STORYS.JP

稗田 あぶく

稗田 あぶくの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

稗田 あぶくの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

町田 龍馬
3189
9

若者は絶対に知っておくべき日本の将来(2017年2月更新)

厚生労働省の印象操作によって、ほとんどの若者は気づいていないが、日本の若者の将来は絶望的だ。その理由を説明するので、真剣に考えて行動してほしい。 平成28年度(2016年)のデータを見ると、歳出の中で最も多くの割合を占めたのは「社会保障関係費」である。 (上画像は、 国税庁 より引用) 社会保障関係費の内訳は、以下の通り、金額順に「年金、医療、社会福祉、介護、少子化対策費」となっている。つまり社会保
Azuma Y
2481
13

就活中、運命は必ずしも実らないことを知った。けれど、幸運の掴み方を1つ知れた。

この記事は、自分のブログに転載いたしました。 この記事は魂を込めて書いた記事なので、是非読んでみてください。 「Be Excited」 記事はこちら
梅津 久和
953
31

レッドブルは本当に「翼をさずけてくれるのか」、を90日間試してみた“名もなき男”の人体実験結果。

レッドブル、翼をさずける。 Red Bull Gives You Wings この物語は、ある「名もなき男」が、レッドブルのキャッチコピーを真に受けたことで始まった人体実験結果の話である。 2014年3月27日@東京赤坂 「まずは、自分で自分を ○○ させた上で、やりたいビジネスをはじめること。」 「その術を覚えないと、“ 我慢しないで生きる力 ”は手に入らないし、昔のオレのように違和感だらけの人生
阪口 ユウキ
41452
216

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

どんな仕事を選んでもええ。ただ、○○がない仕事だけはしたらあかんで! こんにちは! 個人でWEBサイトをつくりながら世界を旅している、阪口といいます。 僕は今の仕事をはじめてまだ稼げなかったとき、2011年9月~2012年4月まで、 大阪・あいりん地区のドヤ街で暮らしていたことがあります。 (詳しい経緯は「 鬱病で半年間寝たきりだった僕が、PC1台で世界を飛び回るようになった話。 」で書いてます)
Yamada Kenta
778
6

歌舞伎町でゲイのおじいちゃんに7千円で売られそうになった話。

今からもう7年以上前の話だ。 20歳になってお酒の味を覚えた僕は毎日のように友達と飲んでいた。 その日の夜も友達と飲む約束をしていた。 場所は新宿歌舞伎町、様々な人々やネオンが交じり合い、朝まで眠ることのない東洋一の繁華街だ。 予定の時間より早く着いてしまった僕は駅東口の喫煙所で煙草を吸って時間を潰していた。 しばらくするとポケットの中の携帯が振動して鳴り始めた。 自分 もしもし。 友達 あ~ごめん
mamita .
1292
15

おっと三十路婚活女の悪口はそこまでだ【婚活女と童貞との共通点を考える】

ネット上(主観として2ちゃんねるのVIP板)において、長年敵対関係とされてきた妙齢婚活女と童貞の相互関係を見直さなければいけないと感じる。我々は分かり合えるのではないか。その根拠となる共通点を箇条書きにする。 三十路婚活女と童貞との共通点まとめ 「なんで童貞なん?」→「できるもんならしてます」 「なんで結婚しないの?」→「できるもんならしてます」 「女の理想が高すぎるんじゃないの?」→「そんなことな
ゆかわ かずき
2225
73

うつ病になりたい人へ

「うつ病になりたくありませんか?」 いきなり不謹慎ですが初めまして。 僕の名前は湯川和樹です。 2013年9月24日から2014年6月28日現在の約9か月、僕はうつ病で会社を休んでいます。 仕事には行っていませんが会社でのカウンセリングを週に1回と心療内科の受診を月に2回行っています。 昨日までは家で妻と10か月になる子供とのんびり暮らしていましたが、3日ほど前に発作が出てしまい妻の負担を大きくする
Shono Maho
885
18

共感覚から見た「 不安 」と「 希望 」の色

私は小さい頃から" 共感覚 "といって 音楽や人、その場の雰囲気に色がついて感じます。 (英語だとsynesthesiaといいます。) 五感の壁が低く、音と視覚、エネルギーと視覚など 感覚がゴッチャになってるそうです。 そこで最近面白いことに気づいたのでシェアさせてください。 日常生活などに役に立つとすごく嬉しいです^^ 選挙の演説を聞いてるときなど特にそうなんですが、 「原発反対!」「憲法改正!」
中山 祐次郎
6860
44

ヨーロッパに向かうフライト中に、「お医者様はいませんか」に応えて出ていったら、とんでもないことになった若い外科医の話

そう、あれはヨーロッパ行きの飛行機の中の出来事だった。 私は当時30歳を超えたばかりの独身・若造外科医で、ヨーロッパで開かれる学会に参加すべく向かっていたのだった。 私は、モニターの映画のブルース・ウィリスを観ながら そっくりな顔の後輩医師 の顔をぼんやりと思い浮かべていた。彼の外科医としての成長、人間としての成長、 おでこの後退 … そんな時、事件は起こった。 すぐ前のシートの男性が、青い目のCA

書きかけのストーリー

稗田 あぶくさんの書きかけのストーリーはありません

稗田 あぶくさんにもっと聞きたい話リクエストする

|