STORYS.JP

大竹 菜央

大竹 菜央の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

大竹 菜央の人生のストーリー

30歳何の取り柄もない主婦が改めて自分の人生を振り返った結果、たった1つ好きな事に気がつくまでの話

私 そういえば、私って何が出来るんだっけ? 心の声の主 残念ながら、何も出来なくない? !!! ■30歳 世では「アラサー」なんて言葉で片付けられる。しかし、30歳と聞くと数字のマジックなのか個人的には60歳還暦までの一区切りという印象を受けてしまう。 「良い機会だ、改めて自分自身と向き合ってみようじゃないか!」 そう思ったのが  ”七夕”  だった。 私 あらヤダ!ロマンチックね奥さん! なんて心

紆余曲折しながら、好きな事に気付けた話です。

2歳児に学ぶ、人として大切なこと

  ”イヤイヤ期 見るものすべてが 嫌になる”  ママ心の俳句 「イーヤー!」 2歳になったばかりの娘は、今朝も元気よくこの一言。 我が家待望の第一子である。 彼女は臨月になってもマイペースな子で、「お腹飽きたから、そろそろ出たいんだけど?」と合図を送ったかと思えば、「やっぱり産まれるの痛いし面倒だから、ちょっと待って」と3日3晩私をもだえさせたエピソードを持つ。 そんな娘だが、現在  ”イヤイヤ期

憎しみ続けた父からの電話。人として、もっとも大切な感情とは何かを知った話。

  またこうして、書き続けられることを心より感謝します。読んで下さる皆様、本当にありがとうござい ます。 前回、「30歳何の取り柄もない主婦が改めて自分の人生を振り返った結果、たった1つ好きな事に気が つくまでの話」という記事の中で、憎しみ続けた父の話を書きました。 たくさんの方々が読んで下さり、有り難く思います。 今回は、父が家を出た後から現在に至るまでを書きたいと思います。 ■蝕まれた心 すべて

読んでよかったストーリー

阪口 ユウキ
41030
215

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

どんな仕事を選んでもええ。ただ、○○がない仕事だけはしたらあかんで! こんにちは! 個人でWEBサイトをつくりながら世界を旅している、阪口といいます。 僕は今の仕事をはじめてまだ稼げなかったとき、2011年9月~2012年4月まで、 大阪・あいりん地区のドヤ街で暮らしていたことがあります。 (詳しい経緯は「 鬱病で半年間寝たきりだった僕が、PC1台で世界を飛び回るようになった話。 」で書いてます)
Takai Rei
6136
10

精神科看護師として働いていた時の衝撃的事件簿⑤人を嫌うときは必ず自分の心に問題があるって話。

[陰性感情:怒り・恐れ・焦り・後悔・不安・自信喪失・孤独感・嫌悪感などの負の感情] 精神科の看護は一般科より患者との 「関わり」 がメインにある。 点滴や注射薬などを確実に行くようにすること以上に、患者としっかり関わることが大事な仕事である。 なぜなら 人間の心は薬では癒されない。 「心ある関わり」で人間の心は初めて癒される から。 つまり精神科に求められるものは、医者のキュアではなく看護のケアその

書きかけのストーリー

大竹 菜央さんの書きかけのストーリーはありません

大竹 菜央さんにもっと聞きたい話リクエストする

|