったことがもう一つあります それが上に書いてある「環境に求めすぎる
Kato Yuki
4867
109

受験に失敗した引きこもりが、ケンブリッジ大学合格に至った話 パート2(完)

受験に失敗した引きこもりが、ひょんなことからイギリス留学を思い立ち、一念蜂起してケンブリッジ大学合格を目指すに至ります。 18歳の高校卒業まで、海外経験は全くのゼロ、英語は一言として喋ったことはありません。 そんな僕は、現地に行ってからもちろん悪戦苦闘の毎日。しかしながら、自分の可能性をどこまでも信じ続け、死に物狂いの努力を続け、1か月後には日常会話がペラペラできるレベルにまで達します。 ここまでが

書きかけのストーリー

Kaneko Moeさんの書きかけのストーリーはありません

Kaneko Moeさんにもっと聞きたい話リクエストする

|