STORYS.JP

森本 直樹

森本 直樹の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

森本 直樹の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

Androsace Camaejasme
295
3

日本一の高校を卒業した18歳が単身陸路ヨーロッパを目指しシルクロードを踏破する話

日本一の高校がどこかについては議論があるだろう。 開成。筑駒。灘。 しかしこれらのうちのいずれかであることにあまり議論はないだろう。 高校にはいろいろと意趣があるが、そこでできた仲間は大切なので、高校名は明らかにしない。 高校三年の日常の会話 「どこ志望?」 「文一。お前は?」 「理二」 とまあ、日本一の高校ともなると、志望校の会話に大学名は出てこない。 東大は自明の理で、科類だけを答える。 東大で
西勝 ユズル
1742
27

23歳、社会人1年目の僕が“うつ”で死にそうになり、8コ上の萌え声お姉さんの「そっか、あなたは○○をしたかったんだね」というたった一言に泣き崩れ、生きる活力をもらった話。

そっか、あなたは○○をしたかったんだね。 この出会いがなければ、僕は死んでいたかもしれない。 はじめまして!心の事をお仕事にしながら、旅を続けるライフスタイルをしている西勝ユズルと申します。 タイトルのとおり、僕は社会人1年目の時に“うつ状態”となりました。そして、半年で完治をするという経験をしていくのですが、その時に家族や友人など、様々な方から、涙のでるような言葉を何度も頂き、僕はスピード良く社会
斎藤 悠輔
573
12

TOEIC350点、貯金無し、今までパスポートすら作ったことの無かった大学生が実費0円で世界一周した話。

まだまだ一人前にもほど遠い未熟な学生ですが、このエピソードを通してお伝えしたいことがあります。 それは 情熱を持って自分のやりたいことを貫くことで、それが社会の共感を得られたら資金をはじめとした協力を得られる ということ。 学生は時間はあるけど、お金は無い。大抵の学生はやりたいことをお金という問題で諦めてしまうと思います。僕もそのうちの一人でした。 しかし、この経験を通してどんなに遠くてもコツコツ積
只石 昌幸
2877
14

〜出逢い前夜〜僕がひとりの女性と出逢い、それまでのドン底から、経営者になって代官山に住むまでの話。

今、振り返っても・・一番辛くて、一番カネもなく、一番人生に投げやりだった頃に、彼女と出逢った 人生、 こんなはずじゃなかった・・・ 大学だって六大学に入れたし、就職は氷河期と言われる時代に第一希望の超優良企業である一部上場企業に入って、あれほど迷惑をかけてしまった両親に最高の親孝行をしたつもりでいた。 おかしいぞ。 「勉強して、良い会社に入社できたら、人生に勝てる」と教わったはずなのに・・・ 親や社
中江 敏貴
146
6

僕は、今、お金が、減らないといわれる南の国の海辺にいる。

一昔前、物価の安い東南アジアで過ごそうという生活提案が流行った時があった。 夢の海外生活とか、老後は南国で暮らすとか、そういう生活である。 海外でひきこもるため「外こもり」とか言われた方法でさえ、ポジティブな表現だった。 しかし、その後、海外の生活は日本人には合わないとか、資金が尽きる人が続出しているという噂が広がった。 本当に、そうなのだろうか? これらの否定的な噂話は、あまりにも抽象的かつ感情的
ほそかわ ひでお
109
1

職業ではなく、生き方を探せ。

世の中の多くの人は、職業につくこと、つまり就職することが重要だと考えている。 しかし、本当にそうだろうか。 どんな有名な大企業に就職しても、自分のしたいこと、やりたいことが見つけられなければなんにもならないし、自分が生きていく意味も失ってしまうだろう。 昔、理系の優秀な大学を出て、大手企業に就職した、年長の知り合いがいた。 入社当初から社長になることをめざし、トントン拍子で出世したが、途中で人間関係
Bana Choco
1104
6

人生を変えるために、ブラジルに美女捕まえに来ましたっていう日本人がもっといてもいいと思った話2

日本人の勤勉さは現地ブラジル人から大きな信用を勝ち取り、あらゆる産業に影響力を持つようになった。それにつれ、日系人のカルチャーが次第にブラジルに根付き、現地ブラジル人に受け入れられていった。 そう、先人達が撒いた種、それは日本カルチャーである。ブラジルではあらゆる場面で日本を感じることができ、食、アニメ、美容等多岐にわたる。近年の日本カルチャーに対して理解が深いのは日系人が大きく影響しているのは間違
長南 敏康
220
5

クリスマスの思い出

僕は昭和35年の12月、クリスマスのちょうど一週間前に生まれました。(なんとも慌ただしいときに生まれたものです) 生まれ育った北海道の札幌は師走ともなると、あたり一面まっ白い雪に覆われホワイトクリスマスにはお似合いの街でした。 さて、僕の父さんは腕がいい大工職人だったのだけれど喧嘩っ早くて博打好きで「問題あり」の人でした。 よく建設現場で親方と喧嘩しては給料未払いのまま辞めてきてしまうわ、きちんとお
たかな ともこ
311
9

肩書きなんて要らない?

肩書き と 偉さ 肩書きってなに? 肩書きは狭義では「地位」「職名」「役職名」  つまり社会の中でのエラさだ。 肩書き、というとエライひと 社長、とか、教師、とか、管理責任者というところを思い浮かべるが 実は社員、パート、アルバイト、学生、こども  なんかも広義の肩書きだ。 よく「地位も名声も要らない」という言葉を聞く。 でもこれは「肩書きが要らない」とは 本質的に意味が違う 最初に面倒くさいこと

書きかけのストーリー

森本 直樹さんの書きかけのストーリーはありません

森本 直樹さんにもっと聞きたい話リクエストする

|