STORYS.JP

Ashiwa Mugiko

Ashiwa Mugikoの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Ashiwa Mugikoの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

Kuchiki Seiichiro
236
4

いのちにふれる

こんにちは。医学生兼ライターの朽木( @amanojerk )です。 これからはときどき、医学生として、外来や病棟で触れた医療の様々についてお話ししたいと思います。 今回は「いのちの温度」について。 ※個人情報への配慮 これは特定の患者さんを話題にするものではありません。場所・時間、患者さんの病名・病歴など、すべてに僕が経験したことをゆるやかに織り交ぜ、一部にフィクションを加えています。ご了承くださ
菱沼 真
2993
12

大学生が、たった3か月で500万貯めてドイツ製最高級車のBMWを買ったのに、2週間後にクラッシュして300万の請求が来た話

これは友人JUNの語であり、JUNの言葉を僕(Makoto)が文字に起こしたもので す。 前回は、憧れのドイツ製最高級車BMW M3の納車までのSTORYでしたが、 今回は 「成功の足音が聞こえ出した時が一番危ない」 そんなお話です。 カッコよく言えば、そんな教訓になりますが、 一言で言えば、 「大きくやっちまった話」 です(笑) 【最高の車だったBMW M3】 22歳3月、もう大学の授業もなかった
岸 和幸
153
2

『賢くなるより優しくなるほうが難しい』

”ジェフ(10歳)は数字が大好きな少年。 子供時代の夏休みを祖父母のケンタッキー州の農園で過ごすことが多く、 祖父母のトレーラーに同乗して、米国各地やカナダに行くキャラバンへ同行することもありました。 そんなある時の出来事です。ヘビースモーカーであるお祖母ちゃんが、トレーラーの中で 煙をくゆらすのをみて、ジェフはある計算をします。 1本のたばこが、寿命をどれくらい(何分)縮めるか、といった内容の広告
横山 明日希
318
2

「自分の価値が分からなくなった少年」

「自分の価値が分からなくなったことはありますか?」 こんな投げかけについて、本気で悩んだある少年のお話です。 -------- ごく普通の家に次男として生まれ、ごく普通に育った。 ごく普通というより、むしろ、何でもやりたいことをさせてくれる家だったのだろう。 「ピアノを習いたい」と言えばやらせてくれる。 「お寿司が食べたい」と言えば、回転寿司とはいえ、ちゃんと連れて行ってくれる。 2つ上の兄を、良き
Kato Yuki
4818
107

受験に失敗した引きこもりが、ケンブリッジ大学合格に至った話 パート2(完)

受験に失敗した引きこもりが、ひょんなことからイギリス留学を思い立ち、一念蜂起してケンブリッジ大学合格を目指すに至ります。 18歳の高校卒業まで、海外経験は全くのゼロ、英語は一言として喋ったことはありません。 そんな僕は、現地に行ってからもちろん悪戦苦闘の毎日。しかしながら、自分の可能性をどこまでも信じ続け、死に物狂いの努力を続け、1か月後には日常会話がペラペラできるレベルにまで達します。 ここまでが
Ohta Yuki
38

車椅子のお兄さんから自立を学んだ話

その日ジムで見かけた時、 あれ? と思っていた 車椅子のお兄さんが入り口に 向かう姿を帰り際に見かけた。 ドアは手動式だったので、 それを見た受付の人が 何とかしてくれるのかな、 と思ってチラリと見たら 無反応。  なので思わず、  「私がドアを開けてあげないと! (`・ω・´)ゞ」  と慌てて足を早めたが、 間に合わず、 一瞬ドアの前にピタッと止まった お兄さんは、次の瞬間、 車椅子でバッカーン
Kato Yuki
20070
33

受験に失敗した引きこもりが、ケンブリッジ大学合格に至った話 パート1

僕は、ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ、政治社会科学部(Social and Political Sciences) 出身です。 18歳で日本の高校を卒業するまで、海外に行ったことはおろか、英語を一言すら喋ったことがありません。 受験には失敗し、浪人。その後渡英し、様々な道のりを経て念願のケンブリッジ大学に合格。 その後は大学を卒業し、帰国。それから2年間塾講師として勤務し、現在は海外の大学院進
笠井 レオ
3283
59

僕が外国人に間違えられたエピソード7つ

【序章】僕は決して、スペイン人ではない 僕、笠井レオ(本名・写真右)は生まれつき、出逢った人ほぼ全員に 外国人と間違えられる という才能を持っています。よく間違えられる国々は、スペイン、ブラジル、アメリカ、アルゼンチン、ペルーです。こちらの国々の皆様、ご迷惑おかけして申し訳ありません。 ちなみに、よく言われる一言は 「日本語上手いね!」 です。 今日、このstorys.jpで発表させていただきます。
Takegami Takayuki
163
3

奇跡を初めて感じたとき。

家族のことを少しだけ書きます。 今の自分があるきっかけをここに綴ります。 あまり書くべきではないと思いながらも、きっと同じようなことで苦しんでる人もいるのではないかと思い、ほんの少しだけでも気持ちを立て直すきっかけになればと。 僕が高校1年の春、祖母をガンで亡くし、祖父をその翌年肺炎で亡くしました。祖母は1年間の闘病の後、亡くなったが献身的に看病をしてた母が異常を感じたのも、祖母の病気が発覚した頃だ
Harada Hideyuki
128

パパ曰く、「人生って「にらめっこ」くらい笑えるんだよ♪」のお話

それは衝撃的な出来事でした。 こんなスゴイ父親に出会ったのです。 とある病院の待合室での出来事。 僕は子供の頃からアトピーで隔週で病院に通っています。 皮膚科の待合室っていうのは「ここは小児科か?」と思うくらい子供たちであふれ帰っているんです。 毎回それはそれはワイワイ、ギャーギャーで大~変。 この子供たちを観察していて面白いのは、子供って親が嫌がることばかりやるんですね。 親が「お願いだからそれだ

書きかけのストーリー

Ashiwa Mugikoさんの書きかけのストーリーはありません

Ashiwa Mugikoさんにもっと聞きたい話リクエストする

|