STORYS.JP

maemura nao

クラウド会計ソフト freee(フリー) http://freee.co.jp/

ストーリーをリクエストする

maemura naoの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

石原 吉浩
299
5

男の僕が無痛分娩の口コミサイトを作ってみようと思った理由

2014年4月12日  mothering オープン mothering.ne.jpというサイトをオープンしました。恐らく日本で唯一の無痛分娩クチコミサイト(無痛・和痛分娩に対しての口コミ&無痛対応する病院に対しての口コミ)です。 僕が起業して初めて手掛ける、受託型ではない、企画型のサイトになります。なんで、男の僕がこんなサイトを作ろうと思ったのか、という事を書きたいと思います。 ■ことの起こり 私
溝部 拓郎
99
2

25歳のストーリー

\(^o^)/拓郎!25歳!誕生日おめでとう!\(^o^)/ ドッキリメッセージーーー! 大塚 雄介 拓郎 25歳、誕生日おめでとう!和田と拓郎、この絶妙なコンビがいるからSTORYS.JPが心から誇るサービスになっているとオレは思ってる。今年もSTORYS.JP一色の最高の1年にしよう! 和田 晃一良 ぼくの.vimrcをプレゼントします Megumi Ishiyama たくちゃん、お誕生日おめ
永田 寛哲
295
1

センター試験で学んだ大事な教訓

2年前にはてなダイアリーで書いた文章の転載です。 ◆ 中高一貫校に通っていた僕は、在学中まったく勉強をしなかった。大抵のクラスメートは、入学後すぐに塾に通い始めるか、少なくとも学校の授業は真面目に受けていた。しかし僕は「次の受験まで6年もあるじゃん」と思って、とりあえず中学3年間は遊んでもいいと判断し、ひたすら遊び倒していた。これは、中学受験を本格的に始めたのが小学5年の夏休み明けからで、それでも合
Kato Yuki
4673
107

受験に失敗した引きこもりが、ケンブリッジ大学合格に至った話 パート2(完)

受験に失敗した引きこもりが、ひょんなことからイギリス留学を思い立ち、一念蜂起してケンブリッジ大学合格を目指すに至ります。 18歳の高校卒業まで、海外経験は全くのゼロ、英語は一言として喋ったことはありません。 そんな僕は、現地に行ってからもちろん悪戦苦闘の毎日。しかしながら、自分の可能性をどこまでも信じ続け、死に物狂いの努力を続け、1か月後には日常会話がペラペラできるレベルにまで達します。 ここまでが
吉田 丈治
45

Storys.jpが衰退する理由

これはもはやソーシャルメディア連携の良し悪しみたいなところなんだけど、storys.jpは僕の中ではものすごく狭間に存在しています。 衰退する理由 何個か書くとわかるんだけど、これ自体がFacebookにどかーんと出ること。それによってアクセスが可視化されること。これというのは、慣れてる人は良いのだが、普通の人はちょっとこっ恥ずかしさを感じるよね。 なにしろ、ここで書くのは、全部自分語りだからさ。
Maruyama Etsushi
23

43歳を迎え

43歳を迎えた、2013年4月8日 私は割と晩婚だったので、一人っ子の長男はやっと5歳 世間よりは5年~10年は遅れているかな? そんな長男とのバースディナイトの話です。 ・・・・・・・・・・・・ 今、子供を寝かせるためにベットの中。 子供と少し話をしました。 「パパは夏聖(なつき)が大きくなったら、自分のやりたい事を見つけて欲しいな!」 「そして、素敵な女性と結婚して、幸せになって欲しいな!おじい
Maemura Rina
129
1

初めての整形

私は人生で2回美容整形外科にお世話になったことがあります。 1度目は18歳の時。顔面の小さなホクロをとりました。 ホクロ除去も立派な美容整形だし、若干の罪悪感もあったため誰にも言わずに手術を決意。 ものの10分で手術は終わったのですが、途中で看護婦の人が「あっ、、」と言って、明らかに何か起こった雰囲気が漂ったことは今でも鮮明に覚えています。 麻酔が効いていたので言葉を発することができず、何が起こった
布施 和也
22

家族のこと

早く大人として認めてもらいたかった。 誰にだろうか。家族や世間? だけども、それだけで結婚したわけじゃない。 つまらないきっかけかもしれないけれど、嫁さんと出会って付き合う過程でこの人ならやっていける、そう思ったから結婚しました。 たしか結婚観や将来について何度も何度も語り合ったのを覚えている。結婚してからも夜帰ってや、休みの日に気が付いたら2時間3時間は当たり前のように。 長男が生まれ、イクメンな
鈴木 貴大
59
3

インターン生が卒業した時に思わず出てしまった言葉

1年半インターンをしてくれていた学生が4月より新卒社員なので、その子に向かって思わず口に出してしまった言葉があります。  社会は厳しい厳しいというけれど、  思った以上に厳しいと捉える人も、  こんなもんだと捉える人も、  楽勝だと捉える人も、人それぞれ  贈るタイミングで話す事ではないかもしれませんが、  僕は、「社会は思っている以上に厳しい」と  思っています。  理由は、『成果・結果』がすべて
小玉 直人
117

人生の大先輩から学んだこと

まだ高校生で人生経験の少ない私に かけることがあるかな?・・・ そう思ってたおとといの出来事です。 私は札幌駅前の書店で英語の本を見ていました。 地元の本屋さんでいつもと同じ買い物。 なんらいつもと変わりません。 しかしこの後に起こる出来事が、 私に深く感銘を与えました。 あるおじいさん、60くらいでしょうか白髪交じりの 短髪の方でした。 その方は私に 「英語の文を訳していただけませんか」 と丁寧に

書きかけのストーリー

maemura naoさんにもっと聞きたい話リクエストする

|