STORYS.JP

平川 菜々緒

平川 菜々緒の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

平川 菜々緒の人生のストーリー

変態ホイホイ☆なオレ

「俺は変態だぜ!げへへへへへ!」 とかいう男は大体ノーマルである。 都内周辺で一人暮らししたことがある女性の殆どは経験しているであろう、 下着泥棒、のぞき、痴漢、ストーカー そう、変態は我々一般人が想像出来ない、はるか高みより現われ、 我々がまったく予期できない アクションをアクティブかつアグレッシブにAAA(トリプルA)してくるのである。 Lv.1 おっぱいモマセテ オレ氏18歳 その日私は、アル

多重債務男とケコーン☆したオレ

恋も失恋も2秒もいらない。 そう人は気が付いた時には恋に落ちてしまい、このくだらない感情に振り回されるのである。 告白 私は片思いという感情ほど不毛な感情は無いと思う。 まったくもって生産性が無い。 恋に落ちるのは2秒もあれば十分だ。 また失恋も2秒である。 なのに何故何年も想いを心に閉っておくのか。 まったくもって理解できない。 恋に落ち、振られるということは4秒でカタが付くのである。 当時のオレ

多重債務な男と結婚したオレ2

住宅 無事予定通り2月に結婚式を昔バイトしていたイタリアンレストランで 行い、入籍した。 お付き合い半年でケコーンした。 ナナオ22歳 パキラ29歳 であった。 パキラは底抜けに優しかった。 当時派遣でアパレルの販売業をしていた私。 当時私の職場は渋谷で、毎朝職場までバイクで送ってくれた。 そして自分の仕事が早く終われば必ず迎えにきた。 パキラは毎朝私の髪の毛をセットしてくれる。 パキラ い

多重債務な男と☆リコーンする。

結婚を後悔している人間には多々お会いするが 離婚を後悔している人間にまだ会ったことが無い。 離婚というものは、したことがあるヤツにしか分からない。 したことないやつは簡単に言う。 「離婚しちゃえばいいじゃん!」 そんなアマ一チョロ~イ次元じゃないのだ。 もれなくバツイチと聞くと握手を求めずにはいられない。 社会でバリバリのリーマンだって、 社員を何人も抱えてる社長さんだって 世界が灰色に見える。 全

多重債務な男とリコーン☆する2

会ったことも無い男への恋 なんてこった。 これは恋では無く、うつ病というやつなのでは無いだろうか。。。 そうだ。仕事ばっかりしてきて、きっと頭がおかしくなったに違いない。 そこでネット界の珍獣せのびーを自由が丘の赤提灯つったらベッタコに呼び出した。 伊藤 せのびー なんだよwおまwwうっとおしいwww ナナオ まあ飲めYOwwwなwww?? ちょっと聞いてくれ。 ネットで知り合った会ったことも無い男

離婚前に駆け落ちしちゃった☆テヘペロ 完結編

500万の慰謝料の請求にパキラは納得した。 弁で私に勝てるわけがない。 ナナオ 最後ぐらい男みせろや。 パキラ 借りたものはちゃんと返すよ!ボクだって男だ! 編集 公証役場で公証人の前でハンコを押して終了。 離婚届を出した。 が、この時点ですでに私は雪国であの謎の男と暮らしていた。 謎の男は私と同じ境遇だった。 もれなくお互いの衝動が重なっただけである。 お互いが自立していれば問題ないが 必ずど

人生最大の失恋 1

高校中退 ナナオ氏 16歳 私は高校中退である。 そう、調子ぶっこいていたのである。 授業中にマニュキアを塗っていたら、先生に注意される 高1 5月頃 タミコ先生 授業中に何やってるの!今すぐしまいなさい!!! ナナオ え~ちょっとまって!あと小指! タミコ先生 いい加減にしなさい! ナナオ も~タミコったら~。タミコも塗りぬりしてあげる♡ タミコ先生 もう許しません!生活指導室に連行です! ナナオ

人生最大の失恋2

私の通っいた高校は、悪さをすると男子はカツオ 女子はワカメ  もれなく友人の殆どがカツオであった。 カツオヘアーブームを作ったのは我が高校ではないかというぐらい。 カツオが溢れてた。 カツオ達は皆、マンハタンレコードやらユニオンの袋にLPを入れて ズボンを腰で履いていて、 ワカメたちはパンツが見えそうなぐらいにスカートを短くまくり上げ ルーズソックスを履いていた。 中型バイクの免許が取れるお歳頃で、

人生最大の失恋3 長いぞ。

ハイドさんには女が沢山いた。 globeのねーちゃんみたいな銀髪やらエステシャンやら。 全部遊びらしい。今思えば一人に依存するのが怖かったのだと思う。 多分、捨てられるということはもう絶対に嫌なのだ。 ナナオはいつの間にか彼のポールポジションをとる。 が、浮気は止まらない。 ラブレターがしょっちゅうドアに挟まってる。 ハイド うお!エステシャンなんだよこれ。6000円のハンドクリームとかドアノブ

