STORYS.JP

Fujii Momoko

プロレス大好きです。特にDDTプロレスの大ファンです。
音楽鑑賞(グループ魂、YUKI、いきものがかり、奥華子さんなど)やパソコン、写真についても興味があります。最近では9nineやNegiccoなどのアイドルグループも応援しています。
http://momo0258.hatenablog.com/

I like watching professional wrestling shows, especially DDT Pro-Wrestling.
Also I am very involved in music (Group Tamashii, YUKI, Ikimonogakari, and Hanako Oku), Personal Computer, and photographs.
Recently I am favor in Japanese idol groups, e.g. 9nine and Negicco.
http://momo0258.hatenablog.com/

ストーリーをリクエストする

Fujii Momokoの人生のストーリー

うつ病と診断されて。

記憶は定かではないのですが、2006年くらいからうつ病を患っています。 もともと几帳面で神経質で完璧主義者で日和見主義な性格で、些細なことで落ち込んだり、物事を悲観的に考えるタイプだったのですが、とある出来事を契機に、それがますます病的な感じになって行きました。 それまでのわたしの人生は順風満帆といってよいものでした。一流大学ではないけど大学には推薦でそこそこ有名な大学に入学でき、その大学を総代で卒

わたしは快楽主義者。

「快楽主義」というものを正しく理解している人ってどのくらいいるのでしょう。 快楽主義とはエピクロスという哲学者が説いたもので、「人生の目的は快楽であり、快楽こそが最高の善である」という考え方です。 ただしここでいう快楽というのは、肉体において苦しみのないことと、魂において乱されないことだと定義しています。だからやりたいことをして満足することが快楽じゃないんですよね。快楽=幸福=心の平静としています。

性別聞かれて困ることがありますか?

男性か女性か、それが問題。 肉体については半陰陽者などの一部の例外を除くと、男性(♂)と女性(♀)に二分されるんでしょう。となるとわたしは遺伝子学的には♂です。だけど、心の問題となるとそんな簡単な話ではないのです。役所の提出物だったりアンケートだったりさまざまな場面で性別の記入を求められる場面はすごく多いのですが、その時にすごく戸惑ってしまうのです。 ♂のような♀のような・・・。自分の中ではよくわか

自分が嫌われていることを前提とする人生。

小学校5年のとき、現在のあたしを形作る上で重大な出来事がありました。 何を思ったのか、授業中に担任の先生がいきなり生徒たちに紙を配ってこう言ったのです。 教師 クラスで一番自分勝手だと思う人の名前を書いて投票しなさい。 あたしは栄えあるトップ当選。しかもぶっちぎり、満票(だって自分で自分の名前を書いたくらいだもん)。しかもそれをクラスで即日発表しやがったよ、この先生。 給食も食べられないくらいショッ

大切なことはすべてバイクが教えてくれた。

わたしは愛知県の名古屋市出身です。わたしが高校生の頃、いわゆる『3ない運動』というものが盛んにおこなわれていました。それは高校生にバイクを「運転させない」「買わせない」「免許を取らせない」というもので、学校側と警察側とで協力して行われていました。愛知県は日本国内で有数の、悪名高き『管理教育』が行われていて、この『3ない運動』は徹底しておりました。 わたしはというと、荒れていた中学までとは打って変わっ

あたしがアイドルを応援する9つの理由。

LinQの伊藤麻希さん 日本のアイドルの位置づけ 昔はアイドルにハマるなんてかっこ悪いことだったはずです。アイドルというと昔は『実力もないのにルックスだけで人気を集めている』という芸能人を指していて、普通の俳優や歌手より一段低く見られていました。今でもそうなのかもしれないけど。 あたしが小さいころだと、山口百恵・桜田淳子・森昌子の花の中三トリオ、西城秀樹・郷ひろみ・野口五郎の新御三家、フォーリーブス

性別聞かれて困ることがありますか? <その2>

前書いた文章 では、今までため込んでた思いを思いつくままでしたが、大勢の人にお読みいただいたようで、本当にありがとうございました。 その際ちょっと大仰な内容になっていたこともあって、今回は、性別や性差について戸惑ってしまう身近な出来事を書きたいなって思いました。 ライブにて・・・。 あたしのちょっと多めの趣味の中のひとつが「ライブ」です。好きなジャンルはJ-POPで、YUKI、miwa、奥華子、グル

つらいけどやり直したいとは思わない45年間。

はじめに ここのサイトに載せられている文を拝読しておりますと、素晴らしい成功体験をお持ちの方大勢いらっしゃって、すごく肩身が狭いです。 翻ってあたしの場合、大きな成功もなければ、大きな失敗もなく、大きな努力もなしに、運だけでここまで生きてきたように思います。たとえば受験での失敗もないし、大学受験はそもそも指定校推薦だったし、就職はバブル期だったので苦労してないし、2度の転職も経験したけど、別に大変で

原点は池中玄太80キロにあった。

テレビドラマ「池中玄太80キロ」って言っても知らない人も多いかと思う。このドラマが放送されたのは1980年4月。あたしが12歳の時。中学1年生になったばかり。 内容を簡単に説明すると、西田敏行さん演じる池中玄太は文字どうり体重80kgの報道カメラマン。丹頂鶴の写真をライフワークにしている彼が、3人の娘を持つ鶴子(丘みつこ)と結婚するも、すぐに鶴子が亡くなってしまう。玄太は周囲の反対を押し切って血のつ

捨てたい過去。

わたしはいつも過去を切り捨てて生きてきた。たとえば小学校から中学校に、中学校から高校に、高校から大学に、大学から社会人に、転職の際に、引っ越しの際に、交際相手と別れた際に、自分の過去に封印をするようにその都度、人間関係をリセットしてきた。 捨てたい自分の過去。思い出すだけでも背筋が寒くなるような過ちや愚かごとをいっぱいしてきた。過去の自分は本当の自分ではないと思い込むことで、少しは自分の心の平安が保

砂の城 -わたしが経験した三菱自動車工業の内部-

三菱自動車工業が燃費偽装問題の件で世間を騒がせています。 わたしは三菱自動車工業に90年代に10年間働いていたけど、リコール隠し以外にも社内用の書類や会議体でも細かい不正が横行してました。例えば新車企画のための会議(当時は原価企画会議と呼んでた)の数字もデタラメで、いざ生産販売を始めたら計画とかけ離れた数字が出てくるのです。会議を通すために数字を加工するということが「あたりまえ」のように行われていた

読んでよかったストーリー

書きかけのストーリー

Fujii Momokoさんの書きかけのストーリーはありません

Fujii Momokoさんにもっと聞きたい話リクエストする

|