STORYS.JP

葵 冬生

葵 冬生の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

葵 冬生の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

三輪 ミキ
111
5

占いを実行して、占いの意味を知る 【そして、多くの人へ】

2014年、元町のメインの通りに開運カフェ、というお店がオープンした。その店長さんはニコニコと笑い、店内には800以上の風水の仕掛けがしてあるんですよ、と楽しそうに説明してくれた。9つの星ごとに開運フードでランチを提供したい、と言って「私は開運予報士です」と頬笑んだ。   私は絶句した。   これまで、私が開業したのを聞きつけて、昔の友人が訪ねてくることがあった。 多くは共に喜んでくれ、占いで元町に
Kuribara Kao
254
8

成功とお金は同義語ではない ~ 千円の価値は心の中に ~

   小さい頃、バブル時代を体験した。  それは日本中が狂瀾した時代だったと思う。  私はその頃はまだ小学生だったがはっきりと 「金持ちは貧乏人より偉い」 という感覚を持っていた。  なぜならば(私の住んでいた地域だけかもしれないが) イジメでまず先導を取るのは必ず「裕福な家の子」であった からだ。彼らの親御さんはいわゆる「株」でもうけた人たちだった。話によると給料より株の配当の方が高かったからみん
高畑 祐輔
295
2

ブラック社畜だった僕の心を折った一言は、キレイめOLの何気ないつぶやきだった。

ねぇ、私たち、一日中ずっと、、、 はじめまして! フリーランスのWeb屋さんをしている、タカハタと申します。 Webサイトを作ったり、企業へのコンサルをしたり、プログラミングをしたり、、、 PCと己の身ひとつで仕事をする、いわゆるノマドワーカーをやっています。 そんな僕も、何年か前までは、フツーに企業で働くサラリーマンでした。 ところが、うっかりブラック企業に転職してしまったことを機に、体調を壊して

書きかけのストーリー

葵 冬生さんにもっと聞きたい話リクエストする

|