読んでよかったストーリー

タイチジャングル taichijungle
218
10

転職大魔王伝「オレ、いけないポスティングで大ピンチ。」3

オレ、ロマンス業界の全貌を知る。 ロマンスレターを撒きはじめて1ヶ月ほど経ち、だんだん色んなものが見えてきました。 自分が在籍しているのは数多くある「ロマンスレター事業部」の中の1チームであること。 その中で、自分が在籍しているチームはトップクラスの成績を上げているということ。 業界的にはそこそこの位置の大手であること。 ロマンスビデオを販売しているのは、いわゆる恐い団体であること。 ロマンスレター
タイチジャングル taichijungle
262

メッセージ 〜 祖母との別れ 〜 1/2

taichijungleです。 「転職大魔王伝」をご覧いただきありがとうございます。 ですが今回は、去る12月3日に亡くなったオレの祖母のお話しです。 オレは熊本県阿蘇郡にある小村の出身です。オレは中学生までこの村で過ごし、両親は今もここにに住んでいます。父は貸別荘を経営し、母は高齢であった自分の母親(オレの祖母)の世話をしていました。 祖母は享年92歳。 巷では大往生と言われるのでしょうが、オレた
タイチジャングル taichijungle
127
3

転職大魔王伝「オレ、出版業界へ。」2

オレ、戸惑う。 うる憶えなのですが、収益モデルは以下のような感じでした。 ●名鑑の「枠」を一般の画家さんへ販売する。 1/9ページ:定価 50,000円(写真1枚掲載可) 1/4ページ:定価 100,000円 1/2ページ:定価 200,000円 1ページ:定価 300,000円 ※基本的にキャンペーン価格で割り引く これを、○科展などに出展されている画家さんへテレアポで営業していきます。 既存顧客
大塚 雄介
175
1

世界を少し先へ進めるには、いつから始めても遅い事なんてない。

33才になって 一昨日で33才になりました。 10代の頃想像していた33才ってもっと大人びていて 落ちつていると思ったのですが、そんなことないものですね。 33才が若いのかおじさんなのか微妙ですが、 ”これまでにない新しい物を創りだし、少しでも世界を先に進めたい” そんな気持ちだけは昔から変わっていないです。 それこそ20代の頃は志だけで、何一つ形にすることもできなかったのですが、 今は仲間がいるこ
大塚 雄介
122
3

人生をロックンロールに生きる

20歳の時 下北沢の下宿先で 一人ベットに横になりながら考えた。 何不自由なく子供の頃から育って 別に裕福なわけじゃなかったけど 不自由なことはなかった。 この日本なら たぶん、それなりに幸せに 生活できるんじゃないかとも思った。 でも、本当にそれが幸せなのかも わからなかった。 少なくとも僕には 「それなり」は幸せには感じられなかった。 自分の心に素直になり 他人の評価に怯える事なく生きる それが
タイチジャングル taichijungle
249
12

転職大魔王伝「オレ、WEBデザイナーになる。」2

遅刻せずに初出社し、みなさんの前で明るくご挨拶をし、同じチームの方々からも自己紹介をしていただき、総務の方にフロアを案内され、今日からの自分のデスクに戻ると、オレの席に何やらふしだらな雑誌が積み上げられていました。 オレ ?(◎_◎) 先輩 じゃあ早速タイチさんにお願いする仕事を説明しますねー オレ は、はい...(◎_◎) 先輩 お願いしたいのは、このエロ雑誌のコーポレートサイトの運営です。この雑
タイチジャングル taichijungle
771
2

転職大魔王伝「オレ、WEBデザイナーになる。」1

taichijungleです。 G.G.B というバンドのボーカリストと、 WEBの仕事 をしている41歳です。 10代後半から20代前半は絵描きを志して職を転々とし、20代中盤から20代後半は人生に迷って職を転々とし、30代以降はキャリアアップのために職を転々 とした結果、就職7回・アルバイト29種類・起業2回という落ち着きの無さの為、周囲の仲間に「転職大魔王」というありがたい称号をいただきました
タイチジャングル taichijungle
514
19

転職大魔王伝「オレ、結婚相談所に就職。」2

オレ、激しく説教する。 オレ ええっと、お相手のご希望についてですが。 患者 はい。 オレ 希望する方の年齢に「20」足してください。 患者 え? オレ 足してください。それと、初婚の方へのこだわりは今後一切捨ててください。 患者 え?え? オレ 捨ててください。それと結婚後のご両親との同居についてですが、最低3年は二人暮らしをしてください。ご両親もまだお元気なんですよね。100歩譲って実家の近くで
タイチジャングル taichijungle
367
8

転職大魔王伝「オレ、アメリカのお寿司屋さんでアルバイト。」3

こんなハイペースで書くものなのかな?まぁいいっか。 というわけで最終回です。 オレ、たぶんできる。 1週間程経ち、飽きっぽいあいつらのサムハイフィーバーも落ち着きを見せはじめ、その日はひさしぶりにゆっくりとしたランチタイムで、常連客とその息子さん(推定7〜8歳)とたわいない話しをしながら握っていました。 常連客 タイチは日本人なんだから、空手できるんだろう? オレ もちろんできるさ。 常連客 じゃあ

書きかけのストーリー

平川 菜々緒さんの書きかけのストーリーはありません

平川 菜々緒さんにもっと聞きたい話リクエストする

|