STORYS.JP

竹中 武藏

I will be a doctoral student in Kobe university...Doctor of Philosophy (Ph.D.), Chemical Engineering - bionanomaterials.

Now I am a Master's Student - bionanomaterials

ストーリーをリクエストする

竹中 武藏の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

しもむら さき
8152
3

高校進学を言葉がさっぱりわからない国でしてみたら思ってたよりも遥かに波乱万丈な3年間になった話【その0:プロローグ】

2009年末、当時中学3年生。 受験シーズンも真っ只中に差し掛かったというとき、私は父の母国であるスペインに旅立つことを決意しました。 理由は語学力がうんぬん~とかグローバルがにゃにゃにゃ~と言いたいところですが、ぶっちゃけてしまうと 「高校受験がめんどうくさかったから」 。完全に不純な理由です。 一見冗談としか思えないこの決意、なんと翌年4月6日に まじで実行されてしまい 、数週間後に実際私はスペ
mamita .
1745
22

「黒い下着」はセクシーか。誰も知らない実際のこと。

ごくプライベートな話であるが、下着は黒しか着ない。 なぜか。私の所持している下着はすべて黒だからだ。なぜか。 「同じ靴下を山ほど買うと洗濯後おそろいの靴下を探す必要がない」 というライフハック をご存知か。察しの良い方にはもうわかって頂けたと思う。そう、上下おそろいの下着を合わせるのがめんどくさい、という、モノグサの極みである。経年劣化で片方捨てても、どちらか一方だけ着替えても、全く問題が無い。 な
小金渕 佳江
169
2

「研究職には就かない」と決めていた就職活動

「うちの会社、大学院までやってきたこととぜんぜん違うけどいいの?」と、面接で言われるのは当たり前だった。そもそも私の学んできたことは、産業応用できないのだ。 私が専攻していたのは自然人類学と言って、「ヒトとはなにか?」という疑問について理系の手法を用いて追求していく分野だ。手法としては骨格を計測したり、DNAを分析したり、様々な統計手法を用たりする。今では多くの人が耳にしたことがあるだろう『人類がア

書きかけのストーリー

竹中 武藏さんの書きかけのストーリーはありません

竹中 武藏さんにもっと聞きたい話リクエストする

|